Note

全て saga audio photo bicycle cat 雑記
2012年08月31日(金)  New Wheel Hanger


この前ホームセンターで買っておいた部材をごそごそ




200mmのSフックに




耐油チューブ




それをこんな感じに被せて




新しいホイールハンガーの出来上がり!
以前はもっと小さなSフックと紐を組み合わせてたんだけど(奥のやつね)、
これなら直で引っ掛けられるから超楽々。
サクっとホイールを交換できるようになりました。

いやー、最近だと大きなSフックも安くて良いですね。
これは1個140円だったかな?
チューブも10cm15円とかその程度だから、1個辺り160円程度で済んじゃう。
以前だと高いステンレスのか自転車用品しか見つけられなかったから、ホント大助かりです。
よーし、これで面倒だからってホイール床に散らかさずに済むぞー。

2012年08月30日(木)  Photoshop CS6 update


おぉ、ちょっと気になってた切り抜きやテキスト関係もFix入ったかぁ。
これでより快適に作業ができそう。

2012年08月29日(水)  Firefox 15
「Firefox 15」が正式公開、メモリ管理が改善されアドオンからのメモリリークが解消

よーやくアドオン関連の修正版が登場。
Waterfoxはまだみたい。

2012年08月28日(火)  Team STRATOS


CYCLO-5に使ってるSELLE SMPのSTRATOS
これはかつてMAMAYAMAに使っていたもののお下がりで、我が家の初代STRATOS
つまり、4年も前に購入したものです。




さすがに使い込んでいる上に数々の落車でボロボロ。
それでも何とかローラー用や散歩用なら…と騙し騙し使い続けていましたが、
いい加減限界が来たらしく、走っているとギシギシ鳴るように。
土台自体が逝っちゃったのかも…




ってことで、新しいものを手配してみたり




ものはもちろん、SELLE SMPのSTRATOSです!

…「まるで成長していない…」とか突っ込み不可ね。
いーじゃんSTRATOS、気に入ってんだもん。

ただ、これはCYCLO-5じゃなくNXR INSTINCT用。
さすがに散歩用には勿体無いので、メインのNXRを新しくして、お古をCYCLO-5に回すつもり。




しかし、微妙にデザイン変えてきてますねぇ。
くちばしロゴ?は去年辺りから?




ちなみにうちの初代




二代目




そしてNXRの三代目
SMPロゴのフォントも微妙に変わってる




そういや三代目からこんなのも付き始めたんだっけ




おぉ、四代目はくちばし側にも…




そんなデザインを進化?させるのはいいけど、この重量は…
正直、結構な重量級サドルですよねこれ。




こーんなエンブレムやら入れてる場合なのかと。
カーボンレールのモデルも出たみたいだけど、それでも200gらしい。
まー、SMPに軽さ求めてもしゃーないと言われればそれまでか。




Team SMP STRATOS

そして四代目を加えれば、全てのバイクのサドルがSTRATOSに…




あ! ここに裏切り者(物)が!
いやまぁ、さすがにこれはこのままでいいか…

3TにEASTON、そしてこのSMP STRATOSと、何かと統一しがちな感が。
まー、同じ人間が選んでる以上、似通ってくるのはお約束っちゃお約束かもだけど、
全部同じじゃ複数ある意味がなくなっちゃう(ただの予備化)から、そこは考慮しなきゃなー。

2012年08月27日(月)  なんて皮肉
ソニー、ポータブルヘッドフォンアンプ市場参入
−iPodデジタル接続/PC対応の「PHA-1」

今のSONYがまさかのポタアン参入、ってのはもちろん驚いたんだけど、それよりも
ウォークマンとの接続も可能。iPodとは異なり、ウォークマンのWM-PORTからはデジタル出力ができないため、アナログ接続となる。
ってのがなんとも…ある意味SONYらしい?
著作権保護だとか錦の旗振りかざして、結局は自滅する。
らしいっちゃらしいか。

2012年08月26日(日)  八坂様へお参りに


今日は午後から江戸川へ




おー、ボートやってる




最近すっかりメイン化しつつあるCYCLO-5
別にこいつでロングやろうって思ってるわけじゃないんだけど、
色々試したいことがあり、その結果こればっか乗ってるというか…
まぁそんな感じに。




例えば今回はこれとか。
「ホイールのテストならNXRでいいじゃん」ってのも確かにその通りではあるものの、
調整前に試したのもCYCLO-5だったしね。
やっぱり同じバイク、同じタイヤ同じ空気圧で同じコース走った方がよくわかるし、
そもそもCYCLO-5自体を見るってのも兼ねてるもんですから。

てなわけで、やっぱしばらくはCYCLO-5ばっかになりそう。




発想を変えて、グローブごと手首をカバーしてみた。
これは悪くは無かった…けど、やっぱりずれてくるなぁ。




良い天気だー




気温も良い感じだー
湿度低いからなんとかなってるけど、やっぱあついー




それはともかく、テンション上げたホイールはやっぱりGood
路面のトレース感が段違いで、フィーリングが引き締まる。
ダンシングした時のしっかり感もいい。

そして何より違うのがコーナーリング時の接地感。
テンションゆるゆるだとスーっと接地感が希薄になってメチャ怖い。
最初、フロントのグリップ失ったのかと本気でビビって「うわっ」とか声出ちゃったくらい。
それが随分と改善され、安心して車体を倒せるようになった。

さすがに低価格で軽量(カタログ値410g)なこともあってか、
常用していたOPEN PROの前輪よりはキレが無いように感じるものの(剛性の差?)、
それでもこれなら十分使えるし、何より怖くないのがいい。
剛性が上がった分、縦の硬さも出て乗り心地だけ見れば元より悪くなっちゃったけど、
走ってて怖いんじゃ、そもそもホイールとしてダメだと思うし。




そしてリアのかかりも随分と改善され、踏んだ時の反応が良い感じ。
以前は粘土でも踏んでんのかっ!ってくらい鈍かったからなぁ。
平地巡航ならともかく、上りになったらホント重くてダメダメだった。
それが前後ともしっかりしたことで、シャッキリと上れるように。
うーん、良い感じだー。

個人的に、後輪はもうちょい反応良くしたいなーって思うんだけど、
リムがヤワそうだからこれ以上のテンションは厳しかったりするかなぁ?




そんな感じで気持ち良く江戸川を流す。
うーん、空がきれいだー。




アルミクランクの感覚も掴めつつあるかな?
どうもカーボンの感覚で踏んじゃってダメージ受けがちだったけど、
大体良い感じに回せるようになりつつあるような。




カンチブレーキと青空

やはりBR-CX70はBR-R550よりシルエットが素敵。




気温はさらに上昇…
あぢーよあぢー




さすがにこの暑さもあってなのか、天気が良い割にはサイクリストが少ないような…




こちらも無理せずってことで、栗橋の八坂様でストップ




今日はここにお参りするのが目的。
最近また走るようになりましたからね、安全をお祈りしておこうかと。




永遠の定番? 105

地味に56世代から進化してる模様。
ただ、やはり仕上げはアルテよりも簡略化してあるみたいです。
これはバラした時感じました。




今回は良い感じだったスポークテンションのアップ。
しかし、結局はリム次第で適切なテンションがあるらしく、
ただ闇雲に上げれば良い訳ではない模様。
上げ過ぎても進まないホイールが出来たりするらしいです。
こういうのは難しいですね。
やっぱりこういうのは相当経験積んだプロとかじゃないと無理かも。

取り合えずやるだけなら素人でもできるけど、極めようとすれば難しい。
どんな分野でも同じか。




その後は栗橋をだらーっと流して復路へ




ちなみに今日からカメラが新しくなってたり。
色味で気付いた人は凄い!
デザインダサダサだけど、画質はまぁ悪くない…かな?




後半はもうタレタレ。
なんかもー、全然ダメだわー。




しかし、そんな低速でも悪くないのがこのフレームの良いところ。
重いからなんだろか、低速でもじわーっと走るし、高速も高速で悪くない。
うん、良い感じ。




明るい内に江戸川戻ってこれるって素敵




…傾いてる?
傾いて…る?

き、気になり出したら止まらなくなった…




今日の人間日時計は江戸川より
ここまできてもまだ明るいZO!




あー、昨日の花火大会の設備かー
色々残ってるなー




やっぱりあぢい!

ここで頭から水かぶりまくって冷却。
これで結構回復した感あったから、熱でやられてたんだろか。




うーむ、ここに止まるのも久し振り。
ゆっくりするには良いとこですよね、ここ。




その後は小金に寄ってから、夕暮れ時の裏道をヒャッハー




んで、今日はこんな感じ。
まー100kmいかなかったけど、いいかー。
そうやって自分追い込むのはもう止めたしね。




凄い良いものではないけれど、価格からすれば十分っぽい感じのX-KEYMET(KINLIN) XR-19W
アイレット(はとめ)付きの割には軽いし、幅があるから太いタイヤも使いやすい。
つまり、スペック的には街乗りお遊びシクロに最適なんです。

あとはどの程度持つか次第ではあるものの、街乗り用途なら大した距離乗らないから、
それなりには持ってくるんじゃないかと期待。




そしてお次は…やっぱクランク?
どれ使おうかなぁ。

2012年08月25日(土)  花火大会


今日は第36回流山花火大会。
てなわけで、久し振りに見に行ってみました。




うーむ、手持ちでは厳しい…












江戸川まで見に行ったのは何年ぶりだろう。
一応家のベランダからも見えはするんですが、やっぱり近場で見ると迫力が段違い。
最近は忙しいばかりでこういうのじっくり見る機会を無くしつつあるけど、
こういったゆとりも大事なのは間違いないですよね…ゆとり教育はいらんけど。




その後買い物やらなにやら走り回ってたら、いつの間にかこんな時間に。
ブエルタが始まってしまう…




昼? 昼は…
ホイールと格闘してたら終わってました。
まーその甲斐あって、結構走れるホイールになった…かな?
やっぱり手組もある程度はカッチリしてないとね。
明日はこれでいつものコースを走ってみるかなぁ。

2012年08月24日(金)  コラムカットでスッキリと


珍しくまともな時間に帰宅できたので、長過ぎ状態なCYCLO-5のコラムカットをやっちゃうことに。
まずは印をつけてから…




フォークを抜いて




まずはスターファングルナットの移動から。
自作の治具を使ってより下へ。




うん、こんなもんかな




そして金ノコでカットを。
前回適当にやったら修正が面倒だったので、今回はきちんとガイドを装着。




エッジの処理は…この程度でいいか




たったこれだけで15g
やっぱり鉄は重い…
コラムだけカーボン化したクロモリフォークがあるのも納得。




トップキャップはDedaに




ヘッドパーツTANGEなのになんでだよ、Dedaっ子かお前はと突っ込まれそうですが、
まー安かったし(またこれか)何となく?
TANGEのってなーんか野暮ったいじゃん?




てか、TANGEのに比べて盛り上がりが少ないから、こっちの方がスッキリするのも良いし。
まぁ理想は3Tのなんだけど、カーボンタイプしかないっぽいし、
手に入れるのちょっと大変そうだしね。




うぉーし、これで首長ー感が解消されかなーりスッキリしたぞー。
Dedaのキャップも地味過ぎず、派手過ぎず、個人的には良い感じ。
取り合えず、しばらくはこれでいいかなー。

2012年08月23日(木)  K-5…ではない
ペンタックス、一眼レフ風デザインの26倍ズーム機「PENTAX X-5」

K-5がディスコンになったと思ったら…
しかし、K-5の後継はフォトキナで発表されるんだろか。

2012年08月22日(水)  Simple is Best
無印良品、シンプルなデザインの6kg全自動洗濯機
〜化繊衣類の部屋干し時間を短縮する風乾燥機能装備

この洗濯機の良し悪しはともかくとして、日本の家電の悪いところに、
ユーザの都合より営業上の都合(セールスポイント)が優先された結果、
なんでもかんでもブチ込んで多機能化しちゃうってがありますよね。
うちのレンジや洗濯機、炊飯器にも使ったことの無い機能が満載です。

なんて言うか…
こういうのはバブル時代ならともかく、それ以降の時代には合ってないんじゃないかと。
この製品みたいにもっとシンプルで、基本を大切にした製品が増えて欲しいなぁなんて、
そんなこと思っちゃいました。

2012年08月21日(火)  まさかの寒さ


実は先週の土曜、久し振りに利根川まで行ってきたんですが…




暑さはまぁ、なんとかなったものの




復路で通り雨を喰らい




その後まさかの22度台突入。
時期的にもう大丈夫だろうと油断し、ベストも持たずにきたもんだから、
ガッツリやられて脚全然回らんよーになってしもーた。
マジで死ぬかと。




灯篭流し

この辺りは気温が戻り(24度程度)、体の方もなんとか復活。
いやー、夏場だからと油断しちゃダメですね。




まーそれだけでなく、1ヶ月以上この距離走ってなかったってのもあるだろうけど。
やっぱ走り続けて無いとすぐダメになるなぁ。




実は今回、新しいホイールも試してたんだけど…
こいつはあかん、要調整。
テンションマシマシで。

2012年08月20日(月)  地味に痛い
PS/PLAZAが若松通商に統合、ThinkPadの取り扱いも終了

マジで。
以前はThinkPad関連のパーツ見に行ったものだけど…ここも無くなっちゃうのか。
はあー…
ホント、変わって行っちゃうなぁ…

2012年08月19日(日)  新城選手が総合優勝!
ツール・ド・リムザン2012
日本人初の超級カテゴリーレース制覇  リムザン総合優勝を果たした新城幸也

おおおおっ!!
凄い!!
うおー、優勝の瞬間を見たかったー!

何はともあれ、おめでとうございます!!

2012年08月18日(土)  CYCLO-5 10速化計画 その3


それじゃー組み上がったところで、実走といってみましょー




あまり良い印象の無かった現世代のSTI、実際に試してどうだったかと言いますと…




これが意外に悪くない。
確かに78に比べると全然太くて最初は「うわぁ」ってなったものの、慣れてくるとこれはこれでって感じに。
確かに手を置く系の乗り方するにも悪くない感じ。
それと根元の太さがあって手への密着度が上がるからか、ハンドルが軽くなったような印象も。
それとこのタイプになってハンドル周りが軽くなった、振りが軽くなったってレポがあるけど、
それってこの太さが原因じゃないのかなって思いました。
同じ重さなら、太い方が軽く感じるのは道理だし。




やっぱりシムは無用だった模様。
下ハン時も余裕で指がかかります。
でも、標準で添付されてるのは手の小さい人には嬉しい配慮かも。




そして重い重い言われるシフトワイヤーの引きですが、意外にダウン(巻き上げ)は悪くない。
確かに78デュラよりは重いけども、こんなもんでは?ってくらい。
むしろ気になったのは、シフトアップ時のストロークの長さ。
なんかやけに押し込まないと変速しない感じで、最初何度も押し込み不足で空打ちしちゃいました。
個人的にはダウンなんて握力次第でどうとでもなるから、ある意味どうでもいいんだけど、
スパっとアップできないのは正直やな感じ。

ただこれ、ひょっとするとデュラとアルテだからって面もあるかもです。
以前66アルテのSTI触らせて貰った時も、デュラに比べるとネバネバって感じだったし。
デュラは「カチカチッ」って金属ーな感じだけど、それ以外は「グニグニッ」って感じで、
樹脂ーって感じなのは今も変わってないのかなぁと。
ストロークが長いと感じるのも、この樹脂の粘りっぽい感触がもたらしてる、のかもです。

まぁ、単純に現世代はストローク長いのかもですけどね。
どっかのショップBlogで比較してたような気がするけど…どこだったっけ。
90デュラではリリースレバーのストロークを-30%したらしいし、
アルテも次世代ではもっとサクサク変速できるようになってるかも。
ただ、そうなると11速化が(ry




まぁとにかく、リアに関してはフツーフツーな感じ?
シマノのロードコンポらしいきれいな変速で、MTBのRD積んでた時よりは全然良いです。




むしろ驚いたのはフロントの変速性能!
クランクを67アルテにしたわけじゃないのに、ホントスパッと決まる…




いやー、これは凄いです。
今の世代はフロント変速が凄いとは聞いていましたが、まさかここまでとは。
明らかにうちのアルテSLよりもギアの上がり(シフトアップ)が良い…
最初「えっ?」とか思っちゃったくらい。
これでクランクも67にしたらどこまでいくのか。
一度経験してみたいかも。




ブレーキは…
うん、無理矢理船取り付けてた状態よりはしっかりしてて安心できる。
ただ、このシューはちょっと…どうだろう。




あー、ここのお店、まだやってるんだなぁ




まぁそれはさておき、やっぱりこのシュー、私には合わないかも。
マッドコンディションでの使用を想定してのR55C+1なのかもしれませんが、
普通にロード代わりとして使うにはR55C3の方が良さそう。




輪工房でワイヤーをゲット




その後は江戸川でヒャッホーしながら走り心地をチェック




空がきれいだー




確かにハンドルは高い。
ロードのポジションに比べて、空気抵抗を感じる。

が、それなら下ハン取りゃいいんじゃね?ってことに今更気付きました。
いやー、いっつも上ばっか使っているからか、中々下も多用すりゃいいって発想に行き着かなかった。
てなわけで、ハンドルはこれ以上下げなくていいかな。




利根運河




んで、今日はこんな感じ。
試走としては十分かな。




何だかんだで馴染んでしまいつつある67のSTI
結局はただの食わず嫌いだったのか…




取り合えずコンポ関連の不安は払拭されたCYCLO-5
後はクランクとバーテープ…かな?

2012年08月17日(金)  CYCLO-5 10速化計画 その2


それじゃ前回の続き。
戻ってきたところでバイクをワークスタンドに設置。
ここからはディレイラー周りの作業に移ります。




まずは既存FD/RDの取り外しから




XTのRD
作った当時、大きなスプロケを入れたかったから、MTBのRDを使ったんです。
懐かしいなぁ…




しかし、MTBも所有している今となっては無用の長物。
ここは普通にロード用に交換します。




使うのはFD-6700にRD-6700
どちらも後から出てきたグロッシーグレーのもの。




67発売後、しばらくしてから追加されたこのカラー。
ノーマルカラーは色々言われたことに対する応えなのか、それとも単に黒系の需要に応えてなのか…
正直、シマノはデザイナーどうにかした方がいいんじゃないかと思う。




そしてこちらも重量チェック。
まずはRD-M772(だったかな確か)と




FD-5600




そして今回交換するRD-6700
224.5gから191gと、33.5gの軽量化。
さすがにMTB用とロード用、しかもロングゲージよりは随分と軽くなりますね。




しかしFD-6700は…
まぁ、誤差の範疇かな。




では重量チェックも終わったところで組み付けを。
まずはFDを取り付けて…



お次はRDを。
おー、MTB用ロングゲージからだと随分とすっきりする感じ。




そしてRDに伸びるアウターですが、こちらはSTIに標準添付されている30僂里發痢
しかしこの長さ、実は短くてあまりよろしくないとか。
確かに以前のメンテ時も感じましたが、ここってRきつくてかなりの抵抗になってるんですよね。




てなわけで、少し長めに作り直し。
先日アウターを買ってたのはこのためです。




そして取り付けーっと。
確かに抵抗は減った…ような気がする。




お次はスプロケの交換を。
交換前はCS-HG50-9の14-25
18Tが欲しくて購入したものですが、正直トップ14Tでは厳しい面も。




そしてこちらはCS-6600の13-25
おぉ、これはむしろ重くなった…

まぁ、これは仮に付けたものですからね。
私の常用している12-23はもうちょい軽いです。




チェーンはCN-7901
CN-6701は何か評判よくないっぽいので、結局デュラで統一。
重量は…量り忘れ。

ちなみにアウター側が6701と同じ形状に変更されてました。
むむむ、チェーンはNXRよりいいものになっちゃったかも。




トーイン調整中…
このツールばビミョーに使い辛くて、結局やり直しになることが多いような。




よーし、ワイヤー張って初期伸び取るぞー




そして完成!

…ただしクランクとバーテープは除く!

しかし、細見のフレームでありながら力強い28Cのタイヤが中々いい感じじゃ!?
そして重量は…!




…170gしか軽くなってねぇぇぇぇ!!!!
スプロケを常用12-23にしたとしても200g程度…
まー、コンポで軽量化なんてこんなもんか。




まぁでも、重くなったならともかく、軽くなったんだから良しとしますか。
ここまで作業時間は10時間程度。
早速試してみたいところだけど、そろそろ空が明るくなりそうなので、
いい加減寝るとします。
うし! 一眠りして明日(今日)は実走だ!

2012年08月16日(木)  CYCLO-5 10速化計画 その1


それじゃあCYCLO-5を10速化しますか!
ってことで、まずは作業前の重量チェックから。

ツール類を抜いてもこの重さ…
コンポ交換で何とか10kg切れないかなぁ。




では実作業に入りましょう。
最初はワイヤー類の交換から。
撮影するの忘れちゃいましたけど、きちんと末端はヤスリをかけて処理します。




そしてワイヤー類の準備ができたところで、STIの交換に。
今回は67アルテをメインに組むことにしましたから、当然STIはST-6700




せっかくなので、交換前にST-4500の重量チェックとか。
501gと重量自体はそれほどでもないものの、手にすると結構ズッシリ感がありま
すね。




そしてこちらはST-6700(シム付き)
443.5gとST-4500比で57.5gも軽くなりました。
さすがはULTEGRA、TIAGRAよりは随分と軽く仕上がってますねー。




デフォルトで10mmのシムがついてますけど、身長の割に手の大きい私には不要かな




このボトルの位置、ビミョーに位置調整がし辛い…




ワイヤーはカバーを外したところに。
理には適ってる?




上下位置に四苦八苦しながら取り付け完了。
うーん、こんなもんかなぁ…
この形状のSTI初めてだから、どう調整すればいいのかよーわからん。
まぁ、後は乗ってみて判断しよう。




お次はブレーキ。
ロードのシューが使えるBR-CX70
これを使いたいと思ったのが、今回の10速化の切っ掛けでした。




標準で装備されてるシューはR55C+1
C2C3は使ったことあるけど、無印は初めて。
どんな感じなんだろ。




では、こちらも重量チェックを。
まずは交換前のBR-R550




そしてBR-CX70
353.5gから299.5gと、54g軽くなりました。
これも105グレードからアルテなので、順当な感じかな?




リアブレーキワイヤーは剥き出しだとフレームばしばしやっちゃいそうなので…




チューブライナーでカバー
ライナー自体は接触しちゃうけど、まぁこれで十分でしょう。




よーし、ブレーキも取り付け完了ー




おぉ、こんなところに。
ちょっと主張してみた、みたいな?




ワイヤーの初期伸びを取るべく、取りあえずこんな感じにして一旦食事休憩。
戻ってきた時にはある程度伸びてるでしょ。

てな感じでまずはここまで。
次はドライブトレインだなー。

2012年08月15日(水)  やっと660Tiか
新型ビデオカードの夜間販売が16日に実施、22時から
実施は3店舗、特価セールも

よーやく出るのか。
しかし、ホントに298ならCPが…となっちゃいそう。

まぁ、私はこの時間も仕事してるの確定なんですけどねハハハ…

2012年08月14日(火)  やっぱりカンパは


クランクが素敵




スパイダーの形状はもちろん、このチェーンリングのカラーなんてもう最高。
それに比べてFULCRUMのRACING TORQなんて…
ハイエンドのRSSだけは同等の処理だけど、RS以下なんて超安っぽい塗装。
ロゴもカンパの方が落ち着いてて全然良いですよねぇ。

シマノ?
シマノは…変速性能と剛性は最強!




って、先日全てのバイクを10速化し云々言っといてなんだこりゃって言われそうですが、
別に突然カンパのコンポ使おうってなったわけじゃありません。
単にクランクだけ欲しかっただけです、安かったし(またこれか)。




てか、これってウルトラトルクのクランクだから、うちのRACING TORQとBBの互換性あるんですよ。
だからそのまま乗せ換えてもいいし、他のバイクに使ってもいいしと無駄にはなりませんから。
下手にチェーンリングだけ交換するより、丸ごと交換しちゃった方がCP的にも良かったりしますからね。

しかし、最近はパワートルクのクランクが増えてきて…
ってわけで、安くなってたし、手に入る内にゲットしとこうと思いまして。




Qファクターもそのまんま。
なので、そのまま交換okです。




ちなみにものはChorusのコンパクトでクランク長は170mm
恐らく2009か2010年モデルかな?
仕舞いこまれてたのか展示されてたのか、箱の一部に埃が溜まってました。




純カンパコンポを買ったのはBB30用カップ以来だろうか…
さーて、これはどれに使おうかなぁ。

2012年08月13日(月)  ニキシー管ファンコン
ニキシー管を使ったファンコントローラが発売
レトロな外見

Cool!
でも、これ自体の発熱が…
それに、寿命がなぁ。

なーんて突っ込むのは野暮と言うもの。
デスクトップ用にキューブPC組んで、冬場に手元に置いて使ったら素敵。

2012年08月12日(日)  全10速化計画
所有するロード2台、NXR INSTINCTとMAMAYAMAはシマノ10速コンポ。
それに対し、CYCLO-5は9速コンポ。
これは作った当時はMTBが10速化しておらず、そのスプロケを使いたかったために、
あえて9速を選んだことが原因です。

しかし最近になってCYCLO-5を街乗りロード扱いするようになり、
ロードのホイールを履くことが多くなってきたわけですが、
スプロケに互換性が無いことから、毎回付け替え作業が発生。
これが実に面倒で、何とかしたくなってきました。


が、正直現行世代のSTIはあまり好みではなく、未だ78を愛用している身としては、
改良されたらしい次世代を待ちたいという思いが。
だがしかし、次世代は恐らく11速化が進んでしまうため、再び互換性が無くなってしまう…




などとあれこれ悩んだ末、こうすることに決めました。
全てのバイク(ただしMTBは除く)を10速化し、どのホイールでもそのまま交換できるようにする。
そうすることで、好きな時に、好きなバイクに好きなホイールを履かせて走りに出ることができる。
そのために次世代11速コンポは見送り、当面10速で行く予定。

ま、別にレースやってるわけじゃないですしね。
11速じゃないと走れない、なんてこともないし…
とりあえず、スプロケはもうちょい確保しといた方がいいかな?

2012年08月11日(土)  Surly Cross-Check fork


そいじゃあ工具も揃ったところで、先日のフォークを取り付けちゃうとしましょう。




まずはクラウンレースの圧入から。
グリスのせいでえらいきったなく見えるなぁ。




この段階で重量チェックとか。
まずはVIVAのクロスフロントフォークから。

まー、鉄フォークはこんなもん、って感じ?
大抵1kgはあるみたいですねー。




次がEASTONのEC90X

さすがはフルカーボン、シクロ用でも500g
重量だけ見りゃカーボンが最強ってのも納得です。




そして今回のフォークは…
まー、VIVAよりはちょっと軽いけど、似たようなもんか。
スターファングルナット無しでこれだし。




カットしたコラムだけで100gも。
やっぱり鉄は重いんだなぁ。




ま、それは承知の上ですから。
さっさと組み付けちゃいましょう。




スターファングルナットはネジを使ってねじねじと




そしてブレーキを取り付け、ハンドルを戻して…完成!




今更ですが、ものはSurlyのCross-Check forkです。
価格、そして見た目!で選んでみました。

「もうCross-Check買っちゃえよ」との突っ込みを受けそうだけど気にしない!
定評あるCross-Checkのフォークだし、悪いものってこともないでしょう。




おぉー、細身な上に黒いから、随分とフロント側が締まって見えるようになったなぁ。
まー、フレームが白だから、ちょっと締まりすぎな感もあるけど。




そしてこの肩(クラウン)付きなところが最高!
なで肩でろーんと違って、これあると引き締まってスマートですよねー。




まぁリアがこれじゃあ、竜頭蛇尾な感ありだけど…

もうMTBスプロケ使うことは無いし、これも何とかするつもり。
変速性能とか、やっぱりロード用の方が良いですからね。




Cool!!
いいよいいよー!




見た目はともかく、実際走ってみないとどんなもんかはわからんし、ってことで走ってみる。

走り出して感じたのは、このフォークの硬さ。
近所をグルグル回った時のコーナーの切れ、そしてハードブレーキング時のガッチリ感が随分と違う。
最初、「あれ?ヘッド周りが硬い?」って感じたのは、どうやらフォークの剛性が上がったからみたい。

そして当然、剛性が上がればその分手に伝わってくる感触も硬くなる。
同じ装備でもVIVAのようにぼよよんとはならず、ロードインフォメーションが伝わってくるように。
ルーズな感じは随分と薄れる印象です。
むむむ、これは…




相変わらずの暑さ




そして利根運河へ




VIVAに比べてガツンとくる感じのCross-Check fork
外観的にも寸法的にも細身でありながら、こちらの方が剛性が高いらしい。
よりキレのあるロード的な走りにはなるが、タラタラ流すようとなると…どうだろう。




タイヤの空気圧は今回も5.8barほどに設定。
なので、空気圧による差はほとんどないはず。




そして毎度おなじみの区間を走ると、明らかにここでも感触が異なる




片手を離した時の安定感、ルーズさが明らかに薄れてる。
さすがにピーキーなんてことは全く無いけど、VIVAのママチャリみたいな状況とは大きく異なる。
むむむ…




その後はもう少し江戸川を流して、ホーマックに立ち寄ったりしてから帰宅




まぁちょうどいいくらいかな




うーん、フォーク以外は同じはずだから……あーそうか、フォークの肩下が縮まったことで、
フロント側が3mmほど下がってるんだった。
つまり、より前加重になってるわけで、その分ハンドルからの振動の影響を受けるようになってる。
これも考慮しとかないと…ってことで、このあとハンドル3mm上げて試走してみましたが、
基本的に印象は変わりませんでした。




フォークでバイクが変わる。
話には聞いていましたけれど、まさかこれほどとは。
これでまた構成とか考え直さないといけなくなったかも。

てか、気分で使い分けるとかもあり…なのか?
でも面倒すぎるかなぁ。

2012年08月10日(金)  PTFEシフトワイヤー


シマノのシフトワイヤーセット。
店頭で買うならこっちの方が安いっぽいので、バラじゃなくセットを購入。




79世代から採用されたPTFEワイヤー。
MTB用じゃ以前から黒いのありましたけど、耐久性とか改善されてるのかな?




ただ、今回はアウターのついでに買ったというのが正直なところ。
これでRDに接続されてるアウターを長くする予定。
作業は…また明日以降で。

2012年08月09日(木)  脱・デジタルアンプ?
オンキヨー、DIDRC回路搭載で54,600円のプリメイン
−24bit/192kHz DAC採用のスタンダード機「A-9050」

かつてはONKYOに期待してたんだけどなぁ。
いつも思いますけど、伸びないですよね、ONKYOって。
PCオーディオやDAC、SPなんかもそうだし…
まぁ、だからこそあの位置に存在するのかもしれませんが。

かつてONKYOが強かった市場に、LUXMANのようなブランドすら降りてきた今、
既に過去のものとなりつつある感も。
今となっては数少ない国産ブランドなんだし、頑張っては欲しいんだけどなぁ。

2012年08月08日(水)  ものはあるのだ ものは


球押しやらコーンレンチやら




新しい携帯ポンプやら、ものはあるのだ、ものは。
しかし、作業をする時間が…
誰か私の代わりに仕事を(ry

2012年08月07日(火)  再びちらつきが問題になるとは
ナナオ、ちらつきを低減したスタンダード液晶5機種

CRTの終焉と共に消えたと思っていたちらつき、まさかバックライトのLED化で再び問題になっていたなんて。
残光が少ないことでデメリットも出てきたってわけですね。

しかし既に突っ込みが入ってるけど、低輝度時にPWM調光じゃあ、むしろちらつきが目立ってしまうのでは…?
色再現性重視、ってことなんだろか。

2012年08月06日(月)  こんなんやってる場合か…
「AMD応援キャラ」の新しいクリアファイルが配布、ブログ「AMD学園」も開始

はぁ…
ため息出ちゃう。

2012年08月05日(日)  新たなクロモリフォーク


VIVAのクロスフロントフォーク

これ、乗った感じは悪いわけじゃないんだけど、どうにも安っぽい感が拭えない。
まぁ実際安物なんだけど、価格相応の仕上げのせいか、どーにも見ていてすっきりしない。

また、肩下が405mmと長い(CYCLO-5標準は395or396mm)のも気になるところ。
これのせいで、明らかに前上がりになっちゃってるんですよね。




ではどうするか。
EASTONのEC90Xを復活させる?

でもこのフォーク、ハードブレーキングでバイブレーションが出たりと良い印象が無い。
そもそも、クロモリにカーボンフォーク混ぜちゃうのも微妙だし…




なら、新たなクロモリフォークを試せばいいじゃない
ってことで、1本ゲットしてみました。




無駄遣い?
いやいや、安かったし!(そういう問題ではないか)

取りあえず取り付けて走ってみたところ…いやぁ、変わるもんですねぇ。
乗り味はまるで別物。
細かいことはまた次回触れるとして、色々と考え直す必要がありそうです。

2012年08月04日(土)  3T化進行中


お、荷物が届いたぞー




さすがCRC、エンドキャップがぶちまかれてるがなんともないぜ。

てかまぁ、CRCに限らず海外はこんなもん。
先日のWiggle分も、コラムスペーサー裸ででかい箱にぶちまかれてたし。
細かいこと気にしてたらやってらんない。




んで、バーテープはついでに買っといただけで、本命はこちら。




3TのARX PROステム。
当然17度のやつです。

なんでTEAMじゃないんだよ?
いやー、なんか色的にこっちの方が合うんじゃないかと思ったもんで。
一応素材と処理、ボルトが違う(TEAMの方が硬く軽い)けど、
そんな変わるとも思えんし、CYCLO-5にそこまでする必要も無いかなぁって。
それに、安いしね。
ポジション出しにも使えるから無駄になることもないし、
取りあえずこれ買って、必要があればTEAM買い足しでもいいかなと。




ハンドル落差確認中…

MAMAYAMA(NXRのコピー)比で8mm程度落差が小さい模様。
EA90(10度)使用時よりは下がったものの、まだメインほどではないですね。
まぁ、これまでNXRのコピー化するつもりはない(そもそも目的が違う)ので、
取りあえずこんなもんで試してみましょう。




てな感じで最も暑くなる日中は室内(って言っても車庫だが)で作業を行い、
涼しくなり始めた夕暮れから試走に出発。
さすがに17時も過ぎれば走れるようになりますね。




と言っても、まだ28度もあるけど…




今日のPaselaは5.8barに設定。
ちょっと低いかなと思ったけど、トレッド面の硬さもあってかそれほど転がり悪くなった感じも無し。
その分、しなやかさが増した印象もあんまないかなぁ。
これならもっと圧上げて転がり重視の方が向いてるかも。




江戸川台に到達すると、何やら人だかりが…




おおー、お祭りかぁ。
こんなに賑わう江戸川台は久しぶりにみたかも。




こっちでも。
ちょうどお祭りの時期ですもんね。




そして利根運河へ
基本、先日と同じルートを走って感触を試します。




うん、先日感じたかかりの良さ、どうもこのクランクが原因っぽい。
シマノのアルミクランクは剛性あるからなぁ。
踏めばカンッと返ってくる立ち上がりの良さが心地良いし。

ただ、踏み込みへのレスポンスが良い代りに、脚にはダメージ溜まりやすい印象。
また、ペダリングスキルにも大きく依存しているのでしょうけど、
回すならばカーボンクランクの方がスムーズで向いてると思う。
つまり、ロングメインのNXRならばカーボンクランクがベスト、ってな感じです。




ではこのCYCLO-5はどうするのか?
ストップアンドゴーの多い街乗りでのレスポンス感重視でアルミで行くか、
それとも距離走った時の負担の軽さ重視でカーボンか。
そもそもクロモリにはカンパの銀クランクに決まってるだろ、見た目的に、なのか。
うーん、悩む。




そうそう、前回はきついなって感じたこのボトルケージ。
馴染みが出てきたのか、結構普通に使える感じになってきました。
さすがにまだメイン昇格には様子見が必要だけど、これならこのバイクにはこれでいいかも。




ハンドル高は…うーん、悪くはないんだけど、このバイクの用途を考えるともうちょい高くてもいいかも…
だけど、巡航にはこれくらいの方が…でも(ry




おー、こうして見ると広がり方が段違いですねー。
このバネの受け部分が馴染み出してるのかなぁ。




直進安定性の良さは相変わらず。
ホイールベースが長いだけのことはある?




路面状況に対する鈍さも相変わらず。
楽だ。




どこか神々しい




てな感じで今日のデータはこんな感じ。
やっぱり1日1時間前後は走っておきたいところ。




さーて、クランクどーするか。
他はどうするか、もう決めてあるんだけどなぁ。

2012年08月03日(金)  相変わらずの良記事
【伊達淳一のデジタルでいこう!】キヤノンEOS 5D Mark IIIの画質を検証する
〜RAW現像で画質を追い込む

やっぱり伊達さんは良い記事書くなぁ。
もちろん限界はあるだろうけど、あからさまに提灯提灯するようなことはなく、
基本、自身が感じたこと、確かめたことを書いてくれるのがいいですよね。

日本のマスメディアって読者じゃなく広告主、業界のための存在だから、
雑誌なんて基本は有料広告誌であって、読者のために書いてるものなんてほとんどない。
まぁ、売り上げで飯が食えない以上、仕方ないことだとは理解してはいますけど、
webが発達した今となっては、既に過去のものとなりつつあるのが実情。
もちろん、webでもしばらく前に有名になったステルスマーケティングやら、
手を変え形を変え、似たようなことは行われてるわけですが…

って、話が脇道に。
何はともあれ、金銭の動きがある以上、マスメディアに完全なニュートラルを望むことはできません。
しかし、そんな中でも価値ある記事を書いて下さる方には、頭が下がる思いです。
今後も期待してます。

2012年08月02日(木)  検証環境どうしよ
Microsoft、Windows 8製品版のOEM向け出荷を開始
〜MSDNでは8月15日からダウンロード可能に

あと2週間かぁ。
検証機用意しとくべきか否か…
んー、どないしょ。

あー、とりあえずなら仮想環境もありか。
どうするか決めとかなきゃ。

2012年08月01日(水)  今夜はTT
自転車 男子個人ロードタイムトライアル ライブストリーミング

カンチェ骨折してなくてよかった…
皆頑張れ!

2005年10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 
2016年09月 

  検索キーワード  
top