大事典
2008.01.13

 



ロマンシング サ・ガ大事典
先に発売された3冊の攻略本の内容全てを網羅し、さらに不足していた情報を追加した、ロマサガ攻略本の決定版的位置付けにある、大事典の名に相応しい本。
発売日は1992.10.26(奥付)。

前出の攻略本と異なり、1992.12.02に発行された第二版以降再版されず絶版となり、長い間幻の本とされてきましたが、再版を望む多くの声に応え、2001.08.15に復刻版が発行。
復刊ドットコムにて購入が可能となりました。



SXGA向け(700幅)
UXGA向け(880幅)

表紙
シェラハ、サルーイン、デスの個別イラストを組み合わせたもの



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

折込ポスター表側
イラストは 「運命づけられし八人」



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

折込ポスター裏側
イラストは 「三邪神」



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

中表紙



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

CONTENTS



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

4〜5ページ
小林智美 ロマンシング サ・ガの世界を描く
「聖戦 〜ジハード〜」

ここから54ページまではイラスト集となっています。
内容は時織人にも収録されているもの。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

8〜9ページ
「啓示」



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

54〜55ページ
55ページからは輝の章



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

56〜57ページ
火のルビー
ここから74ページまではデステニィストーンについての解説

闇のブラックダイヤについても載っています。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

76〜77ページ
マルディアスの神と宗教

宗教勢力分布図や信仰の歴史について触れています。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

78〜79ページ
マルディアスの神々「エロール」

エロール、エロール教団に関する解説がされています。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

98〜99ページ
99ページから勇の章



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

100〜101ページ
モンスターに関する解説

基礎知識編と異なり、タイプに関係なく五十音順になっています。
またステータス等については触れていません。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

132〜133ページ
モンスター特殊攻撃図鑑
効果と使用モンスターについての解説



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

134〜135ページ
アイテム図鑑

基礎知識編では未掲載のイラストも多数追加されました。
また、説明文も異なるものとなっています。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

158〜159ページ
必殺技概論
発祥と由来から現在についてまでを解説



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

160〜161ページ
161ページからは流の章

160ページに掲載されているのは「失われたアイテム」
ゴッズシリーズやサファイアなどについて触れています。

これらアイテムはデータとしては存在したようですが、
実際にゲーム中で登場することはありませんでした。
コパー岬はバグ技でMap上に出現させることは可能でしたが、
こちらはバグを使っても無理だったかもしれません。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

162〜163ページ
運命を手にする者へ
アルベルト主人公視点の短編小説

内容はイスマス襲撃からナイトハルトに謁見、その後仲間と旅立つまでですが、
滝に落ちたアルベルトが流れ着いたのが南エスタミルだったり、
ナイトハルトが既にサルーインの下僕となっていたりと、
実際のゲーム内容とは異なる部分がいくつもあります。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

192〜193ページ
193ページからは覇の章



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

194〜195ページ
マルディアストラベラーズ&イベントガイド

全体Mapとイベント一覧、縦軸がHPの時系列が載っていますが、
実際の時間経過はHPと無関係ですので、
完全解析編同様正確ではありません。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

196〜197ページ
「Frontier」の「ウエストエンド」

全体Mapやイベント表、ショップリスト、イベント等に関わるキーパーソンなど。
町のMapにはショップの場所も記されています。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

198〜199ページ
「Frontier」の「北の開拓村」、「北東の村」、「洞窟」

他の地域も同様の表記となっています。
完全解析編とは異なり、Mapに宝箱の位置も記されています。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

288〜289ページ
289ページからは智の章



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

290〜291ページ
目で見る『ロマンシング サ・ガ』の歩み

雑誌に掲載された広告やソフトのパッケージ、
サントラ等の関連アイテムに使用されたビジュアルを集めたものとなっています。

もし、これを全て所有している人がいたら凄いと思います。

//060618
後日別コンテンツとして公開予定



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

300〜301ページ
ロマンシング サ・ガ音楽編

インタビュー形式でイトケンがエンディングまでの各曲にコメントしています。
306〜307ページで「涙を拭いて」についてのコメントがあるのですが、
この内容が不正確であったために誤った認識を広めてしまい、
長い間イベント発生条件が解明されませんでした。
(詳細は別ページ、涙を拭いてに)



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

308〜309ページ
キャラクターデータ集



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

318〜319ページ
全イベント発生条件

イベント名と条件、クリア方法と使用キャラとなっていますが、
非常に簡単なもので詳細はわかりません。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

320〜321ページ
ロマンシング・スクウェア

雑誌で募集した読者投稿をまとめたもの
募集期間は1992年4月下旬から5月上旬
募集は雑誌のスクウェア広告枠にて行われた

ファミ通では178号(4月24日)、179号(5月8日)
ファミマガでは10・11合併号(5月1日)にて掲載。
1ページ(ファミ通)と2ページ(ファミマガ)の2種存在を確認。
おそらく他誌でも行われたと思われるものの、残念ながら未確認。
他誌の情報お持ちの方はご提供頂ければ幸いです。

なお、実際に掲載された方から頂いたお話では、
商品の「ロマサガ特性グッズ」とはパッケージイラストのテレカだったとのことです。
*情報提供ありがとうございました。
(雑誌、テレカに関しては後日別コンテンツ作成予定)



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

326〜327ページ

327ページには「どのキャラクターで冒険したか?」のグラフがあります。



これがそのグラフ

やはり、圧倒的にアルベルトが強いですね。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

328〜329ページ
漫画、とびだせオブシ団

ガラハドを殺し、いきなり邪剣波が使えてしまう極悪グレイパーティーのお話。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

338〜339ページ
ロマンシングサ・ガ用語辞典

「カッパか、 はっ <Are you a Kappa? Ha!>」
パブでホークをバカにするときのせりふ。
何も言わないが、ホークはかなり頭に来ているに違いない。

「殺して奪い取る <Rob him.>」
アルツールでガラハドからアイスソードを奪うコマンド。
直後のレクイエムを聞いて、
いたたまれずにリセットボタンを押すプレイヤーも多い。

「なあんだもう知ってるじゃん <What! You'vealready knwon it!>」
すでに覚えている術法を重ねて買おうとしたときに、術法屋が吐くせりふ。
これだけでも十分ムカつくのに、「からかわないでよ!」ととどめを刺される。
ただフラーマが言うときだけは、あまりのギャップに目が点になる。→フラーマ

などというものまで載っていたりと、かなり面白い用語辞典。
ただ全8ページなため、量自体は少ないのが残念。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

346〜347ページ
開発室より 〜From the Staff Room〜

ロゴができるまでとスタッフからのメッセージ。
スタッフしか知らないマル秘設定として、メルビル地下の神官と
涙を拭いてについてのコメントがあります。
ただし、発生条件の詳細には触れていません。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

348〜349ページ
INDEX

完全攻略編のように、前出の3冊のページも記載されています。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

奥付
版により相違点が



SXGA向け(700幅)
UXGA向け(880幅)

裏表紙
表紙と同じくシェラハ、サルーイン、デスの個別イラストを組み合わせたもの
初版は定価3800円(本体3689円)

カバーと相違点
初版(第2版)と再版版(再販第2版)では価格、奥付の表記などに相違点があります。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

カバー
シェラハ、サルーイン、デスの個別イラストを組み合わせたもの

広げると中央に神話(主人公達)を題材としたレリーフがくる形になっています。



SXGA向け(700幅)
UXGA向け(880幅)

カバーを外した状態

特にイラストは使われていません。



SXGA向け(700幅)
UXGA向け(880幅)

裏表紙側



アンケートハガキ

41円切手が当時を偲ばせます。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

表紙
左が初版(第2版)、右が復刻版(復刻第2版)

わずかに色が異なる以外、表紙側のデザインに違いは見受けられません。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

裏表紙
左から初版(第2版)、復刻版、復刻第2版

こちらはSBNコード、価格、バーコードが異なるほか、
復刻第2版では「SQUARE BRAND」ロゴが消えています。

これは2003年4月にSQUAREとENIXが合併し、
SQUARE ENIXとなったため修正されたと考えられます。
(復刻第2版発効日は2005年6月7日)



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

カバーを外した裏表紙側

普通はあまりカバーを外さないため気付き辛いのですが、
「SQUARE BRAND」の下の「NTT出版」部分が復刻版では異なるほか、
復刻第2版では裏表紙同様「SQUARE BRAND」ロゴが消えています。



相違点拡大

復刻版以降はスーパーファミコンの商標表示も追加されています。



裏表紙相違点拡大
バーコード部
上が初版(第2版)、下が復刻版(復刻第2版)
復刻に伴い1200円値上がり

ISBNコードと価格、バーコードが異なっています。



価格表示
左から初版(第2版)、復刻版、復刻第2版

初版では定価(本体価格)表示、
復刻版では定価(本体価格+税)表示と発売元ブッキングの名前が追加、
そして復刻第2版では「SQUARE BRAND」ロゴが消えています。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

奥付相違点拡大
左から初版、第2版、復刻版、復刻第2版

NTT出版引越しに伴う住所や電話番号の変更とISBNコード変更、
復刻版では発売元ブッキングの情報が追加されています。

第2版も奥付だけは初版と異なり、第2版発行日が追記されたほか、
イラストレーターに「松室剛」氏が追記されています。
新たなイラストが追加されている形跡は無いことから、
これはおそらく初版では記載漏れとなっていたのだと思われます。

また、復刻第2版では社名が既にSQUARE ENIXとなっていることから、
「スクウェア」表記が「SQUARE ENIX」表記に。
そしてスタッフの所属が製作当時のものであることの注意書きが加えられています。



SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

奥付全体像

こうして見比べると一目瞭然ですが、復刻第2版だけは明らかに色が異なっています。
これは色だけではなく使用されている紙の種類そのものが変更されたらしく、
他のページやカバーの紙質にも変化が見られます。
復刻第2版のカバーは凹凸が減り、つるりとした感触になっており、
これは写真の背表紙部分からも見て取ることができます。
(最後の写真、左から7冊目が復刻第2版)

明確な理由は不明ですが、おそらく以前使用していた紙が廃盤になったか、
コストダウンの関係で印刷所の紙が変更になったのではないかと思われます。


Nikon D300 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZF
ISO200, F5.6, 1/8sec, WB:Manual, CameraRaw 4.3

SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)

初版13冊、第2版5冊、復刻版5冊、復刻第2版1冊の計24冊

第2版は元々発行数が少なかったのか、当時からその存在自体が不確かで、
現在でも初版に比べると出回っている数は少数。
また、復刻版も購入希望者を募っての販売だったため、手放す人は少ない模様。
特に復刻第2版は中々出てこないようです。

涙を拭いての情報も記載されているなど、一見全ての情報を網羅した、完全な内容に見えますが、実際はその大事典の内容にも一部誤りがあり、残念ながら完全なものとはなりませんでした。

しかし、その情報量は素晴らしいものであり、ゲーム攻略以外のさまざまな情報も網羅されている、単なる攻略本として以上の価値がある1冊。
ロマサガの世界観を知りたくば、必須と言い切れる本でしょう。
初版発行から13年の時を経ているにも係わらず、再び希望者が集まり復刻第2版が発行されたことも、この本の存在の大きさを物語っています。

ロマサガ関連書籍中、最も長い発行期間を誇る本書。
再び復刊されることはあるのか、非常に興味深いですね。


//060618
画像を高画質なものに差し替え
拡大画像にSXGA向けとUXGA向けを新たに追加
アンケートハガキを追加
相違点に初版、復刻版を並べた表紙、裏表紙、カバーを外した裏表紙側を追加
後日公開予定の「目で見る『ロマンシング サ・ガ』の歩み」についてコメント追加
一部コメント追加

//060716
奥付、encyclopedia_f_s_06*.jpg を差し替え
第2版に関する内容を追加
一部加筆修正

//070128
encyclopedia_f_s_06*.jpg を差し替え
一部加筆修正

//070312
encyclopedia_f_s_06*.jpg を差し替え
一部加筆修正

//070527
読者投稿「ロマンシング・スクウェア」に関する内容を追加
ファミ通、ファミマガの広告、商品のテレカを追加

//070916
復刻第2版に関する内容を追加
「カバーと相違点」以下の画像を差し替え
encyclopedia_f_s_06*.jpg を差し替え
一部加筆修正

//071202
encyclopedia_f_s_06*.jpg を差し替え

//080113
パッケージイラストのテレカ を差し替え



top