時織人
2006.10.29

 



時織人〜ときおりびと〜 小林智美ロマンシング サ・ガ画集
ロマサガシリーズ、そしてサガフロンティアシリーズも手がけた絵師、小林智美の画集「時織人」
出版はNTT出版。発売日は1994.06.27(奥付)。

時期的にはロマサガ2(1993.12.10発売)とロマサガ3(1995.11.11)の間に出版されたもので、内容も1から2まで。
現在絶版、再版予定は今のところ無いようです。



SXGA向け(700幅)
UXGA向け(880幅)

表紙
イラストは 「戴冠式」(ロマサガ2)



SXGA向け(700幅)
UXGA向け(880幅)

表紙(帯無し)



SXGA向け(700幅)
UXGA向け(880幅)

表紙(カバー無し)



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

中表紙



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

小林智美
ロマンシング
サ・ガ
画集



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

輪廻
歴代皇帝たちの足蹟
[ロマンシング サ・ガ2]

その昔、世界には「英雄」と呼ばれる七人の者が存在していた。
ワグナスをリーダーとする彼らは、文字通り鬼神の如き強さを持ち、
襲い来る魔物から、古代人達を守護する役割を自らに課していた。
幾つもの悪しき者達を退けた後、彼らは何処ともなく去っていった。
世に災いが降り掛かるとき、再び来て人々を救うという伝説だけを残して。

有史以来、世界は何度か災害に見舞われた。
人々は七英雄の再来を待ち望んだが、英雄達は現れなかった。
そういった中で、一人の男が、世界統一の志を持って立ち上がった。
バレンヌ帝国皇帝レオンである。
しかし帝国暦1000年、復活した七英雄の一人クジンシーによって倒され、
その遺志は次男ジェラールが受け継ぐことになる。

その後の帝国の歴史は、皇帝の継承と七英雄の戦いの歴史であった。
各国の王国や諸地域を傘下に加え、様々な部族の者が皇帝になり、
志半ばで斃れた皇帝の力は次の者へと伝えられた。
また、魔物と化してしまった七英雄を、一人また一人と撃破した。
そして世界統一を目前にして遂に、帝国最後の皇帝が誕生することになる。

最終皇帝は、古代人の生き残りである女魔道士オアイーブから、
七英雄について聞かされる。
あまりの強さのために古代人から恐れられ、疎んじられたこと。
古代人達によって異世界へ追放され、
そのためにすべての人間を恨んでいること等を。
最終皇帝は歴代全ての皇帝の思いを胸に秘め、
最後の決着をつけるべく南へ旅立っていった。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

4〜5ページ
Melody of Wind -at the summit-
「風の調べ〜山頂にて〜」



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

6〜7ページ
レオン ヴィクトール ジェラール

ここから49ページまでロマサガ2



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

流転
運命の石と神々の物語
[ロマンシング サ・ガ]

人々の間を巡る運命の石デステニィストーン。その由来は神話の世界まで遡る。
世界はその名マルディアスが示す通り、創造神マルダーによって作られた。
更に、マルダーの妻である破壊女神サイヴァから生まれた三邪神、
すなわち死者の王デス、破壊神サルーイン、そして闇の女王シェラハが、
光の神エロールに対しての戦いを起こした。

戦いは長く続き、神々も人間も疲れきった。
中でも次兄サルーインの抵抗は激しく、光の力には容易に屈しようとしなかった。
そこでエロールは、邪神達の力を封じるために十個の宝石を選び、魔力をこめた。
それが運命の石、デステニィストーンである。
更に人は、デステニィストーンを授かるにふさわしい若者を選び出した。
名をミルザという。

ミルザは厳しい試練の後、
エロールからデステニィストーンと神々の武器防具を授かった。
そして激しい戦いの末、その命と引き換えに見事邪神を封印した。
エロールはミルザを天界に引き上げ、正義を司る軍神として永遠の命を与えた。
マルディアスの歴史はここから始まる。
世の人々は戦いから開放され、各地で自治国家を建設した。

邪神封印後約1000年が経過し、
魔物の氾濫等が各国から伝えられるようになった。
それと時を同じくして、
ある見えない大きな力によって運命づけられた者達の旅が始まる。
ある者は魔物に両親を殺され、ある者は偶然デステニィストーンを手にし、
ある者は仲間と別れ、さらに新たな仲間と出会う。
運命の歯車がまた一歯回り始めたのだ。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

52〜53ページ
Jihad
「聖戦(ジハード)」



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

54〜55ページ
Dark Slumber
「昏き眠り」



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

56〜57ページ
Revelation
「啓示」



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

58〜59ページ
アルベルト ルドルフ マリア

アルベルトの項目に「生き別れの姉と最後まで出会うことはなかった」
とあるため、今まで作中では描写されていないものの、
アルベルトは最終的にディアナに会うことはできなかったと言われてきました。
この姉弟のその後について触れている資料がこの画集だけであり、
誰もがこれを公式の資料として見ていたからです。

しかしディアナの項目を見ると、この本の情報が本当に正しいのかどうか、
疑問が湧いてきます。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

60〜61ページ
ナイトハルト ディアナ グレイ

アルベルトのエンディングにおいて、ディアナはクリスタルシティにたどり着き、
ナイトハルトの元にいることになっている描写があります。
しかし、この画集ではそれと異なる解説がなされています。
(詳細は後の「帯とハガキと疑問点」にて)

ここから85ページまでは個別イラスト



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

84〜85ページ
デス サルーイン シェラハ ミニオン

個別イラストはここまでとなっています。
三邪神ではなく、ミニオンが最後にくるのが意外と言えば意外でしょうか?



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

86〜87ページ
Eight Destined Braves
「運命づけられし八人」



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

88〜89ページ
Three Evil Gods
「三邪神」

これが最後のイラストです。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

時を織りなす人々よ

ここに二つの世界がある。
一つは、神々の物語を人が受け継いできた世界。
自らの神への信仰を日々の糧とし、
教義の遵守を心の拠りどころとした人々のすむ世界。
権力の均衡に重きが置かれ、
多くの民族そして国々が各々独りで生きようとする世界。
そして、悪しき神々を封じた伝説の石が、
全ての力の源として崇拝されている世界。

もう一つは、言い伝えによりて縛られた世界。
古の七人の英雄を畏れ敬う人々の住む世界。
禍いに襲われ傷ついたときに、かの英雄の再来を待ち望む世界。
全ての部族、全ての人々が、一つの旗印の元に共存しようとする世界。
さらに、その旗印を強大な意志によって保ち続けるべく運命づけられた皇帝が、
全ての民の上に君臨する世界。

世界は違えども、平穏を望む人々の願いは同じである。
そして、これら二つの世界にもついに秩序がもたらされた。
一方では、伝説の石と神々の武器によって守られた勇士たちが、
まさに復活せんとしていた邪神を、大地の奥底へと再び沈めた。
また一方では、人の心を失って魔物と化してしまった七英雄を、
最後の皇帝が倒した。

さてその後のことである。
邪神を封印した者達の姿は、二度と見られることはなかった。
英雄を倒した皇帝は、その座を自ら退いて、帝国は共和国へとなった。
彼らの成し遂げた素晴らしい偉業を讃え、
再び会える日が必ず来ることを祈りながら、この言葉を最後に贈ろう。
時を織りなす人々よ、有難う。
そして私もそろそろ、この竪琴を置くことにしよう。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

92〜93ページ
絵師からのメッセージ 小林智美

絵師、小林智美による「あとがき」です。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

94〜95ページ
Tokioribito illustration index



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

奥付

1994年6月27日初版
ISBN4-87188-305-1



SXGA向け(700幅)
UXGA向け(880幅)

裏表紙
定価2400円(本体2330円)



SXGA向け(700幅)
UXGA向け(880幅)

裏表紙(帯無し)

帯とハガキと疑問点
帯、ハガキ、疑問点について。

時織人には抽選でグリーティングカードが当たる、アンケートハガキが付属していました。
帯の裏表紙側と、表紙側の折り込み部にそれについての記載があります。



帯裏表紙側

こちらにはプレゼント実施中、とだけ記載



帯表紙側折り込み部

こちらには締め切りまでの詳細が記載
発売が同年6月ですから、期限はたったの3ヶ月と、非常に短いものです。



アンケートハガキ

購入理由の「ロマサガが好きだから」というのが微笑ましいですね。


次に、ディアナ、アルベルト姉弟のその後についての疑問点



58ページ
アルベルトの項目

アルベルト Albert Son of a Nobleman

イスマス城主ルドルフの長男。
どちらかというと柔和で世間知らずの温室育ち。
母親の優しい性格を強く受け継いでいるらしい。
イスマス城がサルーインの手下によって襲われ陥落したときに両親を亡くし、
自分を逃してくれた姉ディアナとも別れ別れになってしまう。
その後船が難破し、バルハラントに流れついたことによりシフと出会い、
ともに旅をすることになる。
城が襲われた原因をつきとめ、両親の仇を討つために各地を渡り歩いたが、
生き別れの姉と最後まで出会うことはなかった。

この記述から、作中でエンディング後の描写は無いものの、
アルベルトはその後もディアナと出会うことは無かったと言われてきました。

しかし、次のディアナの項目を見ると、
この本の情報の正確性に疑問が湧いてきます。



60〜61ページ
ディアナの項目

アルベルトの姉。
父から直々に剣の指導を受け、他の兵士たちを凌ぐほどの腕前だった。
ローザリア王国の薔薇騎士団にも所属している。
ナイトハルトより求婚された晩に、城がモンスターに襲われる。
身を挺してアルベルトを逃がした後離れ離れになり、
結局ナイトハルトの元に戻ることはなかった。


既にお気付きかと思いますが、
作中ではディアナがナイトハルトの元に戻っているにも関わらず、
ここでは「戻ることはなかった」と記載されています。

当然作中での描写が基本となりますので、
この記載は誤りということになります。
そしてこのような誤りが存在する以上、
他の項目についても本当に正しいのか、
公式の資料として扱って良いのか、疑問が湧いてきます。


本当に、アルベルトは生涯ディアナと再会することはできなかったのでしょうか。
今まではできなかったとされてきました。
しかし、その根拠とされてきた時織人には、
一部内容に矛盾が存在することがわかりました。

では再会は叶ったのか?
残念ながら、それもわかりません。

「時を織り成す人々よ」には 「二度と見られることはなかった」とあります。
この内容が正しいのであれば、
主人公達は誰も歴史の表舞台には戻らなかった、となります。
この内容が絶対に正しいという確証は無くなりました。
しかし、絶対に間違っているという確証もありません。

よって、現状では「わからない」としか言えません。

ですが、主人公達が存命であることは確定している以上、
いつかは、再び出会える日も来たのではないかと、
個人的には思いたいところです。


Canon EOS 30D / Canon EF24mm F2.8
ISO100, F6.3, 1/20sec, WB:7600K, CameraRaw 3.5

SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)


その後のサガシリーズで画集が出たことはなく、実質唯一のサガ画集となります。
一部内容に矛盾があるとは言え、キャラクターに関する情報もこの本にしか載っていないものもあり、そちらの面でも貴重な1冊。
既に絶版であるため入手は容易とは言えないかもしれませんが、これも可能であれば入手しておきたい本だと思います。


//060102
初公開

//060122
画像を高画質なものに差し替え

//061029
画像を高画質なものに差し替え
拡大画像にSXGA向けとUXGA向けを新たに追加
tokiori_d_05*_061029.jpg を追加



top