Note

全て saga audio photo bicycle cat 雑記
2012年11月30日(金)  Prestino再生計画 ペダル編


放置していたこともあり、Prestinoには適当にBlackForestのおまけペダルを取り付けてあったわけですが…




この通り片面は端がカットされて丸まっており、とても不安定




こんな感じでシューズの端が斜めになっちゃうし




てなわけで、ここは端まできっちり歯のあるペダルに交換することにします。
てか、当時も全く同じこと言ってるじゃん…覚えとけと。




しかしこのCA900おまけペダル、本当に息が長いなぁ…




せっかくなので、ついでにグリスアップもしときましょ




うわぁ…きったなー
使用期間は大したことないのに、シールがしっかりしてないから?それとも元のグリスの品質の問題?
どちらにせよ、こういうの見るとちゃんとした製品のクオリティって高いんだなーって感じますね。




グリスはいつもの。
いい加減グリスガンつけました。




玉押しは左右共に虫食いが。
てか、これひょっとして元からそういう製品だったんじゃって気も。




軸はok




ワンもだいじょぶ




グリスガンがあるとメッチャ作業しやすいな…
でも、やはり虫食いもあるしで滑らかな回転は無理。
それでもメンテ前よりは随分と良くなったけど。
ま、ママチャリだしそんな厳密に考えてもしゃーない。




シューズの横ボリュームが出たこともあり、ペダルの幅が欲しい。
てなわけで、ワッシャー入れときます。




完成ー。
ケージは両面端まで使えるようになったし、軸側も全金属化して剛性も上がったから、
これで踏むにも回すにも良くなりそう。
全プラペダル使ってみるとわかりますけど、何気にペダルの剛性もバカにできませんからね。
よーし、これでますます完成度を上げられたぞー。

2012年11月29日(木)  初霜 そしてPrestino再生計画 小物編その2


おぉ、初霜だ




どうやら今朝は氷点下になったようですね




まだ日陰には霜が残ってました




ようやく冬らしくなってきたかなぁ…




でまぁ、Prestinoは色々弄ってたら、クランク上側のV字テンションの回転が渋いことが判明




なのでバラしてみたら、上側だけ内部の軸側に汚れが付着。
除去してシリコングリスを塗ったら改善したので、これが原因だった模様。
うーむ、メンテナンスフリーなイメージのあるベルトドライブだけど、
ベルトの歯にシリコンオイル吹いたら動きが軽くなったし、
やっぱりメンテしなきゃダメみたいですね。
ま、メンテ無しで使えるものなんてあるわけないか。

2012年11月28日(水)  SAM HILL 2


改造ネタが続いてるのでここらで一息。
DHLだったお陰で21日注文→23日到着の最短で届きましたよ。




え?結局改造ネタじゃねーかって?
いやいや、これは違いますよ?

フラペ用のシューズが欲しいってのは前々から言ってたはず。
それで色々検討した結果がこれであって、別にママチャリのために買ったわけじゃありません。
だから、これはノーカン!




FiveTen SAM HILL 2
IMPACT2ベースのワールドチャンピオンモデル。

まー、IMPACT2LOWでもいいかなーと思ったんだけど、
なんか真っ黒なのも地味だし、どうせならって思いまして。




STEALTH S1ソール
定評あるこのソール、これが決め手になりました。
確かにこれはグリップしそう…




向きによって5にも10にも見えるロゴ。
オシャレ。




アルカンシエル!




シマノサイズでは43でジャストサイズ、でも5.10だと42.5
シマノは43が27.2cmだけど、5.10は42.5で27.5cmだからです。
この通りメーカによってサイズはまちまちですから、試着は必ずしないとダメですね。




インソールは一応考えられたタイプ?なのかな?




グリーンとホワイトだからか、地味ではないけど、嫌な派手さじゃないのがいい感じ。
気に入っちゃいました。




こんなところにも。

まだちょい履きしかしてないのであれこれ語れる状況ではありませんが、
インソールの凄さはそれでもはっきりと感じ取れるレベル。
あぁ…やっぱり硬いソールは良い…!
そしてアッパーのクッション性もかなりのもので、足が包まれてるような感触。
そうそう、紐が暴れないようにゴムバンドが装備されてるのも素晴らしいです。
やっぱり専用品だけに色々考えられてますね。

ただ、その分左右のボリュームもあるようで、なんだかペダルが狭く感じてしまう印象も。
ふーむ、ここはもうちょい色々検証してみる必要ありっぽいかな。

まぁ何はともあれ、これでフラペだってドンと来い!なシューズが手に入ってご機嫌です。
当然ながらSPDシューズよりも歩きやすく、普通の普段履きとしても良さそうだし。
これは良い買い物だったかも。

2012年11月27日(火)  Prestino再生計画 小物編その1


用意したのはステンレスのボルトとナット。
これを何に使うのかと言うと…




シートピンとしてです。
元々は上にある典型的なママチャリ用のピンが付属してたんですけど、
これって便利な反面、工具無しに簡単に弄れちゃうじゃないですか。
これはもう頻繁にサドル高変えることもないし、いたずら防止も兼ねて、
シンプルなものにしちゃおうかなと思ったわけです。




ちなみに実重量はこんな感じ。
おぉ…初の軽量化、かも?




そして交換してシンプルな状況に。
てか、前回の時点でもうこれになってましたね。

締め付けトルクは最初カーボンパーツ感覚の5Nmでやったらあっさりズレまくり。
なので10Nmまでup
多分これで大丈夫…のはず。




しかし、これで随分とすっきりしていい感じになりました。
やっぱりシンプルなのはいい。

ちなみに今回かかった費用はボルトが170円、ナットが150円。
意外とするもんですね。


ここまでのPrestino改造費用
 300mmシートポスト 380円
 VIVA カールステム 952円
 Lステー 420円(210円x2)
 ステンレスボルト 170円 New
 ステンレスナット 150円 New
------------------------
 合計 2072円

2012年11月26日(月)  Prestino再生計画 ハンドル回り編その2


では前回に続いてハンドル回りの調整を。
邪魔なカゴ取り付け金具をどうにかするため、用意したのは300mmのモンキーレンチ。




こいつでロックリングを外し…




取れました!
てか、錆が目立つなぁ…




まーそれはそうと、これで無事ひっくり返してステムを下せるようになりました。
ステム自体はもう少し下げられそうではありますが、取りあえずはこれで良しということに。




しかし、ブレーキレバーのクリアランス問題は解消していないため、対処が必要です。




てなわけで、用意したのはLステー2本。
これを使ってカゴの位置を前にずらしてやります。

ちなみにお値段1個210円。
今までが安上がりだったためか、意外に高いなって感じ。




さて、これを折り曲げてやるわけですが…




ギャアア!!
や、やっちまった…
あーもー、手抜きしてきちんと保護しないから!




まー、こーなったらなったでやりようはある。
当初はデフォルトの金具みたいに横向きにするつもりだったけど、
こうやって縦で使っちゃうことにします。




ワイヤーとぶつかる問題も解決できたし、これはこれで怪我の功名?
強度面はちょっと心配ではあるけれど、確かめた感じじゃここにそれほどストレスかからないっぽいし、
そもそもカゴに重量物入れる予定も無いしね。
もし割れて来たら、その時交換するなりで対処するとしましょう。




無事にレバーとの距離も確保。
これで咄嗟の場面で指が引っかかる心配も無くなりました。




軽く試乗してみると、前傾が深くなった影響かサドルが低く感じたため、さらに10mm程度up




そして落差はこんな感じに。

いやー、これ確認した時は爆笑しちゃった。
既にツライチどころか40mm程度は落差出てそう。




カゴが前に移動することで相当不恰好になるだろうと思ってたけど、
元々前気味だったためか、予想した程ではなかったかも。
ま、元々スマートではなかったというか…




やっぱ笑える。
カゴ消したらただのクロスバイクだなこりゃ。




そんな感じで「かつてママチャリだったもの」と化しつつあるPrestino
走りもさらに軽くなり、元の面影は消え失せつつあります。
ただ、やはりフレームのしなりや足回りの弱さは相変わらず。
さすがにフレームはどうしようもないから、あとは足回りと、
その他小物の調整かなぁ。


ここまでのPrestino改造費用
 300mmシートポスト 380円
 VIVA カールステム 952円
 Lステー 420円(210円x2) New
------------------------
 合計 1752円

2012年11月25日(日)  また6年4ヵ月後に


今日は昼から江戸川へ




一応新インソールに足も慣れてきた…かな?
ってかそろそろロングやっとかんとあかんやろ、ってことでNXRです。




そして足回りはDiamante Pro Radiale+プンプロ手組みの組み合わせ。
空気圧はF7.9/R8.0barの緩め設定。
いや、久々だからビビったわけじゃ…




まー、それはそーと利根川目指してスタート。
今日はあまり風もないので楽に走れる…といいなぁ。




んー、やっぱりこの組み合わせもいいねー。
Pro4SC+ZONDAも完組みとしては凄いしなやかさで驚かされたけど、
やはりクロスで組んだ手組みは明らかにその上というか、別物感が。
確かに漕ぎ出しの軽さや空気抵抗感じゃZONDAに及びはしませんが、
もしガチのロングやるってなったら、私なら手組み選ぶかなぁ。
縦には軟らかいのに、こじった時はしっかりしてるのが良いんだよなー。




YO-KANポイントー




ウェア類はCastelliばっか使ってるくせに、なぜかシューズカバーは持ってなかったり。
何度か揃えようかなーと思いつつも、まだ破れてもいないし…と結局そのまま。




おぉ!100円自販機におしるこが!
売り切れだったけど!




今日の埼玉大橋
さすが冬、空が青いですねぇ。




さて、そろそろ今日の目的区間のはずだけど…




あー、あったあった、ここからだ




このスカイスポーツ公園から道の駅はにゅう直前までの区間、
12月から通行止めになっちゃうそうなんですよ。
だから、今日はその前に走っておきたかったんです。




だって…期間が半端じゃないんだもん。
6年と4ヶ月って、どんだけ。




走り慣れたこの区間もしばらくはお別れか。
果たして再び開通した時、ここで走れるんだろうか…




この眺めも当面見られないかと思うと寂しくなる




はにゅうにこのルートから入ることも無くなるのかなぁ




とまぁ、そんな感じで感傷的になりつつはにゅうに到着




利根川区間は軽い追い風貴重だったものの、例の工事関連のチェック等行いつつ走ったため、
その影響であまり速度は稼げなかった模様。




ありゃ、こんなん前からあったっけ




おー、そういやマスキングテープ貼りっぱなしだった…




いー感じだったタイヤとホイール。
ただ、こじるとタイヤがよれる感があったので、ちょーと空気圧低かったかも?
いや、Radialeは元々こんな感じだったっけ?




そろそろ限界か?
転がりやしなやかさは上々なものの、この減りの速さはハイエンドタイヤ並み。
価格もそこまで安くないし、やっぱりちょっと微妙な立ち位置感が。




お!きょうはいがまんじゅう売ってる!
最近売り切ればっかだったから嬉しいー。




てなわけで、今日のお昼と補給。
この長期保存パンは今一かも。




新ペダル、PD-9000の効果は…わからん!
クリートキャッチの音はちょっと違うか?そんくらい。
まー、カーボン化で激変!なんて変化があったらそれはそれでおかしいし、こんなもんかと。

逆に言えばPD-7810から違和感無く乗り換えられたわけで、それはそれで悪くない。
7810で不満は無かったわけだから、明らかに劣化したー!なんてのが無ければ十分。

あ、超パワーあるスプリンター系の人は知りませんよ。
あくまで大したパワーも無く回す系の私が平地で走ったらってことで。




さて、復路へ。
こうしてここに入るのも6年4ヵ月後まで無くなるのか…
また、走れる日がくるといいな。




ウォーマー代わりのウインドブレーカー。
これはホント使える。




そしてグローブも2重に。
これはインナーにもアウターにも使える便利アイテム。
1つは持ってて存はないです。




夕日に染まる関宿城。
この時点で関宿だと地元に辿り着いた時は真っ暗。
理想としては、この段階で流山まで辿り着いてるのがベストかな…




そして本日のデータはこんな感じ。
5時間近く走ったのは久し振りな気がする。
インソールも最初だけはちょっときつかったけど、その後は慣れて大丈夫になったし、
良い感じに脚が変わり始めてるかも。




この3日間、ママチャリMTBロードと乗り換えてきたんですけど、
やっぱり舗装路じゃロードが最強ですね、当然ですけど。
特に江戸川利根川みたいな風の影響をモロに受ける場所じゃ、フォームによる差が滅茶苦茶出てくる。
どうしても前傾が少ないロード以外はハンデを背負うことになっちゃう。

逆に昨日みたいな街乗りなら、正直ロードよりもMTBの方が対応力が高くて向いてる印象。
やっぱり適材適所ってことかな。

2012年11月24日(土)  ぶらり流山巡り


今日は夕方から流山駅へ




いや、ホントに。
このルート走ってみたいなーと思いまして、のんびりと。




見知った場所もあれば…




初めて目にする場所も。
地元なのに、全然知らないんだなぁ。




やっぱMTBにはこういうの似合うね




うひょー、竹薮だー




この新グローブ、メーカ的には12-20度が最適レンジってなってるけど、10度切っても結構大丈夫な感じ。
末端冷えやすい私でこれはちょっと意外だった。
結構広い範囲で使えそうで、これは良い買い物だったかも。




このNaliniのウェアも久々だ…




以前は常時ロックアウトしてたフロントサスですが、最近はR(リバウンド)を多用するように。
なんてーか、慣れてきたのかR状態でのダンシングも激坂でもなければ問題なくなってきたし、
サスが利いてくれることでフロントの衝撃も激減するし、コーナーで荷重かけた時の粘り感も良い気がして、
これ使わないのって勿体無いんじゃないかな、って思うようになりまして。
確かにロックした方がキビキビはするんだけど、せっかく付いてるんだし…
MTB乗りの人って、街乗り時はどうするのが主流なんでしょうね?




ちなみに今日の空気圧はF4.2、R4.3bar
転がり気にするならこの程度…かな?
でも、4切るくらいにするとかなりしなやかさが前面に出てくるから、それはそれでありだし…
うーん、まだ最適値ははっきりわからないかも。




新調したSH-M240はVery Good!
やっぱしっかりしたソールは良いわー。
踏み感がまるで違うし、これの方が全然疲れない。




アーバンでは最強のグリップを見せてくれるMaxxisのDTHですが、さすがにマッドコンディションには無力。
泥でコーティングされた状態で倒したらズリズリ滑り、3回も路面を足で蹴ってなんとか持ち直す、なんて羽目に。
まー、これはうっかりいつもの感覚でコーナー入っちゃった私が悪いんですけど、
パターン的に目詰まりもしやすいから、マッド入った後は注意しないとダメですね。




てな感じで走って36km
後半は日が落ちちゃって景色を楽しめず残念だったけど、色々発見もあって楽しかったかな。




街乗りタイヤは街乗りタイヤ。
やっぱマッド走るならブロックが必要かー。




FOX F100RL

最新のモデルはCTDとなり、利きの強さを細かく調整できるらしいですね。
…いやいや、確かに欲しいけど、ここでさらに散財ってのもちょっと。




そもそも、この上下異径ヘッドがめんどくさい。
ヘッドパーツ換えるなりせんといかんからなぁ。

…いやいや、調べはしたけど買うと決めたわけではないですからね、ホントに。




やっぱ舗装路で走るにはちょーっと低いか?なサドル。
シューズの絡みもあるし、もーちょい、5mm程度上げるかなぁ。




このポジションにしてからまともな距離走ったのは今回が初なわけで、
やっぱり色々見えてきますね。
後はロングやってどうか、かな。




はは、こんなとこまで泥が飛んどる。
拭いとこ。

2012年11月23日(金)  Prestino再生計画 ハンドル回り編その1


なんでこう、週末になると雨ばっかなんだ…
ってのはさておき、前回でサドル高を出せるようになったので、お次はハンドル回り、ステムの交換を行います。




使うのはVIVAのカールステム。
お値段952円と、今回もいい感じにコスト抑えられました。




デフォルトのステムと比較するとこの通り、圧倒的に落差を稼げるように。
前後位置も10mm程度遠くなってくれるようですね。




ただ残念ながら、単に交換しただけではカゴ取り付け金具が邪魔になってしまい、
この落差を全て使うことはできません。
まぁ、それでも相当落とすことはできますが。




スレッドタイプはハンドルを抜かないといけないのが面倒だなぁ。




とまぁ、それはともかくとして、デフォルトでは一番低い位置でもこの程度だったのが…




なんと、ここまで落とすことが可能に。

いやー、笑っちゃうくらい落とせましたね。
ハンドルのグリップ位置でもサドルとツライチくらいになってるし、根元部分は既にサドルより下。
最早ママチャリの域から抜け出しつつあるポジションで、走りもまるで別物に。
上半身が使えるようになったことでグングン進むし、ダンシングも滅茶苦茶軽い。
うおー、凄いぞー。
Prestinoがこれだけのポテンシャルを持っていたなんて…
ママチャリもポジションさえ出せば進むって本当だー!




ただ、やはり気になるはこの部分。
どうせならもうちょっと落としたいですよね…




そしてここも。
ハンドルが設計上想定してない位置まで下がってしまったことで、
ブレーキレバー前にカゴが来てしまい、指が接触するように。
一応これでも乗れないことはないけど、やはりここも何とかしたい。
てなわけで、次回に続く。


ここまでのPrestino改造費用
 300mmシートポスト 380円
 VIVA カールステム 952円 New
------------------------
 合計 1332円

2012年11月22日(木)  Prestino再生計画 サドル回り編


それじゃあPrestino再生計画、まずはサドル回りからいってみましょ




デフォルトのシートポストは長さが足りず、高さを出そうとすればこの通り限界を超え、
このまま乗り続ければシートチューブがやられてしまう状態。




なので、少し長いものに交換。
高さを出した状態でも安全に乗れるようにします。




最近ロード系ばかりだから忘れてたけど、ママチャリってやぐらが外せるんですよね




こんな感じで。
そして共通規格なのか、他社製でも差し替えが可能。




ただし、形状はメーカ毎に異なるようで、この通り首から先の長さが異なったり。
そのため単純に+50mmとはなりませんが、それでも元よりは+40mm近く調整幅が広がり、
ロード並みの高さにしても限界以内に抑えることができるようになりました。




こんな感じで。
これでもまだ10mm程度は余裕がありますから、このサドルなら長さが不足することはないでしょう。

しかしまぁ、CA900のサドルがこんなところで役に立つとはなぁ…
捨てなくてよかった。




ちなみに今回のシートポストのお値段は、なんと380円
思わず色付けて強調しちゃうくらいの安さ。
ロードのパーツ価格に慣れた後だとびっくりしちゃいますね。
ブレーキシュー代にもならないんじゃ。

でも、今回の極力コストは抑えるという目標にはピッタリ。
この調子で低コストで仕上げられるよう、頑張るぞー。

2012年11月21日(水)  Firefox 17
Mozilla、「Firefox 17」を正式公開。“Facebook メッセンジャー”がより身近に

今回は直後に不具合発覚なきゃいいけど…


え?自転車ネタ?




パーツは届きましたよー。
でも時間が無いですよー。

2012年11月20日(火)  Prestino再生計画 序章


次なる作業対象となったPrestino
最小限のコストで効果を上げるには、どこをいじるのが効率的か。




え?
まずはその蜘蛛の巣だらけのキッタネー状態なんとかしろ?
イエッサー!!
やっときます!あとで!




まー汚れはいずれなんとかするとして、まずはやっぱりサドル位置ですよね。
いかにもママチャリなひくーいサドルじゃ、ろくに進んでくれやしない。
ママチャリはダンシング…ってか立ち漕ぎばっかになるのも、低すぎるサドルが最大要因でしょうし。




次にハンドル位置。
この2つとクランク位置がポジションの要となるのはどの自転車だろうと同じ。
これをママチャリ最大の失速要因である、前傾ゼロ状態から改善せねばなりませんが…




標準のままだとこれが限界。
てか、既にシートポストは限界超えちゃってるんですが、それでもまだ高さが足りませんし、
ハンドル位置に関しては近いのはもちろん、高過ぎて話にならない。
これでは向かい風だったらまともに走れないというか、走る気がしません。
ここはパーツを換えるしかなさそうですね。




そしてやっぱり足回り。
こちらも走りの要で、自転車機材で大きな差の出るポイント。
まずはポジション関連を重視すべきですが、こちらも無視はできません。
しかし、コスト度外視でホイール700C化やロードタイヤというのは今回NGだし、
最低限の交換で済ませるにはどうすればいいか。
うーむ、考えよう。

まぁ、これは急ぎじゃないのでまったりと。
てか、すぐ乗るわけでもないのに、ママチャリに時間取られて寝る時間が無いとかアホ過ぎるし、
ただでさえ3週間連続で自転車ネタ写真付きで時間喰われてんだから、もっとのんびりやろう。

2012年11月19日(月)  Next bike tuning
メインのNXR INSTINCTはT-PLANでインソールと合わせて再調整を行った。
セカンドのCYCLO-5は自前だが再生済み。
そしてMTBのBlack Forestはまだ実走でのチェックが不十分だけど、ひとまず形にはなった。
あとは走って調整すれば完了。

では、次は?




それじゃ、こいつをやってみますかね。

と言っても、前記の3台みたいにガチでやろうってわけじゃありません。
かけるコストも最小限に抑え、小手先でうまい事”乗る気になる”レベルに仕上げるのが目標。
このPrestino、重い、進まない、軟いとすぐに乗る気が失せてクロスバイクのCA900に乗り換え、
その後車庫の片隅に放置されてたわけですが、それを”一応”使える、その気になるレベルにできればなと。

しかし、定価で6万程度のママチャリに何万も使って走れるようになりましたじゃ、
ただのママチャリマニアの魔改造。
そうじゃなくて、当時の知識じゃできなかった、ポジションその他と最低限のパーツ交換で、
取り合えず近所の用足し程度なら乗ってもいいかな、と思える程度にする。
つまり、頭使えってことです。
…別に縛りプレイ楽しんでる訳じゃないからね?

さーて、安いけど効果的なパーツはどんなのがあるか、探してみるかなぁ。

2012年11月18日(日)  新SPDシューズ


割りに早い時期(1ヶ月程度で乗り換えた)からSPD-SL化したこともあり、
我が家のSPDシューズはこの一足、SHIMANOのSH-FN51だけ。




このシューズ、ワイヤータイプのためフィット感も良く、着脱も一瞬、しかも歩きやすいことからちょい乗りには最高。
普通のシューズにクリートが付いたような感覚で使えちゃう。
特に脱ぎやすいのが気に入ってて、同タイプの後継が無くなっちゃったのが残念で仕方ないくらい。




が、歩きやすいフィットネスモデルだけにソールは軟らかく、恐らく剛性は3
踏み込まず回してるだけでも明らかにヤワなのがわかるくらいで、
ソールがしなるだけでなく、ペダルとの接点部分が点で押されるのを感じます。

もちろんウォーキングシューズなんかよりは全然マシだけど、
MTBを再生させた今、もっとしっかりしたシューズが欲しい…




てなわけで、新しいSPDシューズを用意してみました。




え?
フツーに売ってるSH-M240Eじゃんって?
いやいや、それが違うんだなー。




SH-M240Eではなく、SH-M240
E無し、つまりワイドタイプじゃ”無い”ノーマルタイプ。
これ、国内じゃ流通してないんですよね。

でまぁ、なんでわざわざ海外から取り寄せたかって言えば、
単純明快、私はワイドタイプNGだから。




実はこの通り、一度試してるんですよ、ワイドタイプ。
サイズ同じなら靴下なり工夫すりゃ行けるんじゃないかって思って。

結果は見事玉砕。
ストラップ締め付けても結局ダメで、トルクかけた時足が左右にグラついちゃう。
インソール使って無理矢理かさ上げすりゃなんとかなるかもしれんけど、
カスタムインソール作れば最低でも1万程度はかかっちゃうわけだし、
それなら買い直した方がマシじゃん、ってなったわけです。

つーか、メーカ的には「日本人ならワイドタイプでいいだろ」ってことなのか知らんけど、
作ってんならしっかり国内でも販売して欲しいわ。
他にも海外しか流通してないモデルあるし、日本企業なのに何やってんの?って言いたい。




とまぁ愚痴はともかく、SH-M240についてとか。
これはSPDシューズとして上から2番目、つまりコンペティションモデルだけのことはあり、
がっつりスパイクなんて付いちゃってます。
確かにレースやったり、山ん中ならこの方がいいんだろうけど、さすがに街中じゃちょっと…




ってのはメーカも想定してるのか、この通り交換用プラグも付属。
ただ、これも全金属なのはちょっとなぁ。




ふむふむ。
要するに、どれでもいーから蓋はしとけってことね。




重量は変わらず。
背は低いものの、全金属ってのが効いてる模様。




片側交換してみた状態




確かにこれなら床でカチカチさせることは無さそうだけど、
オンロードならXC60に採用されてたロープロファイルレジンスパイクか、
樹脂ネジの方がベストかも。




さて、そんな新シューズですが、今回からクリート調整にこんなものを使ってみることにしました。
ERGONのクリート調整ツール、TP1です。
何でSPD-SL用が2つもあるのかって?




それはこんなことがしたかったから。
てかまぁ、SL同士を同時比較できるようにしたかったってのが本来の理由なんだけど、
こうやって3足並べて作業もできるなーと。




こうして見ると面白い。
まっすぐじゃないんですよね、私の場合。
また、同じSL同士でもシューズが違えば微妙に違ったりとホント興味深い。




一応、今回は隣のSH-R310をベースに調整します。
SH-M240とSH-R310はラストも同じカーブドラストで、ほぼ同世代の兄弟みたいなもんですからね。
ダイナラストでソールも薄くなったSH-R320はSH-R310ともクリート位置等変わってきてますから、
それに合わせても仕方ないでしょうし。

ただ、やはりSPDはSLとクリート位置の自由度が違って、
一番前にしてもR310と同じ前後位置にすることができませんでした。
まぁ、ここはどうしようもないので妥協するしかありません。




調整後のシューズたち。
カメラの位置の影響もありますが、どれも微妙に違って面白い。




でも、このツールはかなり使える印象です。
どこに軸があるとか左右のシューズの状態とか一目瞭然で、
シューズ単体の時とは段違いの精度で調整が可能になりました。

以前、ソールとアッパーの接着が左右で前後にズレたシューズがあって、
ソールの端からノギスで測って合わせたら左右で派手にズレちゃって、
ペダリングに違和感出まくって気付いたなんてこともあったんだけど、
これを使えばアッパー部分で確認できるから、そんなこともならずに済みそう。




さてさて、そんな感じで調整したSH-M240、早速試しにひとっ走りしてみたところ…




うん! 凄くいい!
ソールがしっかりしてるお陰で力が逃げず、面で踏める!
まー、これ剛性10あるからねー。
当然っちゃ当然だけど、やっぱ気持ち良い!
ロードじゃ12を常用してるわけだし、基本的に私には高剛性ソールが合ってるのかも。




そして履き慣れたSH-R310譲りのアッパーも良い感じ。
ぴったりフィットして左右にグラつくようなことは皆無です。
これで馴染みが出てくれば完璧じゃないかな。

てか思ったんだけど、同じタイプなら…R310のT-PLANソールを移植可能かも?
おー、これは検証してみる価値あるなぁ。




今回はダメ出し喰らっちゃったけど、何だかんだで使い勝手の良いSH-FN51
何気にうちじゃ一番の古株で、今も現役なんですから頑張ってます。
今後出番は減るだろうけど、それでも近所に買い物行く時なんかは最適だし、
まだまだ現役で頑張って貰っちゃいますよー。




既に旧世代ではあるものの、かなり好印象なSH-M240
これで「ソールが軟いよー、グニャるよー」なんて思いながら走らず済むようになりました。
あとは…ちゃんと走るだけ!
もう機材面で言い訳できないしねー。

2012年11月17日(土)  PD-9000


ほいじゃあMTBも一段落したところで、先日届いたペダルでも取り付けますかね。




またイラネー黄クリートが…と思ったら、なんと付属は青クリートのSM-SH12
さすがに黄クリートは動きすぎるって判断になったんですかねぇ?
まぁ、どちらにせよ私は赤クリートなので、これもお蔵入りなんだけど…




ノーマルと+4mm
パーツリストを見る限り異なるのはこの軸のみで、他の部分は共通。
つまり、軸を差し替えれば左右で異なる軸長にすることも可能。
また、この軸自体は77デュラ時代から変わっていないため、
+4mm軸さえ手に入れれば77以降のペダルの軸長を伸ばすことも可能…なはず。

え?じゃあなんでお前はそうしなかったのかって?
その確証を得られる前に注文しちゃったのが一つ、いいじゃん買っちゃえよってのが一つ、
そして新製品故に保守パーツの流通が怪しいと判断したのが一つ。

ぶっちゃけ結論言っちゃえば、+4mmを2セット買って、右だけノーマルに差し替えが一番でした。
ノーマル軸なら入手性もいいし、手持ちの移植ってのもありだしね。
まぁ、急いでてそこまで考えが至らなかったと。
一応追加で軸も発注してるので、届いたら差し替えてもう1セット作る予定です。




さて、この+4mmを使うことで、このワッシャー入りまくり(+5mm)が…




こうなる!
いやー、すっきりしたなぁ。
てかまぁ、+5mm状態はローラーはともかく実走は危険すぎて無理だったので、
これでようやく外が走れる状態になりました。




新旧デュラペダル。
踏面の補強版面積は90の方が狭くなってるけど、カーボン化2世代目でこれなんだから、
これで問題ないって判断なんでしょう。




79時点でペダルを交換しなかった理由の一つがこれ。
「カーボンはガリガリ削れますよ」と言われてビビったから。
やっぱアルミは強いし。

え?落車すんな?
正論過ぎて何も言えません…




重量差はこんなもん。
14.5gも軽くなった!スゲェ!

…どーでもいいか。




誰もが認める名品、PD-7810
カヴェンディッシュは79が出てもアルミの78を愛用したなんて聞くけど、
やっぱ剛性じゃこっちが上なんですかねー。




そして新ペダル、PD-9000
樹脂ペダルって思うとうーん、となりそうになるものの、仮にもデュラなわけだし、
私程度の脚力なら何ら問題ない…でしょう。
そもそも、クランクはカーボン愛用してるくらいだしね。

取り合えずこれでQファクター問題も解決できたし、
後は早く新ソールに脚合わせんと。
体弱くなってることもあってか、今はまだ足裏キツキツ。
これを普通に回せるようにならんとなぁ。

2012年11月16日(金)  Black Forest再生計画 ハンドル回り編その3 / ひとまず完成


前回、一応3Tの120mm/06度ステムで形にはしてみたものの…




悪くは無い、悪くは無いものの、ちとハンドルが遠い。
そのためダンシングで重心が前になり過ぎ、踏み込みが”抜ける”
抜けるってなんだよって言われそうだけど、なんていうか…スカる、みたいな?
打点…って言い方も変だけど、明らかに外してるって感じで”かかり”が薄い。
無理矢理体後ろに持ってけば何とかならんこともないけども、正直やり辛い。

また、落差的にもちょっと無さすぎ?
ダート走るには悪くないけど…




なわけで、110mm/17度ステムに交換してみた。

うん、舗装路の平地はちょー走れる。
ってかTTモドキの前傾ポジ取ると背中ほとんど水平に近くなるみたい。

つまり、これはもうロードの世界で全然MTBしてない。
ダートや土手下りには全然向いてない。
これじゃ単にタイヤのぶっといフラットバーロードで、MTBである意味が無い。




なわけで、取り合えずハンドル8mm上げてみた。
かなりバランス取れてきたけど、もうちょい上げたい感じかな…




でも、もうコラムがツライチ状態なんだよなぁ。
やっぱどー考えても切り過ぎですよ、Wiggleのメカニックさん!




しかし、このままでは低いし…ってことで、えいやと+2mmしてみた




一応ネジのところは越えてるし…なんとかなるか?




てな感じで5mmのスペーサー2枚、計10mmステムを上げてみました




要は最初に戻っただけとも言う




にしても、これでうちの全バイクが水平ステムか…
水平ステムを使わなければならない呪いにでもかかってんだろか。




この状態での重量チェーック。
あー、もうちょいで11kg切れるのにいいい!!!




でも、最初は12.26kgだったんですよ、このバイク。
つまり1.1kgも軽くなったわけで、十分頑張ったと言えるんじゃないかと。
まぁ、大部分はホイールではあるんですが、持っても走っても軽くて気分もいいです。




ところでMTB試してると雨喰らってばかりの気がするんだけど…気のせい?




ボトルケージを追加していっちょあり。
ひとまずこれにて完成です。

ハンドルが適度に近くなったことでダンシングもしやすく、落差も抑え気味になったことで、
ダート等でのMTBらしい安定性も維持できてる…と思う。
ひとまずこれで走ってみて、細かいとこはそれから調整してくとしましょう。

てか…ぶっちゃけフレームサイズが小さすぎるんだな、自分には。
このシートポストの突き出し量、どっかの外人かよ状態だし、ステムもMTBとしては短すぎ。
要はもう1サイズ上でちょうど良いんだと思う。
次フレーム換える時は、TT580程度(これは560)にしよう…




ところで




どっちが似合うかな?

2012年11月15日(木)  90デュラ投入?


ついに我が家にも90デュラが!?




まぁ、ペダルだけなんですけどね。
取り合えず、これでQファクター関連対処できるかな。

2012年11月14日(水)  やっぱりカンパは 2回目


クランクが素敵




え? 前にもやった




別に11速化(ry
これも前回言ったか。




USB
セラミックベアリング

…セラミックベアリング!?
ヤバ、全然意識せず普通のグリス入れて組んでたわ…まぁ、別にいいか。
正直かなりどうでもいいので、交換する時は普通のベアリングにしちゃうと思う。




Qファクターは145.5
今となってはもうちょっと広い方が良かった。




ちなみにものはRecordのコンパクト。
いつも通りクランク長170mmの(多分)2012年モデルです。
つまり、今NXRで使ってるFULCRUMのRACING TORQ RS(RTRS)の同等品。




なんでこんなん買ったんかってーと、クランクをカンパ化したかった…と言うよりも、
RTRSのチェーンリングがそろそろ交換してもよさそうな感じだったので、
どうせならと丸ごと換えてしまえとなったため。
何気にチェーンリングって結構するじゃないですか。
アームだって痛むわけだし、それなら全交換しちゃった方がお得じゃね?と思ったわけです。




実を言えば8月には手元に届いてたんですが、何だかんだで放置。
T-PLAN直前になってようやく交換したってな感じ。
まぁ、最近シクロやMTBばっかで、あんまNXRは乗ってませんでしたからね…
つーか、機材弄りばっかで全然乗れてない。
インソールも作って頂いたんだし、もうちょい頑張らねば。

2012年11月13日(火)  Black Forest再生計画 ハンドル回り編その2


それでは前回の続きでハンドル回りその2
ハンドルは3Tでいいとして、ステムをどうするか。




もちろん3Tで揃えるつもりだけど、EASTONと3Tでは角度が違うので、
当然交換すればハンドル位置は変わる。




てなわけで、先日作成した簡易ポジションチェッカーを用い、
各ステムのハンドル位置をチェック。

左上:EASTON EA90 110mm/10度
右上:3T ARX Pro Stem 110mm/17度
左下:3T ARX Pro Stem 110mm/06度
右下:3T ARX Pro Stem 120mm/06度

MTBで水平(17度)ステムってありなん?とは思ったものの、一応入れてみた。




で、これがその結果。
え?字が汚い。
黙r(ry

今回はあくまでEA90を基準とした値を取るのが目的なので、サグは無しでやってます。
そしてEA90 110mm/10度比で見た場合の相対値は以下の通り。

3T 110mm/17度:前3mm下28mm
3T 110mm/06度:後5mm下2mm
3T 120mm/06度:前5mm上2mm

が、これは前期の通りあくまでハンドルの取り付け位置、根本の上部なわけで。
実際ハンドルを取り付けてみたら、グリップの根本位置は随分と変わり、
根本では2mm下がった3T 120mm/06度は逆に9mm高い位置に。
うーん、結局ハンドルも統一した状況でなければ意味がなかったかも。
でもまぁ、ハンドル交換後に活用はできるから、無意味では無かったはず。




ほいじゃまぁ、取りあえずステムは3Tの120mm/06度にして、ハンドル仕上げちゃいましょう。




この角度をどう持っていくかが悩みどころ




グリップはこの通り、ネジ止めできるタイプ。
これならねじれてきちゃうことはなさそうですね。




3Tロゴに柔らかい側を合わせて…




いっちょあり!
ううむ、グリップがシンプルなデザインになったこととバーエンドバーが無くなったからか、
随分とすっきりした印象だなぁ。




しっかし、120mmステムって…
とてもMTBとは思えん、ロードかよ状態。
でもまぁ、ハンドルはこの程度離れてた方が走りやすそうな気もするし、
取りあえずこれで試してみるとしましょう。

2012年11月12日(月)  本日の診断メモ


//本日の変更点

 SH-R320用新インソール
 サドル下に5mm、後ろに3mm
 クリート位置調整


ソールが薄くなったこと、そして今の体ではサドルはこの程度が適当
Qファクターは左右共に+1mm(L5mm/R3.5mm)したい
しかし既に限界(ワッシャーは選手で3.5mmが限界)に達しており、
このまま+1mm追加するのは安全上問題がある可能性が高い
軸を換える、ペダルを換える等何らかの対処が必要
実験的に+1mmした結果、明らかに脚の回りが軽くなった


…クリートの位置調整だけで、なんでこんなに変わるんだ、魔法かよってくらい変わる。
プラセボではないことは、最初スリップしていた後輪が滑らかに回るようになったことで明らか。
間違いなく回転ムラが消えている。
理解不能、とても再現できない。

2年ぶりに見て頂きましたが、やはり凄いとしか言いようがありません。
しかしQファクターの問題…どうするか。
左は+4mmの90デュラペダルでいけるけど、右が0.5mm広くなっちゃうし…
あー、毎回色々出てくるなぁ。
でも、テンション上がっていいけどねー!
何とかする、何とかするぞ!

2012年11月11日(日)  Black Forest再生計画 ハンドル回り編その1


Black Forest再生計画もこれで弄る場所は最後…かな?
ハンドル回り、いってみましょう。




元々のハンドルは620mmのスイープ5度(ライズとあるけど見た限りバックスイープのみっぽい)。




それに対し、新ハンドルは640mmのスイープ3.5度。
左右に20mm広く、1.5度小さいスイープ分遠いってことになりそう。




なんだろこの削り込み。
左右で揃ってはないっぽいけど…




特にこの570までってわけじゃないみたいです。
軽量化(カタログスペック満たすため)のためだろか?




新グリップの3T LTD MTB Handlebar Grips
これ、面白いことに片側だけ柔らかくなってます。




こんな感じで。
指側はクッション性を重視ってことでしょうか。




さて、それでは実重量チェック。
元ハンドルのCONCEPT EX HB-005はこんな感じ。




対して3T Xida Team Flat MTB Handlebar
ほぼカタログ値(163g)と非常に優秀。
超軽量ハンドルには及びませんが、HB-005比では75.5gも軽くなります。




ついでに3T Xida Pro Flat MTB Handlebar
こちらも大体カタログ値(187g)通り。
同じアルミでもHB-005より随分と軽いですね。
てかまぁ、元ハンドルが重いだけかも。




グリップとエンドキャップ




そして3T LTD MTB Handlebar Grips

お、こっちはちょっと重くなってしまったか…
ただまぁ、こっちはネジで固定できるタイプですからねぇ。
両端に金属使っていながら+7gに抑えてるんだから、悪くは無いでしょう。




ついでに110mm17度のProステムも。
まぁ、大体こんなもんだろって感じ。




そして元々付いてたバーエンドバー。
可もなく不可もなく、どちらかと言えば軽い方?




かつては必須アイテム状態だったんですが、最近のパーツやポジションが変わったことで、
無くてもいいかなーって感じに。
上りのダンシングも普通にグリップのポジションでこなせるし、ハンドルが遠く低く、
そして広くなったことで、どうも遠過ぎて使い辛くなった感じなので。
ただ、センターバーとしてはあった方が…どうしようかな。




ちなみに3Tのハンドルはフラットタイプながら軸が偏芯しており、ご覧の通り上部がフラットに近い形状になっています。
そのため下のようにセンターからまっすぐ伸びているタイプより、グリップ部は数mm高くなることに。
微ライズとでも言うべきなのか、何はともあれステム位置が同じでも注意が必要です。




アルミのProも同じく。
カーボンのTeamより大人しいっぽいものの、明らかに偏芯はしていますので、ステムの位置だけで判断するのはNGですね。

では、次回はステムの選択とハンドルの取り付けを。
…時間が足りなくてまとめ切れんかった。

2012年11月10日(土)  簡易ポジションチェッカーで測る


先日作成してた簡易ポジションチェッカー、その使用感などのまとめ。




それでは早速…と思ったら、ここの角がチェーンステーに当たる…
さすが現物合わせ主義の適当設計、穴だらけですね。




えっちらおっちら、ガリガリゴリゴリやってなんとか使えるように。
木製でよかった。




さて、それでは気を取り直していってみます。
この簡易ポジションチェッカーはあくまで簡易。
絶対値を取るのではなく、ベースとなるバイクの相対値でポジションを揃える、
もしくは近い状態にすることが目的。
そのためまずはベースとなるバイク、今回であればメインのNXRの測定を行います。

ちなみに使用している横棒はフロント9mm、リア10mm
厳密に言えばフロントが0.5mm下がった状態になってしまっていますが、
どの道水平も完全ではないので、誤差の範疇として無視します。




個人的に、最も難しいと思っているのがサドルの前後位置合わせ。
紐はフレームに邪魔され真下に落とせないし、目測じゃとてもとてもって感じじゃないですか。




しかし、こうして治具を用いればとても簡単に、しかもすばやく確認が可能。
と言うか、今までの苦労はなんだったんだって言いたくなるくらい。




そしてハンドルまでの距離の測定も容易に。
縦に長い板があるので、ほぼ水平で測定することが可能になります。




サドル角チェックには文明の利器を活用。
まぁ、単に角度計持ってないだけです。




SMPは座面が複雑な曲線を描いているため、全体と実際腰が乗る部分の両方を測定します。
私の場合、全体見ると前下がりなんですけど、ここは大体水平になってるんですよね。




では実際に測定を。
まずはクランクの中央にチェックを付け…




そこからサドルくちばし部分までの距離を確認。
ヤワだから力を入れると歪んじゃうので、そーっとそーっと。




これがNXRのサドル後退量。
約25mmと明らかな前乗り(UCI規則の50mm未満)。
さらにサドルからハンドル、ハンドル高さなどを測定、数値を取ります。




では、これを移植するべく次のフレームへ。
まずはCYCLO-5を。




これがCYCLO-5のサドル後退量。
シクロだけにリアセンターが長く、基点が随分と前になってます。




そしてサドル後退量は21mmとNXRより4mmも少なく、前に突っ込みまくり状態だったことが発覚。
てか、実は先日の撮影した頃には前出すぎだなってのは何となく体感でわかってて、
3mmほど下げてたんですけどね。
それでもまだ足りなかったみたいです。




何気にクランクセンター位置は全く同じ。
つまり、カタログに表記されてないNXRのBB下がりは65mmってことか。




高さも3mmほどup
それに合わせてサドルは前に1mm




その結果ハンドルは4mm遠くなったわけですが、面白いことに、変更前はNXRと1.5mmしか差が無かったんですよ。
体感で合わせたポジションだったんですけど、NXRそっくりの距離になってたという。
何だかんだで体に染み付いてるってことなんでしょうか。

しかし、今回サドル位置を変更したことで5.5mmも遠くなってしまったので、
このままだとハンドルが遠く感じる可能性はありそう。
この辺りは乗ってみて微調整するしかなさそうですね。




お次はBlack Forestですが、このバイクはサスがある関係で、
実際の乗車時はサグ分フロントが下がった状態になります。
今のセッティングでは17mmあり、さすがに誤差で片付けられるレベルではありません。




なので、今回は強制的に下がった状態で固定し測定を行うことにしてみました。
NXRとの比較でのベース作りですから、この方がいいかなと。




シートポストが旧いのは撮影したのが交換前だから…

まぁそれはさておき、簡易ながらもこの治具を用いることで、
以前とは比較にならないほど簡単にポジションコピーが可能となりました。
まだまだ色々と改善の余地はあるものの、これは作って大正解だったかな。




キッタネー殴り書きダナー
でも、これで各バイクの比較ができるようになったぞー。


どんなバイクでもポジションを揃えればそれでいいのかと言えば、私はそうは思いません。
サドルやペダル、シューズを揃えたとしても、例えばトップチューブ長500mmと530mmのバイク。
この差30mmをステムで合わせてポジションを揃えれば、全く同じものになるのか。
なるわけないですよね、重心だって全然変わってくるわけだし。
さらにロードとMTBなど、用途が異なれば当然ポジションだって変わってくる。
だから、何でもかんでも揃えればいいってわけじゃないと思います。

ただ、あくまで基準と言う意味では、こうして測定することには意味があるかなと。
特にサドル位置などは同じ人間が乗る以上、そこまで激変することも無いでしょうし、
「NXRよりももうちょい上げ気味にしてみるか」なんてこともできる。
また、純粋にコピーを作りたい時には大いに助けとなります。

てなわけで、一家に一台ポジションチェッカー、オススメ!
できたらアルミで作るといいと思うよ!

2012年11月09日(金)  Black Forest再生計画 サドル回り編


Black Forest再生計画もそろそろ終わりが見えてきた。
てなわけで、お次はサドルとシートポスト。
使うのはEASTONのEC70
当然オフセットゼロの2本締めです。

なぜEC90にしなかったのか?
それには複雑な事情…はなくて、単に在庫が無かったのが一番の理由。
注文したら品切れだったんで…




ただまぁ、後付だけどこれも理由になると言えばなるかも




なんでこんなに傷だらけかってーと、この通りシートチューブの内側が荒れまくってるから。
一応気付いてバリ取りはしたんですけど、気付く前にゾリゾリやっちゃって…
こういうのに遭遇してたこともあり、FOCUSの品質管理面はちょっと疑問ありかな。

んで、シートチューブがこんな状況なら、シートポストもダメになりやすいと考えるのが自然。
だから、使用するのは安物の方が良い、なんてね。




まぁそれはともかくとして、実重量チェックでも。
元々付いてたPrologoのVertigoはこんな感じ。




対してSELLE SMPのSTRATOS
これも重量級だとは思ってましたが、結構軽くなりますね。




そしてシートポスト




こちらも大幅な軽量化を達成




が、どうもこの部分が結構重い印象が。
EC90だとここもカーボンなんですけど、EC70は金属なんですよ。




何となく気になったので測ってみたら…うわ、やっぱ重い。
総重量の約24%近いとは、ちょっと気になる。




ただ、下のカーボンパーツだってこの程度はあるんですよね。
やっぱり場所が場所だけに、強度確保のため重いのも仕方ないんだろか。




こちらはEC90
全カーボンのこちらを移植すれば軽くはなる…だろうけど、精々10g20gの世界だろうし…
ここは無視しときますか。




それでは気を取り直して、サドル+シートポストの総重量比較を。
元が605.5gだったのに対し…




新パーツでは482gと、123.5gの軽量化を達成。
これだけ見たら大したことないって感じちゃうかもですけど、20%と考えると立派なもんです。




しかも、シートポストは+50mm長くなってですからね。
サドル回りは振った時も考えれば軽いに越したことは無いですし、
悪くない軽量化だと思います。




長すぎワロタ
身長…2.5mくらい?




まぁお遊びはともかくとして、これでようやくサドルのポジション出しができるようになった。
完成までもう少し、かな?

2012年11月08日(木)  Maxxis Tube


最近購入したMaxxisのチューブたち。
手前がUltralightで、あとは全てWelter Weightです。




安心のCRCクオリティー




なんでいきなりローエンドチューブなんて買い揃えてみたのかって言うと、
何気にMaxxisのチューブって、ローエンドでもスペック優秀なことに気付いたから。
これもパッケージには178gと記載されてるんですけど、本国だと161g
さすがに軽量チューブには及びませんが、各社のローエンド、
例えばPanaracerのアーバンスーパーチューブ(カタログ値240g)と比べると、圧倒的な軽さ。
これで値段も安いんですから、使わない手はないかなと思いまして。




これもパナのアーバンなら200gの太さ。
35C以上の太いタイヤ、でも高価な軽量チューブを宛がうほどじゃない、
耐久性重視の方が良いなんて場面で、かなり使えるんじゃないかなーと。




ちなみに各チューブの実測値はこんな感じ。
これは大体カタログ値(127g)通り。




こちらも(カタログ161g)




そしてこちらも(カタログ127g)

定評あるブランドですし、チューブ自体のクオリティは十分なはず。
それで低価格なローエンドでもこの軽さなら、悪くないと思いません?




何気にタイヤレバーも使いやすい。

国内であればタキザワが同等品を扱ってる(ものによってはタキザワの方が安い)ので、
無理にMaxxisで揃える必要はないかと思いますが、価格と性能のバランスが取れた、
良いチューブじゃないかと思った次第。
しばらく使って、耐久性面なども見てみるとしましょう。

2012年11月07日(水)  簡易ポジションチェッカーを作る
複数のバイクを持っている場合、ポジションをコピーし極力揃えたい、なんてことがあると思います。
例えば私の場合だと、NXRをベースに、みたいな感じで。

しかし立体であるバイクは各部の測定が中々難しく、メジャー1本あれば、とは行きません。
だからこそ、プロ用には専用機材があったりするわけですが、これがまた高価。
安いものでも10万近く、さすがに個人では使用頻度を考えると手を出し辛い。
プロのメカニックみたいに、連日のようにポジションチェックするわけじゃないですからね。

ではどうするか。
メジャーやら紐やら駆使して頑張る?
確かにそれが定番で、私も今まではそれでやってきた。
しかし、やはりこの方法では限界がある。
ホイールやタイヤの影響すら受けてしまうレベルで、手間はかかるのに精度は低いとある意味最悪。
そもそもこれで高い精度が出せるなら、専用機材の需要は無くなり、この世から消えている。

つまり、やはり何らかの機材は必要だということになる。
しかし前記の通り、既存の製品は個人で購入するには高価過ぎる。




ならば作ってしまおう、DIY的に。

部材代は2000円程度。
本来ならアルミなりで作るべきなんでしょうが、加工性と、
そもそも上手くいくかもわからないものなので、ここは木材で。




果たしてどんなものができるのか。
ろくな設計もせずダメ元で作って、使い物になるのか、それともゴミになるのか。

…ま、結論を言ってしまえば、これを書いてる時点で完成してるんですけどね。
ゴミになってりゃ、こんな記事書いてませんって。
使用感とかはまた後日。

2012年11月06日(火)  3T好きの 3T好きによる 3T好きのための その2


どんだけ3T(ry

え? 先日もやった?
ハンドルも買っただろ?




あれはPRO
これはTEAM

…要はカーボンハンドルってこと。
最初はバーエンドバーのためにアルミのつもりだったんだけど、
どうも無くても良さそうな状況になってきたので、カーボンもありかなと。
安かったからってのも(ry

まぁ、どうもロードと違って(今のところは)あんまりハンドルぐいぐいこじってないから、
あんま硬さに固執しなくても大丈夫かなぁなんて思ったってのも大きいです。
取り合えず試してみて、やっぱカーボンはぐにゃって〜となったらアルミも試してみるつもり。




なぜかグリップだけLTD
見た目重視で。

…なら、ハンドルもLTDにしとけ?
あれは軽さに振り過ぎ感があって、雑に扱うにはちょっと怖いしなぁ。
てなわけで、やっぱりあったBlack Forest再生計画、ハンドル周り編その2でした。

2012年11月05日(月)  EASTON好きの EASTON好きによる EASTON好きのための


え? 3Tじゃないのって?
はい、違います。
EASTONです。




なんでかってーと、あの3Tの固定方法が好きじゃないから!
やっぱこっちの方が良いと思うんだよね、個人的に。

てなわけで、ハンドル周りは3T
シートポストはEASTONでいってみましょー。

2012年11月04日(日)  MTBでブラブラと


今日は午後から近所の森へ。

…嘘です。
ただの家の前の広場です。
昔はこういう場所沢山あったんだけど…




おぉ、やっぱこういう路面はMTBだなぁ。
太いタイヤに低いギア比、サスがあれば鬼に金棒ですね。




ただ、舗装路で脚回すには、微妙にサドルが低い感じが。
てなわけで、5mmばかし上げてみました。




んー、XCバイクーな感じ?




しかし、とっくに限界超えてるんだよな…
あまり激しく乗るのは止めといた方が無難かな。




交換したスプロケは大体いい感じ。
最大ギアは小さくなったけど、舗装路メインならこれで十分いけるっぽい。




そしてこのタイヤ、DTHのグリップはホント凄い。
バンクさせまくってもガッツリ路面に喰い付いてくれる。
軽さじゃFURIOUS FREDなどには適わないけど、舗装路に限ればかなり良いタイヤっぽい。




利根運河を超えてー




Homacへ。
ビバホームにろくなタッチペンがなかったので、ここまで探しにきてみました。




あー、いいなーこーいう道。
そしてこの手の道でも全然okなMTBの走破性最高。




ただ荒れた路面走ると強く感じるんだけど、ロードと同じサドル位置だと重心が前過ぎて、
リアが跳ねやすくなるような。
MTBはちょい後ろ乗り気味の方が向いてる気がする…




夕日がきれいだなぁ




その後は江戸川に戻って…




土手下ったり。
斜度どんくらいだろ。




ヒャッハー! ダートだ!
てか草むらだぁ!




さすがにこんな路面じゃブロックタイヤのようにグリップはしないけど、
こーいうとこガンガン走れるのもMTBの魅力ですよね。
しかし、この手の荒れた路面だとサドルの高さが気になる…




てなわけで、元の高さに。
うん、やっぱりこの程度の方がしっくりくる。




やっぱり路面によって最適なサドル高も変わりますね。
まぁ、だからこそこうして簡単に調整できるようになってるんだろうけど。




てな感じの今日のデータ。
距離こそ短いものの、密度が高くて大いに満足。




しかし、下げた状態でも既にシートポストの上限オーバー。
やはり交換せなあかんなぁ。

2012年11月03日(土)  初多摩川


今日は昼から多摩川へ

えっ、多摩川? 江戸川じゃなくて?
うん、多摩川、マジで。




まーなんで多摩川かってーと、このCA900の出張メンテに都内まで来たら。
試走ついでに走ってみようかなと。




メンテってもまぁ、このホイール+タイヤを取り付けただけなんですけどね。
元がWH-R500だったので、結構なパワーアップになったのでは。
Open Sportは軽いリムって訳じゃない(カタログ値490g実測だともっと軽かったり)けど、
520g程度のR500よりは明らかに軽いし、タイヤもSchwalbe Marathon Racer 35Cが375g(実測353.5/373.5g)なのに対し、
Vittoria Randonneur Hyper 32Cは390g(実測372.5/390g)
チューブもMICHELIN A3 AIRSTOPが160g(実測173-174g)なのに対し、Maxxis ULTRA LIGHT TUBE UL234は100g(実測99-105g)
タイヤとチューブだけで87gも軽いし、リムまで考慮すれば100g以上の軽量化になってるはず。

さらにTPI的にも67から120、チューブも軽いだけでなく薄くなったことで柔軟性が上がり、確実にしなやかさもup!
実際、タイヤのしなやかさは指でつまめばはっきりわかるレベルで、片やカチコチ、片やグニっと柔らかな感じ。

そしてF20hラジアル、R24hクロスのR500に対し、F/R共に32hクロスの手組みは縦に柔らかく上半身の疲れを抑え、
横は強くキレのあるコーナーリングを可能とし、駆動剛性の高さから踏み込みにもしっかり応えてくれる。
ハブのスムーズさも元々品質が低い上、ゴリ付きの出ているR500とは雲泥の差だし、
テンションをきっちり調整した手組みは持ちの面でも安心。
つまり、交換前と比べて何一つ劣る要素は無いのだ!




…なんて力説したところで、このCA900ではどうなのか。
実際使ってみなけりゃわからない。
リアキャリアにバッグ、うちのバイクたちとはまるで別物なんだし。




ペダルだってフラペだしねぇ。
まぁ、ポジション出てない人のバイクでどんだけわかるんだよってのはありますが、
それでも異なるフレームよりは実際のフィーリングを掴めるでしょう。




てなわけで、走り始めたわけですが…
いきなりダートとか、実は多摩川、難易度高め?




と思ったら、すぐに舗装路が。
てか、さっきのとこも下に舗装路が併走してました。
ロード系はそっち走ってるみたい。
まぁ、ダートスキーな私としては、こっちの方が面白いんだけど。




おぉ、こういうのは江戸川とは全然違うなぁ。
初めて走るコースだから、目に入る全てが新鮮。




が、景色は良くともポジションがあってないのはどうにもならん感じなわけで。
低すぎるサドルはまるで罰ゲーム。
中腰維持してるみたいできついわ。




お、あれが有名な?多摩川の段差かな?

…と思ったけど全然大したことなかった。
タイヤが太いこともあって、この程度なら別に問題無く走れる。
ちゃんと調べてこなかったんだけど、噂の2cm近いってのは下流にしかないんだろか。




罰ゲー状態その2
ソールの柔いウォーキングシューズ。
フラペ用にちょうどいい靴がなかったからこれで来ちゃったんだけど、
ゴム板踏んでるみたいでブニブニするわ、足の裏が攣りそうになるわで辛い辛い。
やっぱりフラペ用にソールの硬い靴が必要だと痛感。
パワーロス感も半端無い。




おぉ! 土手下にもいい感じの道が。
MTBが走ってました。




こっちでも。
あれはロードかシクロっぽかったけど、楽しそうだなぁ。

てか、ぶっちゃけ上の舗装路走るより下の未舗装路走る方が楽しいんじゃ…




罰ゲー状態その3
簡易TTポジ取っても体が水平にすらならない…
ハンドルが高くて落差が無さすぎる、ってかほぼ0じゃ?
人のバイクだから弄れないけど、これもまたきつかった。

ちなみに私のNXRは落差約90mm、CYCLO-5はxxmm、Black Forestは現時点で38mmです。
一見、MTBは落差が無いかのように見えるんですが、乗車時はサスが沈む分だけフロントが下がるんです。
なので、無負荷で0でも最低サグ分は落差が生じるわけです。
しかしサグって調整次第で変動するし、それ考えるとMTBのポジション出しって結構複雑なのかもですね。




どんどん上流ーって感じの雰囲気に。
都内でもこんな景色を味わえるとは。
なんだか不思議。




と思ったら、いきなり森の入り口みたいなところに。
当然未舗装です。




グネグネ曲がって見通しが利かず、MTBのコースかよ状態。
面白いけど、これ雨の日とかどーなっちゃうの?
細身のスリックじゃ即死しそうな気がするんだけど…




この落ちたら下までゴロゴロ感が田舎っぽくていい感じ。
しかし、やっぱり都内を流れている川ってことなのか、
こうして周囲に木々や塀、人口建造物が近いですね、多摩川は。




あー、そうそう群馬にもこんな感じのとこあるなー




てな感じで途中道に迷ったりしつつ、なんとか目的地に到達




多摩リバー0km地点、羽村取水堰です。
何だかんだで1時間半近くもかかっちゃいました。




うおー、いいなーこの感じー




こんなに川に近づいたのは久々かも




防水デジカメであることを生かして水中に入れてみたり。
さすがに水が冷たい。
てか、うっかりグローブ濡らしてもーた。




しかし、これが都内の景色とは。
まるでどこかの地方に遊びにきたかのよう。
東京だってまだまだ自然があるんですねぇ。




多摩川はまだ続いてるので、上ろうと思えばまだまだ登れる模様。
このまま山まで走って行ったら楽しそう。




とは言えさすがに時間が厳しいので、今日はここまでです。




ポジションが合ってないその他、厳しい面は多かったものの、さすがはANCHOR?
良い感じに走ってくれますね、このCA900は。
十分良いバイクなんじゃないでしょうか。




そんな感じで休憩後、復路へと。
夕日がきれいだー。




道に迷わなかった+途中ロードのペースに合わせたこともあり、
往路よりも大幅に時間が短縮できました。




完全に日が落ち切る前に戻ってこれてよかったー。




そして家まで戻ってこんな感じに。
あと10卅っとけば100劼世辰燭里…
ちょっと惜しいことしたかも。


こんな感じで走ってみた多摩川ですが、個人的な印象を述べると、
やっぱり江戸川上流や利根川に比べると狭く、圧倒的に人が多いですね。
路面の広さ自体が狭いわけじゃないんだけど、土手の上に隔離されたように存在する江戸川利根川に対し、
すぐ傍に塀や木々がある場所が多く、いつ人が出てくるかわからない上、
常に視界に人が見えるほどの人口密度で、まるで歩道を走っているような感覚。
見通しが利かない場所も少なくないことから、これはのんびりサイクリングにはいいだろうけど、
強度上げた状態を維持するトレーニング的な走り方は無理があるんじゃ、って感じ。
正直なところ、過去に事故が多発ってのも何となく納得できちゃいました。

ただ、周囲に自分よりも背の高い何かある区間が多いため、風の影響は受け辛いようで、
江戸川利根川名物常時向かい風のようなことにはあまりなさそうな印象。
つまり楽に走れるわけで、のんびりサイクリングには最適、って感じもします。
個人的には誰もいない江戸川利根川を一人走る方が性に合ってるとは思うけど、
たまにはこういうとこでのんびりサイクリングもいいかな。

てなわけで、また機会があればお邪魔したいですね。
次はもっと上流目指してみたいなぁ。

2012年11月02日(金)  夜練


色々具合を試すため、ちょっくら夜練に




今回はポジション関連を見たかったため、ホイールとタイヤは戻してたんだけど…
やっぱ、このホイールでもやばいくらいにダンシングで上れるようになってる。
以前だとすぐ手がバーエンドバーに逃げちゃってたのが、普通にグリップ握ったまま軽くいける。




これはクランクのQファクターが狭まったことと




何より、ハンドルが遠く低くなったことで腰上げた時の重心が以前よりも前に移動し、
良い感じにペダルに体重乗せられるようになったのが原因っぽい。
てか、今までは後ろ過ぎだったんだな…
まぁ、この感じはクランクのカーボン化も多少は関係あるのかも。




てな感じで調子に乗って縁石乗り越えたりしてたら、クランクアームをガリッとやってもーた。
あ、アホだ…




てかまぁ、こんな時間に外走ってんなって感じですね、我ながら。




うぅ…これも名誉の負傷?
ナイテナンカナイゾ
適当なタッチペン買ってくるか…




それはそーと、よーやくこっちも届きました。
ギリ間に合ってよかった。




てか、ヤバイくらいに軽いねこれ!
いくらクリート無しとは言え、うちのR315とはまるで別物。
あまりの軽さに爆笑しちゃいましたよ。




ソールも薄くなったりと色々改良されてるそうだし、こりゃ仕上がりが楽しみだー。

2012年11月01日(木)  新CG
ナナオ、2,560×1,440ドット表示対応27型「ColorEdge」2モデル

パネル次第だが…どーだろなこれは、確認してないけどビミョーな気がする。
てか、LCD-PA241Wの後継はまだですか、NECさん。

2005年10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 
2016年09月 

  検索キーワード  
top