大切なデータを守る為に
2006.07.02

 



セーブは良く消えてしまうもの?
ロマサガに限らず、SFCのソフトには「セーブデータが消えてしまう」という現象が起こります。
皆さんも一度は体験したことがあるのではないでしょうか?「動いてもちょっと本体に触れると止まってしまう」、「電源入れても画面が出ない。何度も差し込み直すと直る」、「もう古いから電池が切れて来てる」といった話は良く聞きます。さらに「ロマサガは良くデータ消える」ということも。
実際ロマサガは他のソフトに比べてデータが消えやすいのでしょうか?

 

本当に電池切れ?
何故データは消えてしまうのか。一番有力とされている説は「内蔵電池切れ」のようです。
たしかにこの電池が切れるとデータが保存出来なくなり、セーブしてもしばらくすると消えてしまいます。

しかし、本当に電池は切れているのでしょうか。
この「セーブ消え」の話は発売後数年から始まっています。しかし未だに「セーブ消え」が起こらないものもあります。同時期に生産されたソフトの電池切れが、1〜2年と8年ではあまりにも違い過ぎ、この差は「電池」によるものでは無いことは確実です。

では、一体この差は何の為に起こっているのでしょうか。実はこの答えは、「動いてもちょっと本体に触れると止まってしまう」、「電源入れても画面が出ない。何度も差し込み直すと直る」、「ロマサガは良くデータ消える」の中にあります。

 

答えは「接触不良」
ここで思い出して下さい。ロマサガに限らず「新品」のSFCソフトを。
新しく買ったSFCソフトで、「電源入れても画面が出ない」、「データ消え」、「本体に触れると止まる」が起こりましたか?多分そんなことは滅多に無かったと思います。それが何時の間にか、「電源入れても画面が出ない」、「データ消え」、「本体に触れると止まる」ようになってしまっています。電池では無い何が「変わった」のでしょう?

それはカセットと本体の接触部分、「接点」です。
何度も抜き差しされた接点は汚れ、その汚れが「接触不良」を起こしていたのです。「接触不良」を起こしている所は電気が通りませんので、回路が「断線」しているのと同じ状態になります。
そのために「電源入れても画面が出ない」ことや、異常な状態になるためか「データ消え」が起こり、たとえ電気が通っていても不安定な為、僅かな振動で「本体に触れると止まる」が起こっていたわけです。
ロマサガがデータが消えやすいと言われるのは、カセットの抜き差しされる回数が他のソフトに比べて多いためでしょう。その分汚れが酷くなっていたわけです。

 

接点のお掃除を
では実際にはどのような対策をすれば良いのか。それは簡単、汚れた接点をきれいにしてやれば良いのです。ここでは降雪のクリーニング方法を紹介します。



ご存知ロマサガ1

しかし



今回用があるのはここ、接点です。
この部分のクリーニングを行います。



道具その1、綿棒

別に特殊なものでは無く、ごく普通の物です。
出来れば軸は紙の物が良いですね。



道具その2、接点洗浄剤

ただしこれは絶対に必要なわけではありません。
無ければビデオやカセットデッキのクリーナー液でも水でも出来ます。



降雪愛用の洗浄剤「パンドー29D」

マイナーかもしれませんが、スリーボンド製です。



堀内カラーの「LENSクリーナー」

オリンパスEEクリーナーを使用したクリーナー液で、
本来精密光学機器に用いるものですが、
この手のクリーニングにも流用可能。
一眼デジカメを扱っている店舗なら大抵置いていますので、
上記接点洗浄剤よりは入手しやすいでしょう。



接点部の拡大

黒くなっているのが汚れです。
ちなみに分解していますが、撮影の為ですので普段はやりません。



綿棒に洗浄剤を付け、片面をクリーニングした所です。
汚れが綿棒に移っています。まだ汚れがあるように見えますが、
残っているのは差し込む時に出来る傷であり、汚れ自体はほとんど取れています。
綿棒に汚れが移らなくなれば十分だと思います。
この状態なら接触不良が起こるとこはまずありません。



裏面側は水を付けた綿棒でクリーニングしてみました。水でも十分に汚れが取れています。
水を使う場合、僅かに湿らせる程度にしないと後で拭き取るのが大変になります。ここが洗浄剤と違うところですので注意して下さい。安全の為に、最後にもう一回新しい綿棒で磨き、水分を取ると良いと思います。(2000.10.18)

2000.11.13追記:この後に気を付けることは、「綿クズが残っていないか」ということです。
ご覧の通り、綿棒は使うと頭が崩れ、綿クズが出ます。これが残ってしまうと接触不良を起こしてしまい、本末転倒となってしまいます。ですから最後に新しい綿棒で軽く磨き、綿クズを残さないように気を付けて下さい。できればエアダスターなどを吹き掛けると良いと思います。

また、綿棒に何も付けない場合、念入りに磨かないと汚れを広げるだけになる可能性がありますので、できるだけ何か付けた方が良いと思います。どうしても、という場合は本当に念入りに磨き、また綿クズが残らないように気を付けて下さい。

そして実際に電源を入れる前に、何度かカセットを抜き差しして下さい。本体の接点と「擦り合わされる」ことによって、汚れや綿クズが多少残っていても、これで取れるからです。保険だと思って下さい。また多少ではありますが、本体のクリーニングにもなります。

コンパウンドによる研磨
これまでのクリーニングで十分効果があり、後は半年に一回くらいのペースでクリーニングすれば、接触不良でデータが消えることは無いでしょう。ただし本当に電池切れだった場合、データは消えてしまいます。この場合はメーカーのサポートで電池交換をしてもらわなくてはいけません。自分でも出来ますが、専用ドライバが必要になります。

ではこびり着いた汚れや傷は、本当に取れないのでしょうか。
実は取れます。削り取ってしまえばいいのです。



今回使用するのは液体コンパウンド9800番。
これを使って傷ごと汚れを「削り取る」わけです。
これより低い番数の場合、削り過ぎてしまうかもしれませんので、
良く注意して下さい。



使用前

すでに洗浄剤でクリーニング済ですが、傷が目立ちますね。



使用後

見事に傷が無くなりました。



使用した綿棒達

これだけ削ったわけですね。
この後に改めて洗浄剤なり水なりでクリーニングしておきます。
コンパウンド自体は残っていれば汚れと変わりませんので、
良く拭き取る必要があります。



使用前の状態

比較の為に表側は洗浄剤でのクリーニングのみです。



使用後の状態

どう見ても新品?です。目標は達成出来ました。


接点クリーニングで安心したプレイを

Canon EOS 30D / TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR Di
ISO100, F3.5, 1/20sec, WB:Manual, CameraRaw 3.4

SXGA向け(1230幅)
UXGA向け(1550幅)


このようにクリーニングをすることによって、「データが消えるのでは」といった不安を感じずにロマサガをプレイできると思います。
コンパウンドによる研磨は通常推奨できませんが、普通のクリーニングはお勧めできます。電池切れの場合は効果ありませんが、降雪手持ちの10本(初版9本第二版1本)と権三から借りて来た第二版1本は、どれもクリーニングを行ってからデータが消えたこがありません。
ですから殆どの場合データ消えは電池では無く、接触不良から起きているのだと思います。

「ロマサガは良くデータ消える」という話ですが、これは本体に抜き差しされる回数がとても多いということで、それだけロマサガは多くプレイされているということかもしれませんね。


//051016
画像を高画質なものに差し換え

//060702
画像を高画質なものに差し替え
拡大画像を追加
堀内カラーLENSクリーナーを追加
contact_15*_060702.jpg を追加
一部加筆修正



top