Note

全て saga audio photo bicycle cat 雑記
2012年12月31日(月)  今年はオーディオ→自転車→オーディオ


さて、今日で今年もお仕舞いです。
振り返ってみれば、今年はまずオーディオで始まり




次に自転車を再開し




そして終盤は再びオーディオを再開という年でした。
自転車でロングを走るのは久々だったため最初はきつかったものの、
以前のように「走らなければいけない」という追い詰めが無かったお陰もあって、
純粋にサイクリングを楽しめたのが良かったですね。
体のためにも良いですから、この調子で来年も続けたいものです。

そしてオーディオ、これもついにメインSPの更新に踏み切ったり、
物量投入のアナログセパに手を出したり、舶来アンプの魅力を体験したりと盛り沢山。
色々と新発見もあり、楽しい経験ができました。
これも引き続き頑張って、より高レベルな次元に進んでみたいですね。


それでは皆様、良いお年を。

2012年12月30日(日)  最初はガシャガシャ


ELACのJETだと最初はチャカチャカした感じで「ラジカセサウンド」なんて私は言ったりしてますが、
このC-CAMリボンを同じように表現するなら”ガシャガシャ”
C1IIの次に聴いたってのもあるでしょうが、ぶっちゃげギンギン感が凄くて耳に痛いレベル。
PLはGXと違い、良くも悪くも高域の癖が薄いなんて言われてるみたいだけど「マジで!?」と思っちゃった。
JETは安っぽさこそあれ、初期状態でもここまで耳障りな音になることはないので、
そこはハイルドライバーとリボンの構造(と素材?)の差異からくるものなんだろか?とも思ったり。

ただ、これはあくまで最初だけの話。
実際、数時間後にはガシャガシャギン付く感は薄れ、その後どんどん滑らかになって行ってます。
JETもそうですが、十分なエージングが必要なようですね。




そしてウーファーは全くと言っていいほど動かない。
量感はおいおいこれで165mmってマジかよレベル。

が、これもやはり最初だけで、2日目からは調子が出始めました。
これはエージング以外に、気温の関係もありそう。
以前C1Sigの試聴機借りた時も、初日はウーファー全然動かず、
「意外とほっそりした低域だな…」なんて思っちゃったし。
あの時も調子が出たのは翌日からでした。
ウーファーのエッジはゴムだから、冷えると硬くなっちゃうってことかも。


てな感じで、箱出し直後は「うわー、ガシャガシャうるさっ!低域全然!」
と結構散々な状況でしたが、その後は順調な伸びを見せております。
今のところBS403のJETよりエッジは立ってるっぽくて、キレならPL100のC-CAMリボンか?
って感じだけど、これも最終的にはどうなるか。
ま、答えが出るのは来年ですから、今は変化を楽しみつつ、年末の片付けでも進めるとしますか。

2012年12月29日(土)  どうしよこれ


半ばノリで買ったこのアンプ、一昨日取りあえずポン置きして鳴らしてみたんだけど…




なにこれ凄い。
普通にConfidence C1IIが鳴っちゃう。
初っ端からメッチャ良い音出してくるんだけど、どうしようこれ。
ヤバい、シャレになってない。
予想を遥かに超えた実力は嬉しい誤算ではあるけど、想定外過ぎて扱いに困る…




当然ではありますが、純粋にアンプとしてのドライブ能力はSX300やROTELセパの足元にも及びません。
低域の駆動力なんてテストトーン流し始めた瞬間にわかるレベルで、
「おー、やっぱ全然ウーファー動いてねー、こりゃ随分と細身になりそーだ」
と思ったくらい。

もちろんこれは電源投入直後の話で、全く暖まっていないどころかキンキンに冷えた状態のため、
最終的な評価にはなりませんが(直前まで置いてあった場所は0度近くメチャ冷たくなってた)、
その後も改善こそあれ傾向は変わらず、ウーファーを鷲掴みにしてブン回す、なんてことは無さそうな感じ。
このIN50seは展示品処分で新品ではないため、エージングによる伸び代はほとんど無いでしょうから、
ここからそう大きく変化することは無いでしょう。
つまり、アンプとしてのパワーは価格なり、その華奢な筐体なりと考えていいと思います。




が、そんなことはどうでもいい、と言いたくなるような音の良さ。
C1IIを駆動力不足であっぷあっぷしながら苦しそうに鳴らすわけでもなく、普通に、違和感無く鳴らしてしまう。
うあー…こういうの聴いちゃうと、アンプの舶来信仰があるのも理解できちゃうわー。
確かに、ろくな物量投じてないのに、良い”音楽”聴かせてくれちゃいますね、これは。
Dynaudio推してるショップが一押ししてるのも納得しちゃった。

うむむむむ、軽い気持ちで手を出したら、とんでもないものを引いてしまった気分。
普通に聴くならメインこれでよくねぇ?ってレベルの衝撃です。

てか、うちにあるアンプでSX300やROTELズはその圧倒的パワーで上に位置するからいいものの、
A-S2000とか立場ヤバい気がしてきた…
きちんと比較してみたわけじゃないし、相性もあるから現時点で断定なんてできないけど、
ぶっちゃけ、C1IIに限って言えば明らかにIN50seに分がある、と思う。
でっかい図体で23kgも物量突っ込んどいて7kgのアンプに大敗なんてなった日にゃあ、
私の中でのYAMAHAの地位がヤバいことなりそう。




このアンプ、プリアウトもあるんだよね…ゴクリ

いやー、オーディオに片足突っ込んでから17年くらい経ちましたけど、
まだまだ知らないことや、新しい発見があるもんですねぇ。
やっぱりこの趣味、面白い!

2012年12月28日(金)  今年最後の?


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「PL100とかメッチャ安くなってるし、取りあえず買っちゃえ!ってなりそうで怖い
 とか言ってたら 3日後届いていた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 
おれも 何をされたのか わからなかった…
頭がどうにかなりそうだった… 散財癖だとか深夜のテンションだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…


いや、単にIYHっただけだろこのアホがと突っ込みが(ry
いいじゃん! 安かった(またこれか)んだし!




木枠梱包のSPは初体験。
横だけだけど、確かに頑丈だし悪くは無い?
重いのが難点だけど。




さーてさて、今年最後?のIYHとなったこのSP
何気に初モニオです。
軽い試聴じゃ悪くは無かったわけだが、自宅環境ではどうなるか。
ガンガン鳴らし込むとしますかねぇ。

2012年12月27日(木)  ちょっと一息


今日も荷物が届いたよっと




え? まだROTELの状態も完全じゃないのに買った理由?
安かったから! なんとなくノリで!


…お前そればっかだなって突っ込みはご勘弁を。
仕事のストレスで散財癖がヤバいことなってる気がしないでもないが、
これはメイン用ってわけじゃなく、ちょっと寄り道っていうか、一息って感じ。
前々から興味はあった(よく使う言い訳だ…)ブランドだし、
2nd用のアンプもリプレースしようかなーなんて思ってたところだから、
ある意味ちょうど良かったというか、渡りに船だったわけで。
てなわけで、別に無駄遣いではないのである。

…自分で書いててアホらしくなってくる。
まー、私がいきなり買い物しまくったりするのは何時ものこと!
NPNP!
気にするな!?

2012年12月26日(水)  32GB
【価格調査】メモリーおよびインテル製のCPUとSSDが値上がり

どうもメモリが上がり傾向らしい…




てなわけで、完全に上がっちゃう前に買い足しとくことに。
と言っても、2週間前の話ですけどね。




まー何はともあれ、無事16GBを入手




ものは前回と同じ。
このM/Cなら1333で十分。




ついに32GBに

これがPCのメモリ容量とは…
ちょっと前ならWS、さらに前ならサーバじゃないと無理だった容量が、今じゃ一般のPCで実現可能になった。
しかも、コストも2万あればお釣りが来る。
はぁー…これはため息出るよなぁ。
ま、良い時代になった…って思うのが一番、なのかなぁ。

2012年12月25日(火)  C1IIに切り戻す


SPをメインであるC1IIに切り戻し、BS403は別室に移し24hエージングへ。

ん。
エージング中であることを差し引いても、やっぱり位相面はこっちに分があるかな。

ただ…
やはりELACの次に聞いてしまうと、どうしてもクリア感に欠ける印象になってしまう。
JETで強調されているからだと言えば確かにその通りなのかもしれないけれど、どちらが好みかと言えば…
これがC1IIをメインに据えて1年近く経つのに、未だ借り物感が消えない最大の理由。
そしてELAC500LINEにブックシェルフが追加されるのを待ちつつ、
色々と他社のブックシェルフにも目移りしてしまう原因だったりします。
まぁ、単に御せてないだけだろって言われたら、多分その通りなんですけどね。

C1IIは凄い性能なんだけど、それを誇張するようなタイプではないため(低域については誰でも気付くが)、
一聴しただけだとただ地味なSPと感じるかもしれない(実際そうレビューする人もいる)。
が、きちんと聴けばその実力は見えてくる。
このハイファイハイファイしてない、ある意味”自然”にこなしちゃうところが、
C1II、Confidenceの一番凄いところなんじゃないかなぁと思ったり。
C1以外は聴いたことないけどね!
ただまぁ、それが私にとってベストの選択なのかとなれば…
ながら聞きには最高だとは思うんだけどなぁ。

まーそんなわけで、ぐだぐだと書き連ねてみましたが、未だ腰を据えられてないメインSP
この年末年始で部屋のレイアウトを大きく変える予定だから、それでどうなるか、次第かな?
てか、PL100とかメッチャ安くなってるし、取りあえず買っちゃえ!ってなりそうで怖い。
あー、物が溢れるー!


以下拍手レス

>ROTEL良さそうですね〜!重量級は色々大変そうなので購入は諦めました。私はYAMAHAのA-S3000待ちです!
RB-1592は出力段が下位のRB-1582よりも少ない4パラ(1582は5パラ)と言うことで、
図体の割には、となってくれれば…と思ってたんですが、どうやら期待以上の実力を持っているようで嬉しい誤算でした。
重量は確かに40kgと相当なものの、箱から出すと意外に持ちやすく、
こちらも思っていたより苦労せずに済んでます。

A-S3000は私も期待してるアンプ!
2000から300まで作って色々ノウハウも得ただろうし、完成度の高さは期待して良いんじゃないかなぁと。
続報が楽しみですねー。

2012年12月24日(月)  化け始めたか?


それに気付いたのは昨晩、通電開始から30時間程度経過した時点。
BGM的に何時もの曲目を流していたら、低域の階調表現にハッとさせられる。
これは…小音量時のリニアリティが高いのか?
よくよく耳を傾ければ、それは低域だけではなく、中高域にも共通している模様。
位相面は相変わらずイマイチなのか、ボーカルの定位感はどうしても見劣りを感じるものの、
情報量自体は多いのかもしれない。

また、割に”静か”な印象。
まぁ、これはデジアンのSX300からアナアンだからってのもあるかもだけど、
初期の低域のボリューム感や、その図体から受ける視覚的イメージとは随分と異なり、
意外に繊細さを持ち合わせているアンプ(ペア)なのかもしれない。




ただ、これはSP側の進化によるものである可能性も。
こちらも鳴らし始めてまだ10日足らず。
自室設置で24hエージングを行っていないため、まだまだ安定しているとは言えない状況。
それが昨日通常よりも大音量でエージングを行ったことから、変化があったのかも。




どうもこのウーファー、しっかりパワー入れてやらないと馴染みが遅いような…
DALIもそうだったけど、エッジしなやか系はダンパーが硬かったりするんだろか?

てかまぁ、きっちり比較したいなら安定したSPでやれってことですね。
最終的にアンプ側のエージング終わったら総合的に検証する予定だけど、
そろそろBS403は別室移して24hエージング始めちゃうかな。




ちなみにROTELアンプ群の電源は壁コン直です。
なんせパワーなんて表記上の消費電力が800Wですからねぇ。
試しにArayから電源取ったらあっさり落ちましたわ(Arayが)。
大容量トランス2個も搭載したバカ(褒め言葉)みたいな仕様だから、
並の電源装置じゃ対応無理そう。

てなわけで、今は壁コン直仕様。
プリだけなら可能だし、さすがにノイズ対策無しはどうかと思うので、
いずれは何らかの対処はするつもりだけど、それは安定してからってことで。




思ったよりも悪くない感じになってきたROTEL
少なくとも、初日に感じた不安の大部分は払拭できた。
あとは残りどれくらい伸び代があるのか、そして電源その他対策でどの程度変わるのか。
仕上がりが楽しみだなぁ。

2012年12月23日(日)  カノカメ3巻


今日は久々、Cyclo-5で買い物へ。
乗るのは何時以来だろ。




あー、そういやまだペダルそのまんま…
軸は買ってあるのに、結局放置しちゃってるや。




なんかやってる…




ふーむ、さすがドロハンポジションと言うべきか。
30km/h程度で流すなら、フラットバーのMTBよりこっちの方がスイスイって感じです。




初石の書店へ。
最近時間が無いからAmazonか都内の書店で済ませちゃうことが多いんだけど、
やっぱできるだけ地元のお店利用した方がいいですからね。




たらたらしてたらすっかり日が暮れてしまった…




あ、やっぱあそこ染み出すか。
ここ、ちょうどカーブの直前/直後だから、知らないでナイトランやると危険ポイントなんだよなー。
自分も以前、銚子帰りに滑って落車した苦い思い出が。




てな感じで流して28kmちょい。
30kmいかんかったけど、すっかりオフモードだしまぁいいか。




さてさて、今日のお目当てはこれ!
最近「どうせ読む時間ほとんどないし…」とすっかり漫画も買わなくなった私が珍しく?
熱を上げてるカノカメこと「彼女とカメラと彼女の季節」、これの3巻が出たんですよ〜!
個人的にちょーオススメ!

…と言いたいとこだけど、万人受けする作風でもない…かも。
まぁ私はこういうの大好きなんだけどね。
モーニングツーは先月号が試し読みできるから、興味がある人は読んで貰いたいけれど、
最近の展開からだと「…?」ってなっちゃうかもなぁ。




他に最近買ったものとしては、「ひまわりさん」とか。
これはもう、語るに及ばず。




そしてこれ、「月刊少女野崎くん」
これはねー…めっっっっちゃ笑える!!
どんくらいかって言うと、「どうせ家じゃ読む時間無いし…カバーかけて通勤時に読んじゃおう」
と電車の中で開いて(シフトの時や帰宅時なら読める)、リアル「ブフォォ!!」やっちゃったくらい。

まー百聞は一見に如かず、ここで連載してる(創刊号も読める)ので読むべし!
…肌に合わなくても責任は取らんけどね!




あとはアリョーシャ!とか。
この作者さんは私の世代的には懐かしい人だけど、相変わらずでいい感じですねー。


とまぁ、仕事のストレスを買い物で発散するのはいつものことだけど、
ついに現実逃避まで始まったのか、時間も無いのに漫画を買って積み上げてみたり。
そういやパーツのぱ最新刊も買うだけ買って積みっぱなしだ…
あー、早く休みになってくれー!

2012年12月22日(土)  初日はぼんやり


さすが大型アナログアンプと言うべきなのか、低域の量感は結構なもので、
ありきたりな表現だけど、「まるでウーファーが一回り大きくなった」かのよう。

が、残念ながら音像のフォーカスは甘め。
切り替え前のSX300では手を伸ばせば(実際には届かないけど)触れることすらできそうだったボーカルが、
ぼんやりと輪郭が滲んで焦点が合わない。




気持ち、プリのグレードがパワーより一段低いのが気になる…

とは言え、今はまだ初日。
エージングのエの字も済んでない状況ですから、まだまだ様子見期間。
巨大なコンデンサ(しかも耐圧100Vみたい)特盛りアンプだし、
評価できるようになるまでしばらくかかるんじゃないかなーと。

最も、L-550AXみたいに激変するアンプもあれば、A-S2000みたいにそうでもないアンプもあるから、
結局大して変わらず…なんてこともあるかもですけどね。




ただ、そもそも今回は今までと異なり、「SM-SX300の代替品」として用意したものでは”ありません”
なので、必ずしもSX300比で優れている必要はありません。

まぁ、もちろん全てのファクターで上回ってるなら、それに越したことはないんですけどね。
どうやら現実的ではないとわかったので、”無いものねだりはしない”ことにしたんです。
ROTELには、ROTELにできることをやって貰う。
そのために用意したものです。

…とは言え、さすがにもうちょい進化はして欲しいかなぁ。




それはそうとこのパワー、全然熱くなりませんね。
その巨体からは信じられないレベルって言うか、温いってレベルにすらなってないような。
暖房機状態だった550AXとは比較にもならないし、A-S2000よりも温いんじゃないかってくらい。
アイドリング時60Wだったって測定結果がありましたけど、なるほど納得です。
これならプリ乗せても平気なんじゃあ…?

2012年12月21日(金)  重い


なんとか(終電だったが)帰って、無事届いていることを確認




しかし…でかい。
そして、重い。




こっちはそうでもないんだけど…




こっちは開梱方法を記した書類が付いてる始末。
ご注意下さい?




ま、それはそーとどんなクオリティを見せてくれるのか。
一応試聴はして一定以上の能力があることは確認したけど、
結局最後は自分の環境で試さないとわからないしね。

さっそく設置…はまた明日。
今日はもう寝る…

2012年12月20日(木)  ただの愚痴


わーい!
今日は事務所で徹夜じゃなくホテルで寝れるよー!




平日に6時間以上寝れるなんて何ヶ月ぶりだろうか。
事務所も目と鼻の先だし、8:30頃まで寝てても大丈夫!
ついてるね!

…なんて、テンション上げてみたところで…
はぁ、疲れる。
明日は帰れるだろか…

2012年12月19日(水)  即断即決


仕事帰りにダッシュでラジ館へ。
間に合ってよかった。




用があるのはホビーステーション、ではなく…




8F




ここにあるインパルス試聴室、ここが今日の目的地




ここ、面白いの置いてるんですよね




しかしここ…何も知らずに来たら場所間違えたと思っちゃいそう




私はだらだら悩む時は悩むけど、早い時は即断即決。
仕事柄、悩んでる暇などない場面が多いから、余計にそういう傾向が強くなった気がする。

まぁ、それはさておき。
何を判断し、何を決めたのか?
答えは今週末に。


以下拍手レス

>自分もいい加減SX3桁の寿命が恐ろしくて手放しました。今はPW10とDACプリがメインです。
手放されましたか。
製造時期的に、そろそろガタが出始める時期なのかもしれませんね。
私はひとまず修理を行い復帰させる予定ですが、今後は少し方針転換を行い、
システムに対するアプローチを改めようと構想を練っているところです。

2012年12月18日(火)  ろんぐらいだぁす!


遅ればせながら、私も持ってる同人誌のLONG RIDERS…じゃなくって、REXに連載してる方。
実はニコニコで前月号が配信されてたりします。
まだまだ序章でロング以前にロード始めるところからって感じだけど、今の段階でも十分面白い。
私も元が元だけにかなり期待してたり。
人気連載作品になってくれるといいなぁなんて思いながら応援中。
皆も読んでみてね。

2012年12月17日(月)  AZ


色々届いたぞ〜っと




ある意味、今一番熱いオイル?
私もあのAZが参入と聞いてから、発売を心待ちにしていた一人。
一通り試してみるのが楽しみです。

…最近全然乗ってねーから使う機会ねーだろ?
つ、次の週末こそは…っ!
でも、塗り替えのための洗浄が面倒なんだよなぁ…。

2012年12月16日(日)  SM-SX300 boot failed


前回のように完全に沈黙したわけではない。
が、微妙に怪しかった症状が悪化し、L側からこんなノイズも出るように…
はぁ、ちょっとオーディオ再開しようかと思ったらこれだ。
テンションだだ下がりですわ。
やっぱ次のアンプを…でも、候補がなぁ。

2012年12月15日(土)  期日前投票へ


今日は夕方から市役所へ




目的はこれ、期日前投票です。
明日は1日動けるようにしたかったので、期日前に済ませちゃおうかなと。

ところで最近(てか結構前からか)「選挙なんて行かない、どこに投票しても変わらない」
なんて人が多いですけど、正直選挙権持ってる年でそれ恥ずかしいから止めた方がいいと思う。
特に後者、自分の一票で状況が変化しないとダメ?
自分の思い通りにならないなら投票しない?
何それ厨二病?
もー、いい年してやめてよね、聞いてるこっちが恥ずかしくなっちゃう。
厨二やるなら趣味とかもっとさ、他人から見て「こいつ良いバカやってる」ってのにしてよ。

とまぁ、テキトーに煽ってみるのはともかくとして、一個人が思い通りにできるってそれ一体どんな選挙だよと。
と言うか、そもそも選挙じゃないだろそれ。

日本国において、投票は「権利」であって「義務」ではありません。
だから投票しなくてもいい。
…なんて、いい年して言うんですか?
斜に構えて、反抗期の子供ですか?
そもそも、どうせ後で文句だけは言うのでしょう?
なら、きちんと参加しなくてはいけません。
文句を言うのはそれからです。

行きましょう、選挙に。
「義務」でなくとも、「常識」ある成人ならば。


なーんて、基本NGにしてる政治ネタ書いてみたり。
投票率低すぎるもんね、日本って。
正直国民として恥ずかしいレベル。
今は期日前とかもできるんだから、選挙権持ってる年齢ならやっときましょ、「常識的に」。




投票後は買いたい本があったので書店へと。
さすがママチャリ、濡れた路面をものともしない。




結局見つからずに2件目へ。
ここは昔から変わらないなぁ…

って、ここ2週間ママチャリしか乗ってないような…
あかーん、ロードも乗らんと。

2012年12月14日(金)  太化


以前と変わらず、ZONDAに装着してるのはPro4SCだが…




この向きからでもわかるかな?




23Cはサイドカットしたしってことで、25Cに変更してみました。
リムの関係もあるでしょうが、この25Cはかなり太めで実測値は26mm以上。
かなりのボリュームなので、これは乗り心地良さそうな予感。
先日の感触じゃウェットもつるつるってことはないようだから、ロングライドにも悪くなさそう。
週末はこれで走ってみるかなぁ。

2012年12月13日(木)  やはり JET


うんうん、この鳴らし始めの”チャカチャカ”感、いかにもJETって感じ。
これは330.3以来かな、懐かしくて楽しくなってくる。
ただ、気持ちJETIIIよりも馴染み出しが早いような…気もするけど、久々だし気のせいかも。

まぁ何にせよ、実力を見ることができるのはまだまだこれから。
やっぱ、JETは最低でも200時間以上鳴らし込みたいですしねー。
それ考えると、本領発揮は今月最終週以降かなぁ。
まー焦らず焦らず、久々なJETのキラキラ感とか楽しみつつ、仕上げていくとしますかね。
ヒャッハー チェンバロサイコー

2012年12月12日(水)  やはり ELAC


Dynaudioも良いし、DALIも良い。
KEFだって良いし、FOSTEXだって、B&Wだって、FOCALだって良い。
YAMAHAだってTEACだって、DENONだってMarkaudioだってDIATONEだってSONYだって良い。
様々なブランドのスピーカーがあって、良いスピーカーもいっぱいある。

でもやっぱり、私にとってELACは…特別な存在、かなぁ。




だからやっぱり、どうしても、約10年ぶりに更新されたJETVは気になる存在。
そしてそれを搭載し、さらに最新のウーファーを搭載したブックシェルフがあるとなれば…
手を出さずにはいられなかった、ってわけです。

自転車弄りも一段落したことですし(ホントはまだ色々終わってないけど…)、
気温的にもオーディオに向いてる時期。
久し振りに、ちょっと色々やってみましょうか。

2012年12月11日(火)  Prestino再生計画Final ブレーキ回り編


長かった(ホント長かった)Prestino再生計画もついに最終回…
最後はここ、ブレーキ回りです。




何の変哲もないママチャリブレーキ。
当然、性能も普通のママチャリ。
速度域が上がった上、重心が前に移動した今となっては全然利きません。
さすがにこのままでは怖いレベル。




てなわけで、舟ごと換えちゃいます。
いやー、安売りしてた67のシューセット、買い込んどいてよかった…




シューはうちのロードたちでも使用してる、R55C3
C2よりも良好なフィーリングが気に入り、愛用しているシューです。




対してデフォルトのシューは…




カチンコチン
こりゃ利かないはずだわ。




それじゃあさっそく交換して調整…と思ったら、まともにリムに接触しないことが発覚




あー、ママチャリのリムってシューと並行になってないから、シュー側が斜めに加工してあるのか




てなわけで、ヤスリでゴリゴリしてから再装着。
角度がビミョーだけどまぁいいや。




そんな感じで取り付けた67シューセット。
この効果は素晴らしく、元のシュートは別次元。
と言うか、思いっきりやるとフォークが剛性不足で負けちゃって、バイブレーションしまくりに。
やっぱママチャリのフレームはヤワなんだなぁ…




ま、そこは運用でなんとかすればいいでしょう。

てな感じでPrestino再生計画Final
お楽しみ頂けたでしょうか?
ぶっちゃけ、速く走れる街乗りバイクが欲しいなら、素直にクロスバイクなりをベースに作った方が早いです。
また、もし通勤通学でママチャリという縛りがある場合でも、マークローザホリゾンタルのようなタイプをベースに調整した方が、
手間もコストもかからないでしょう。

しかし、あえて伸び代に限りがあるものを頑張って調整する楽しみはプライスレス。
あれこれ工夫し、仕上げていくのは楽しいものです。
今回低コストにこだわったのも、新しいバイクが買えるほどのコストをかけては本末転倒、という思いがあったから。
そこは金じゃなく、知恵を出してナンボってもんでしょう。
ま、ぶっちゃけ大したことやってるわけじゃありませんが…

まぁなんにせよ、多くの人が日常の足として活用しているママチャリ。
乗り慣れたそれが、ちょっとした工夫で見違えるほど走るようになりますよ。
一度見直してみては?
もちろん、安全な範疇でね。


Prestino改造費用
 300mmシートポスト 380円
 VIVA カールステム 952円
 Lステー 420円(210円x2)
 ステンレスボルト 170円
 ステンレスナット 150円
 ニップル(2mm) 10円
 Michelin WorldTour 2230円(1115円x2)
 VELOX リムテープ 668円(334円x2)
 バルブ穴スペーサー 196円(98円x2)
 BR-6700シューセット 699円 New
------------------------
 全合計 5875円

2012年12月10日(月)  ようやく設置
11月2日から1ヶ月と7日間、1日も欠かさず写真ありの自転車ネタを続けてきた…
もう、ゴールしてもいいよね…?




ってわけでもないけど、生き抜きも兼ねて久々にオーディオネタとか。
車庫に設置してあったBSSP10
長いことBGM用として頑張って貰っていましたが…




いい加減、まともなアンプに切り替えることに。
てか、車庫用システム選定やってたの何時だよ、2月だよ、何ヶ月経ってんだよ状態。
よくもまー、こんだけほったらかしといたもんだと。




まぁ紆余曲折(単に放置してただけとも言う)を経てようやく車庫設置となったA-S300なわけですが、
やはりローエンドとは言え単品アンプ。
BSSP10とでは格が違った。
久々の通電でまだ目が覚めきってないというに、もう低域の制動感とか別世界。
断然良い感じにスピーカーが鳴り出しました。
あぁ、こういうの聞いちゃうとやっぱオーディオおもしれー!ってなってくるなぁ。
これで上流も換えて、スピーカーのネットワークも弄れば…
ま、現状時間的に厳しいけれど、冬の休み中には一通りやっときたいかな。

2012年12月09日(日)  ゴミ袋コンプリート?


気付いたらポストに不在通知が。
つか、昨晩ならいたはずなんだけど…




まぁ何はともあれ、せっかくなので受け取りに行っちゃうことに。
ママチャリで。




年賀状…師走だなぁ




期待通り、カゴ大活躍。
この手の軽いものには最適ですね。

PBKにCRC、そしてこのWiggleと、これで主に使用してるとこのゴミ袋コンプリートしたかも?
あぁ、BikeSomeWhereがまだか。




ちなみに中身はお約束?のCastelliシリーズ




VELOCISSIMO BIBTHIGHT

既に薄手過ぎて使えないので、実質来春の備えになっちゃったけど…
いやー、3年ほど前の同等品を持ってるんですが、それに比べると随分としなやかになってる模様。




最初は「大差ないだろうけどこの厚みのもう1着欲しいし、Kiss3パッドのやつ買い足しとくか」
程度だったんですけど、素材やら生地のカットやら、何だかんだで色々改良されてるんですねぇ。
そこまで高いものでもないし、数年おきに買い替えるくらいがいいのかも。
って、んなこと言ってたらウェアだらけになっちゃう?

2012年12月08日(土)  Prestino再生計画 実走テスト編


今日は午後からお散歩に




ママチャリで。
まだ終わったわけじゃないものの、ほぼ完成したに等しい状態なので、
ここらで試しておこうかなと思いまして。




先日間違って買ってしまったグローブ。
悪くは無いけど、ホントはもっと薄手のを買うつもりだったんだ…




走行速度は24km/h前後?
一般的なママチャリの平均速度ってどんなもんなんだろ?




おぉー、普通に駐輪場に駐輪してるー!
ずーっとスタンド無しの自転車ばっかだったから、すんごい新鮮だ!




空気圧はMaxの6bar、リアはちょい増しで6.2barに。
タフロードと同じ3.5bar程度の状態でもこちらの方が転がる感触でしたが、高圧にすることでもう別次元。
ヨレ感が激減、というかほぼ無くなりスポーツ車感覚に近い。




カギ標準装備も久々過ぎてなんだか笑える




うーむ、5と6の間が欲しいかも。
いやまぁ、ママチャリでギア微調整してケイデンス維持とかアレなのはわかってるけど、やっぱり習慣で。




てな感じでお約束、利根運河へ




この落差。
スポーツ車に近いのも当然というか、ぶっちゃけ激重なクロスバイクですね、感覚的に。
クロスバイクとしては重すぎて話にならないが、ママチャリとしては信じられないほど走る。




ロード用の高級タイヤに比べれば月とスッポンだが、ママチャリとしては驚異的なレベル。
1000円少々で高圧対応可、グリップも良好と、これはなかなか良いもののようです。




リアがビョンビョン跳ねる感があるのはタイヤやホイールではなく、おそらくフレームの剛性不足。
空気圧が低い時でも同じでしたから、高圧で弾けてる訳じゃありません。
通勤時のことを考え、わざとバネっぽくしてるのかも。




この分厚いソールだと、まだサドル高が足りないかもしれない…




あ、カバー忘れてた




その後は利根運河をいつもの様に




プチダートで路面状況への反応をチェック




うむ、やっぱ剛性自体が低いっぽい感じだ。
フォークもびよーんびよーんと撥ねまくる。
正直ロードに慣れた身にはヤワ過ぎてどーにもな感ではあるけど、ママチャリだし仕方ない。
それに、常時こういう道走るわけじゃないし。




その後は江戸川を下って帰宅




今日のデータ

以前からすれば驚異的に走るようになった。
が、やはり20kg近い車重は上りで明らかな足枷となるようで、高圧化で改善はあったものの、
根本的には解消できない模様。
同じフラットバーでもMTBならひょいひょい行ける坂も、もう必死も必死で頑張らないといけない。
クライマーが軽量化にこだわるのが理解できちゃいましたよ。
やっぱり走りに関してはどう足掻いてもママチャリはママチャリですね。




が、こうしてカゴを使えたりとスポーツ車にはない利点も。
試しに使ってみたんですけど、この程度の重量物なら全然okみたいです。
いやー、自転車の前カゴなんて使うの何年ぶりだよって感じでしたが、やっぱり便利なものですねぇ。
これなら良い感じに「近場までちょっと買い物」用の自転車に仕上がってくれそうだ。

2012年12月07日(金)  Prestino再生計画 足回り編その4


一体あと何回続くんだ…状態のPrestino再生計画足回り編。
無事補修用のニップルも入手できましたから、今回で一気に仕上げちゃいます。
ちなみにニップルのお値段は1個10円でした。




元の振れはそれほどでもなかったものの、テンションはもうてんでバラバラ。
タイヤといい、やっぱママチャリ用なんて適当に作ってるんですかねぇ…




さて、調整も終わったところでタイヤの装着となるわけですが、以前も触れた通り、
このシングルウォールのママチャリリムに、ママチャリ用貧弱リムテープでは、
高圧で常用するのは怖すぎる。




そこでこれを使ってみる。
VELOXのコットンリムテープ13mm




これをママチャリ用リムテープ(幅の狭いゴム板)の上から貼り付けることで、
チューブへの攻撃性を抑えることが狙いです。
この手の対策はスポンジ入れたりする方法もあるみたいなんですけど、
強度の期待できるコットンリムテープの方が良いんじゃないかなぁと思いまして。
ちなみにお値段、1本334円。




リムテープも貼り終わったところで、お次はチューブに。
今回使用するのはNutrakのロード用チューブ、700x35-45C用。
選考基準は安かったから。
お値段はリムテープと同じ、1本334円です。




まぁ正直どれでもいいから適当にサイズ合うやつってことで選んだんですが、
意外に重さもそこそこだし、これで変なパンク癖とか無ければ良い買い物?
ちなみに元チューブは約200gなので、60g少々の軽量化ですね。




なお、World Tourの実重量はこんなんで




タフロードはこんな感じ。
正直激重なステンレスリムの前では誤差にすらならないようなレベルでしょうけど、
重くなるよりは間違いなく良い。




このリムはママチャリ用、つまりバルブ穴は当然英式用で、仏式を入れればこのように隙間ができてしまう。




なので、それを埋めるスペーサーが必要。
同等品は各社から出ていますが、今回はパナのものを選択。




これを使用することで、リム-バルブ間の隙間を埋めることができる。
できるはず、なのだが…
圧を上げるとこんな感じで盛り上がってきてしまった。
うーん、構造的にバルブ周辺が内圧に負けりゃこうなるのも当然か。
考え直してみれば、バルブの遊びを無くしたいなら内側からやらんとダメに決まってる。
ちょっと考えが足りなかった。

でもまぁ、これだけ押し付けられてる状況ならこすれて摩耗が進むこともないだろうし、
取りあえず逆向きにしてバルブの暴れ抑えときゃいいかな。

てなわけで、正直ちょっと微妙になってしまったスペーサー。
お値段は1個98円でした。




さてさて、ニップルの首飛びやらで手間取った足回り編もついに完了。
ようやく形になりました。
いやー、こうして見ると、何だか良いホイールとタイヤみたいですねー。
実際は劇重ママチャリホイールに安タイヤなんですけど。




そんな安タイヤ、World Tourの実測幅はこの通りでほぼ35mm
タイヤの幅はリム次第ではありますが、どうも他にも太めとの報告が散見されますので、
恐らくはそういう製品なのでしょう。




ついにフレームに装着!
おぉー、タフロードとは随分と雰囲気が変わりましたねぇ。




そして前輪も…って、おいおいセンターずれまくってるやん。
テンションを見るに、どうも最初からセンターずれてたっぽい。
しっかりしてよブリヂストン…




調整前と最終的なテンションはこんな感じに

グダグダだったテンションも随分と改善、さらにちょい上げてやったホイール。
新タイヤとの相乗効果で劇的な改善を期待できる!…ハズ!?


ここまでのPrestino改造費用
 300mmシートポスト 380円
 VIVA カールステム 952円
 Lステー 420円(210円x2)
 ステンレスボルト 170円
 ステンレスナット 150円
 ニップル(2mm) 10円 New
 Michelin WorldTour 2230円(1115円x2) New
 VELOX リムテープ 668円(334円x2) New
 バルブ穴スペーサー 196円(98円x2) New
------------------------
 合計 5176円


さすがに複数のパーツ、しかも前後で2倍ということもあり、一気に3104円もup
しかし、逆に言えば最もコストがかかる部分をこの程度に抑えられたわけで。
悪くないのでは。
よし、後は小物類をちょいと調整すれば完成かなー。

2012年12月06日(木)  Prestino再生計画 足回り編その3


CRCからもゴミ袋が到着ー




まぁ先日も触れたのでおわかりでしょうが、中身はPrestino用のタイヤなんですけどね。

…いや待て、なんでワイヤービードのタイヤがこのサイズに収まる?
つまりこれは…




だああ、やっぱり…




見事に8の字状態。
これ国内でもやってるとこ結構あるみたいですが、ビードが捻じれるから止めて欲しいんだけどなぁ。
ま、安物タイヤだし、そもそもCRCだからやるかもなーとは思ってましたけど。




まぁ気を取り直して、ものはMichelinのWorld Tour
ママチャリ用新タイヤとして、こいつを使ってみます。




選考基準はまずサイズ。
これが合わなきゃどうしようもないってことで、27inchから選択。
太さは27x1-3/8(約35mm)のタフロードよりもちょっと太く、27x1-1/4(約32mm)
ただし、これはあくまでカタログ値であって、実測値は結構異なる模様。
これについては後日装着時の記事辺りで。




そしてもう一つ重要なのが、この空気圧。
World Tourの推奨空気圧は4-6barとなっており、タフロードの推奨3barとは天地の差。
これなら上りでよれよれのタフロードとは次元の異なる走りが実現できるはず。
車重11kg少々のCYCLO-5で試した限り、32Cならば5bar程度は欲しい状況だったし、
20kg近いPrestinoならさらに圧を上げた方が良い結果となりそうですしね。

そして最後は、やっぱり価格の安さ!
これ、1本1115円、たったの1115円なんです。
大事なことなので2回言っちゃうくらいの衝撃。
R-AIR(チューブ)と大差無いって考えると、トンでもない安さですよね。




しかしその安さとは裏腹に、手で触れた感触は中々のもの。
まだ走りについてはわかりませんが、しなやかさは明らかにタフロードよりも上。
これなら圧上げたら即カッチンコッチンってことにはならないんじゃないかと期待しちゃう。
コンパウンド自体が柔ら目で粘りがある感じだから、グリップも悪くなさそう。
クラシックなアメサイドも良い感じだし、これは良タイヤなんじゃ!? と、
今から走るのが楽しみになってきたぞー!

2012年12月05日(水)  Prestino再生計画 足回り編その2


では前回で取り外しも終わったので、まずは後輪から振れを確認してみると…
これは、酷い。
4伉兇┐討襪鵑犬磴覆いってレベルでぐにゃぐにゃ。
リムブレーキだったらトンでもないことになってそう。
ある意味、恐るべしローラーブレーキ?




そのテンションはこんな感じ。
ふれふれの状態に相応しく、これまた酷い有り様。
さすがにこれはアカン。

そしてフリー側テンションは90kgfをターゲットにしてるっぽい印象。
ここをカッチカチに上げれば反応は良くなるでしょうが、
やり過ぎればママチャリとしてはおかしなバランスになりそうだし、
そもそもステンレスとは言えシングルウォールのあまり精度の良くないリム。
無理は禁物かなと。




てなわけで、100少々をターゲットにテンションをアップ。
相変わらず振れは気にしない方向で調整しましたが、元が酷過ぎだったこともあり、
かなり改善される結果に。
ま、後輪はこんな感じでokでしょう。

さて、では次に前輪を、とテンションをチェックし、調整を始めたところ…




パーン!




!?




に、ニップルの首が飛んだだと…ッ!?

断面を見るに、どうやら以前から亀裂が入って皮一枚で繋がっていたものが、
テンションを下げようと回したところで止めを刺された模様。
まぁ、この状態じゃ遅かれ早かれ飛んだわけで、走行中に飛ぶよりむしろ良かった、
と思うしかないけど、脱力感が半端じゃないなぁ…

しかし当然ながら、この状態では振れまくりで作業続行は不可能。
てなわけで、調整作業は一時中断、先日の買い物に繋がったというわけです。
てなわけで、次回は調整お休み。
届いたタイヤのチェックでもしましょう。

2012年12月04日(火)  Prestino再生計画 足回り編その1


それでは前回の続きということで、足回りの実作業に。
まずはリアを浮かせて…




右のナット外しから。
すっかりクイックリリース慣れしてしまったこともあり、もの凄く面倒に感じちゃう…




左も同様に。
ナット以外この手の小物もあるので、順番とか向きとか記録しとかないと後で面倒なことになりそう。




あぁ、そういや変速のワイヤーも取り外さないといけないんだ…
ブレーキもだし、超メンドー




そして一通り外し終わったところで、ホイールの引きを緩めてベルトを外します。
この引っ張り具合も調整にコツいりそうだなぁ。




これでよーやくリアが外れた!
クイックリリースなら30秒かからないよ!
固定力の問題があるにせよ、やっぱりスポーツ車にはクイックが一番だなぁ。




しかしこれ、重さがシャレになってない。
持ち上げようとしたら予想外の重さに「!?」ってなっちゃいましたよ。
せっかくなので、タイヤ等外して振れ取り始める前に重量チェックをしてみると…




なんと4.61kg!
タイヤ外す前なら5.5堋度あったわけか…道理で重いはずだ。
8段の内装変速だから仕方ない面はあるにせよ、もう鉄の塊状態。
こんなんじゃ、多少軽量化なんてしたところで焼け石に水っぽい。




そして前輪の取り外しも完了。
こっちはナットを外すだけなので簡単…あくまでママチャリとしては、だけど。




しかし、驚いたのがハブダイナモの抵抗。
もうゴロゴロとかガリガリなんてもんじゃなく、ゴッゴッゴッってな状況で「マジか!?」って感じ。
手持ち空転させると振動で手が揺れるくらい。
最近のハブダイナモは抵抗が減ったって聞いてたけど、この世代はまだそうじゃなかったのか、
もしくはこれでも軽くなった方なのか…
どちらかはわかりませんが、もう玉当たりがどうなんて次元じゃありません。

でも、車体に取り付ければ普通に走れちゃう(ただし減速は早いと感じる、これがどの程度影響してるかは不明だけど)
んだから、ハブのベアリングなんざどうでもいい、ってのは真理ってことですかねぇ。
まぁ何はともあれ、無事前後共に取り外せたところで、次は振れとテンションのチェックといきましょか。

2012年12月03日(月)  Prestino再生計画 足回り編序章


Prestino標準装備タイヤはタフロード。
よく見る?タイヤですが、実はこれ、ブリジストンのタイヤとしては安いだけの底辺で、
性能的にはまるでダメだとボロクソ言われてるタイヤだったりします。
当時は知識が無くてわかりませんでしたが、仮にも高級ママチャリだったPrestinoにこんなタイヤとは…
コストダウンのためだったんだろうか?




確かに何か重ったるく、転がらない感じがするこのタイヤ。
しかしサイズが27inchなので、余ってる700Cを、というのは無理。




では、せめて高圧化して…とやろうにも、このタイヤの推奨空気圧は300kPa、つまり3bar
多少のオーバーならば何とかなる(実際3.5bar前後にしている)ものの、さすがに5bar6barはすぐに耐えられなくなる危険性が。
この手のタイヤに高圧入れて、トレッド面が吹っ飛んだケースも報告があり、一瞬だけの実験ならともかく、常用となるとリスクが無視できない。
実際、学生時代に空気を入れ過ぎ、バーストさせた経験もあるため、このまま高圧化はちょっと無しです。




ちなみに太さは約33.3
大体スペック通り。




そして高圧時のもう一つの問題点がこれ、リムの構造とリムテープ




シングルウォールな上、ママチャリ用の貧弱なリムテープなため、
ニップルの保護が十分とは言い難く、低圧ならばなんとかなっても、
高圧時にはチューブへの攻撃性が無視できない。




しかし、何をするにもママチャリは面倒…
ホイール取り外すのも一苦労。




そして最後はホイールそのもの。
これも性能を追求すれば究極的に700C化になるんだろうけど、
ベルトドライブのPrestinoだとクランクから手を入れる必要があり、
手間的にもコスト的にもそこまでは厳しい。
ならば、後は標準装備のホイールを調整するしかない。

てなわけで、足回りで交換すべきは
 タイヤ
 チューブ
 リムテープ

調整すべきは
 ホイール

てな結論に。
まぁ、既に部材は手配済みなんですけど、この時点でまだ届いてなかったので、まずはホイールの調整から。
ってことで、次回に続く。

2012年12月02日(日)  なぜそこでミスる


今日は昼から江戸川へ。
上は工事やってるので、下からスタート。




先週手組みーズだったから、今日は完組みーズで。
空気圧はF7.1/R7.2bar




朝は氷点下だったし、1月並みって話だから完全防風系にしてみたけど…
ちょっとやりすぎたか?




タイヤとホイールは良い感じー。
フロントはスポーク少ない上にエアロなこともあってか、空気の通りが良い感じ。




やはりなんだかんだで寒いらしい。
走り始めはウェア選択ミスったかと思ったけど、この程度着込んで正解だったみたい。




YO-KANポイントと橋脚
微妙に見切れた…




おっしゃ!今日はおしるこゲットだぜ!




お買い物は栗橋で。
鉄道むすめ活躍しまくりですな。




あれ、ここにあった古い自転車屋さんは…?
潰れちゃったの?
うー…




今日の埼玉大橋




まだこんな時間帯なのに、本気で気温が下がってきた




そしてこうなると、このグローブでは厳しい領域。
既に左手は指先がヤバイ。
手を振ったりして無理矢理血液を動かし、誤魔化し誤魔化し走ります。




…あれ?工事は?




もうスカイスポーツ公園越えてるよねぇ?
12月1日からじゃなかったんだろか。




結局CR上に閉鎖区間は無く、何時も通りのコースではにゅうに到達




ビミョーに30km/h切ったー
くー、ちょっと悔しいー




おぉ、焼きそば値下げしてる。
さすがに300円は高すぎだろってなったんだろか。
でもまぁ、それでも以前の200円からすりゃ高いけど。




そんなわけで?今日のお昼は焼きそば+




この角度結構好き




さて復路へ。
うーん、やっぱり12月1日からだ…
一気に全区間閉鎖しないんだろか?
それとも単に遅れてるだけ?




んん?
どうも脚の動きが今一だなぁ。




関宿に辿り着いた時点で15:35
先週より10kmは先行してる、これなら日暮れ前になんとか流山に戻れる…はず。




しかし本格的に気温がヤバイ。
グローブはインナーグローブで何とかなってることはなってるものの、
そろそろ頭が寒さで痛くなってきた。




久々ピットインリキッド。
ウメ味ならどうかと思って買ってみたんだけど…
うん、ピットインリキッドの味だ。
あんましオススメしない。




そして無事に流山に辿り着き、ちょっとコンビニに立ち寄ったところ…
なんと、コンビニから走り出した際、縁石にヒットして落車。
さらに転倒時に後輪のサイドをこれまた縁石にヒットしたらしくバァン!!
な、なんでこんななんもないとこで落車すんの…?
一漕ぎ目で「あ、このままだと右のペダルが縁石に〜」と思った直後ガシャーン
寒くて体の動きが硬くなってハンドリングを誤ったか、それとも油断からなのか…
はぁ…どーもなんもないとこでコケたりすること多い気がする。




その後は雨に降られたりで踏んだり蹴ったりだった今日のデータ。
あーあ、CR降りるまでは普通だったのになぁ。




まだそれほど磨耗もしてないのに、まさかこんな形でパンクさせてしまうとは




使い切っても無いのに次を用意したりするから…?




さーてと、これはどうするかな。
ぶっちゃけここは普通接触しないから補修して使うのもありだとは思うけど…
ふー、まぁ今日はもう時間ないから、さっさとまた後日考えるとしましょ。

2012年12月01日(土)  MTBで買い物へ


雨が上がったので、ちょっと買い物へ。
…週末晴れじゃなかったのか。




水溜りだひゃっほー




なーんてやりながら近所にできた自転車屋さんへ。
特にスポーツ車は置いてません、普通の一般車のお店です。
でも、今日はここが目当て。




でまぁ、買い物済ませてからはちょっと気になる道とか走ってみたり




うーん、車止めが鬱陶しい…




雰囲気自体は悪くないけど、ちょっと微妙かなぁ?




んで、これってどこにつながってるのかと思ったら…




ここかぁ。
近所なのに知らなかったや。




そしてもうちょい走れば…




ここへ。
別ルートできたことはあったけど、こっちからもこれるわけか。
まだまだ地元をちゃんと把握できてないなぁ。




今日の人間日時計は江戸川から




ここも意外に悪くない




このダートは以前も走ったことあり。
結構好きなルート。




タイヤ掃除ーと草の上を走ってみる




んー、この景色も良いなぁ




この木のトンネル、これも良い感じですよねー




この道も




その後は江戸川CRへ




タイヤに付いた泥がダウンチューブに撥ねまくる…




え!?マイナス1.5度!?
いやいや、そんなに寒くは無いと思うよ?




車庫内でも2.3度…




車庫に2個ある温度計はどちらも5度ちょい。
なんだろ、故障じゃなきゃいいけど。




そして今日手に入れたもの。
これで作業が再開できる…




ついでにPBKゴミ袋が届いてました




中身はタイヤと




ちょい出遅れた感のあるグローブと、小物




そしてお約束、3T好きの3T好きによる3T好きのための。
これで17度ステムはほぼ制覇したかも。




このゴミ袋、ちゃんと専用品だったりするんですよね…
しかし、どー見ても外観はゴミ袋。
もーちょいなんとかならんのか。

2005年10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 
2016年09月 

  検索キーワード  
top