テレホンカード
2009.01.28

 



6種のテレカ
NTT出版から発売されていた6種のテレホンカード。
発売時期は1992年4月頃で、価格は全て1200円。
くぼみが1つと2つのものがあるが、ユニバーサルデザインとは無関係であり、どちらも50度数となっている。

一般の書店では扱うことがなかったためか、NTT出版の広告やSQUAREのインフォメーションペーパ(当時の攻略本などに付属していたNTT出版のチラシ)でもカードショップらしんばんの通販で購入するように記載されているなど、入手経路は限られており、その他書籍のようにどこの書店でも購入可能な状態では無かったようです。

なお、特別らしんばんの専売ということはなく、アニメイトのようなこの手のテレカを扱っている店舗でも販売していたことを確認しています。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

ロマンシング サ・ガ A1 A2

2枚合わせて1枚のイラストとなる構成で、
イラストは 「運命づけられし八人」
左右で多少のズレと色味の違いが見受けられます。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

ロマンシング サ・ガ B1 B2

この2枚も合わせて1枚のイラストになる構成。
イラストは 「三邪神」
AとBは大事典の折込ポスターに使用されたものと同じですね。

ちなみにこちらも左右で多少のズレがありますが、
色味はほとんど合っているようです。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

ロマンシング サ・ガ C

こちらはのイラストと同じもの。
最も馴染み深いものかもしれません。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

ロマンシング サ・ガ D

ロマサガタイトルロゴ
これまた馴染み深いものです。


Nikon D300 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZF / Nikon SB-800 x3
ISO200, EV-0.7, F4.8, 1/250sec, WB:Daylight, CameraRaw 5.2

SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)


当時はまだ携帯電話が普及しておらず、外での電話と言えば公衆電話だった時代。
そのため関連アイテムとしてテレカはメジャーな存在で、さまざまなジャンルで発売されていました。
しかし販路が限られていたこと、また価格も関連アイテムの中では高価な部類な上に、SQUAREテレカ最多の6種もあったことから、全て揃えたユーザは少数派だったかもしれません。

ただ販売期間は長く、1994年4月頃に発行されたインフォメーションペーパー vol.6(FFVI発売時期)にも掲載されていたことから、存在自体は広く認知されていたと考えられます。
この6種のテレカでどれが一番販売数が多かったのか、もし確認できたら面白そうですね。


//090128
初公開



top