Note

全て saga audio photo bicycle cat 雑記
2006年10月31日(火)  380Wのゲーム機
SCE、PLAYSTATION 3の対応動画ファイルなどを公開
−消費電力は380W。HDD交換対応、AVCHDも正式サポート

ゲーム機で380Wって…最近じゃPCだって省エネ傾向なのに。
もちろんあくまで最大値なのでしょうけど、それでも凄すぎますよねぇ。
ひょっとして、これより凄いんじゃ…
冷却用のファンが滅茶苦茶うるさそうだなぁ。

しかしこのラックスのアンプ、純A級だったんですね。
何だか良い感じ…これで鳴らす602はどんな感じになるんだろう。
うーむ、定価105万なら実売80万ちょっと?結構現実的?
…いやいや、プリ買ったりなんだで結局それだけじゃ済まないし、
やっぱり200万コースになっちゃいますねこれ。
それなら素直にSX300買った方が良い気が…って、どちらにせよ高過ぎ。
アンプだけで200万ってなぁ…まぁ理解はできますが、さすがに自分じゃやりたくない、
と言うかそこまで行っちゃうとまずい。
自重せねば。

2006年10月30日(月)  ますます楽しみに
躍進するペンタックスの意欲作――「K10D」の開発者に聞く(前編)

いやまぁ、この手の記事は当然良い事しか書いてないわけではありますが、
やっぱり今一番気になってるカメラだからか、凄い印象良くなっちゃいますね。
フォーラムで係の人と話をしても、ペンタは良い感じですし。
手抜きと言い訳ばかりのCanonとは大違い…
DA70mmはフード付きも良いですけど、フード無しもこれはこれでコンパクトで良いなぁ…

しかし畳家さん、最近何だか良い顔してますねぇ。
これも自信の表れなんでしょうか。
明日の後編が今から楽しみですよ。

2006年10月29日(日)  月一更新ペース
時織人、更新しました。
最後の1枚は前々から構成は考えていたものの、実際にやるかどうか結構悩んでいたもの。
これはダミーや合成でもなんでもなく、実際にこのように分解した時織人が1冊分あるのです。
さすがに何冊も持っているとは言え、本を分解してしまうのはどうかとは思いました。
ただ、やはり時織人では他の構成が浮かんでこなかったんですよねぇ…
イメージとしては、製本する前の状態?
そんなものを表現したくてこんなことをしたわけですが、上手くできたでしょうか?
あー、でもそれなら背景に製本するための道具みたいな小物があったら良かったかもですねぇ。
まあこれは今後の課題かな。

さて、これで残すところあと1つ、大全集の写真を差し替えれば既存コンテンツの更新は一通り終了。
低品質な写真を一掃できます。
初版以降の変更点は…そんなに酷くもないので、取り合えず今回は対象外に。
まぁ更新するならするで、大幅に内容も変えないといけませんからね。
とは言え内容自体古くなってしまっているので、いずれは更新する必要があります。



現在の使用状況。
これなら次回更新しても600MB以内で収まりそうですねぇ。
しかしweb上に上げているものはこの程度ですが、
ローカルに保存してあるコンテンツ用画像ファイルの総容量は20GB…
バックアップで2倍になっているとは言え、半分と考えても10GB
いやはや、こんなんじゃDisk容量いくらあっても足りないのも納得です。

さてさて、あと1つなのですし、このままペースを落とさず頑張りたいところです。
大全集は無駄な画像も多いので、その辺りも大幅にカットしちゃうかなぁ。



2006年10月28日(土)  K10Dスペシャルサイト
デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K10D」スペシャルサイト・携帯サイト同時公開

昨日から公開開始。
実際にレンズを取り付けた姿を見れるのは良いですね。
ただ、発売まで後1ヶ月もあるのは本当に残念。
早く製品版の実機を触りたい…


明日の更新分作業は今のところ順調。
先週撮影頑張った甲斐があったみたいです。
これなら間に合わないなんてことはなさそう、かな?



2006年10月27日(金)  SRM-727A
公式来ました
うーむ、結構回路から変えてきたんですね。
ただAが付いただけではなく、717から727になった理由はこれですか。
良い悪いは別として、これなら確実に717とはキャラクターも変わっているのでは。
んー、まさかこんなに変わってるとはなぁ…早くこれで鳴らす007を聴いてみたい。
これなら予約して買っちゃっておけば良かったかも。

しかし、デザイン的にはどうなんでしょうねぇ…何と言うか、中途半端なような。
特に一緒に更新されたSRM-323Aなんて数十年前のデザインっぽい。
これなら以前のどこかレトロで落ち着いたデザインの方が良かったんじゃぁ…

2006年10月26日(木)  Vistaの価格発表
マイクロソフト、Windows Vista/Office 2007の価格を発表
〜VistaのアクティベーションはXPと同等

ライセンス移動は1度までと自作派は死ぬしかない情報が出た時はどうなるかと思いましたが、
一応XPと同等ってことになるみたいですね…まだ”調整中”らしいですけど。

しかしまぁ…高い。
5万ってどこのサーバ用OSですかって感じだし、これで個人向けとか言われてもなぁ。
それになんでこんなに種類を出すのやら。
ただでさえまともなソフト開発力無いのに、余計なことばかりしますね。
1つに絞ってきっちり作るようにして欲しいものです。

2006年10月25日(水)  ロマサガが日本一高い店
今日は仕事で都内某所の病院に行ってきたのですが、その帰り通った商店街で、
スーパーファミコンの文字が店内にある店を発見。
思わず寄ってみたのですが…そこで凄いもの発見。



携帯の低解像度で撮っちゃったので凄いちっちゃいですが…ロマサガ、5220円です。
これを見て「え、新品売ってる店があったの!?」と思った方、残念ながら不正解。
正解はれっきとした中古品、しかも箱説明書”無し”です!

…いやー、これは絶句した後爆笑しちゃいましたよ。
覚えている限り、今まで目にしたロマサガでは新品に継ぐ高価格設定。
正直有り得ない価格ですよ。
これ、間違いなく今現在で日本一高いロマサガ(中古で箱説明書無し)だと思います。

なんでこんなに高いのか、一瞬特別なポリシーがあるのかとも思ったのですが、
周りを見てみたらそうでもないようで。
ロマサガ2も同じくらいだし、GBのサガ2もこれくらい。
その他も軒並み高価格で、物によっては7000円台とかもありました。
しかもそれら全て、箱説明書無しで別売り各100円。
いくらぼったくるにしても有り得ない設定です…売れるわけないですよ、こんなの。
だって、普通箱説明書無しなら相場500〜700円ですよ?
どこをどう間違えたら10倍になるのか…理解不能です。

後で事務所に戻ってこの話をしたところ、近くに住んでいる同僚が知っていて、
どうやらここは昔からそうだと教えてくれました。
いやはや、信じられない店があるんですねぇ…世界は広いなぁ。

2006年10月24日(火)  30D Firmware Update
キヤノン、EOS 30Dのファームウェアを更新
〜カメラダイレクトプリントで半光沢紙が選択可能に

新しいの出ました。
まぁ、更新項目は私の使い方だと全く関係ないものばかりですが…
この手のupdateとか大好きなので、早速実施。
BIOSとかupdateするのも楽しくて仕方ないんですよねぇ。
…これもちょっと職業病っぽいですけど。

それはそうと、SIGMAのMACRO 70mm、ペンタ用は今月27日発売決定みたいです。
これでまた、Canonじゃなきゃいけない理由が1つ減ったなぁ。

2006年10月23日(月)  Server HDD Replace


そんなわけで、雨の中買って来ましたリプレース用。
まぁ、別に障害が発生しているわけではないのですが、
やはり早いに越したことはないですからね。




物は予定通りBarracuda 7200.10の320G
最近のSeagateは日本語で5年保障シールなんて付いてるんですね。
以前はシリアル調べてシンガポール送りでしたが…
保障があったところで、当然飛んだデータが戻ってくるわけではありませんが、
最近のDiskは本当によく壊れますから、あるに越したことはありません。
障害時に出して戻ってくるのを待ってるわけにはいきませんけど、
その後戻ってきたDiskは何かには使えますからねぇ。
そのまま破壊して破棄になるより余程マシです。




これが我が家のファイルサーバ。
UPSを接続し通常24時間365日稼動、Diskもオンライン交換可能です。
大したことやってないのに、重装備なのがなんとも…




ホットスワップベイには必ずコールドスタンバイを確保しろとの注意書きが。
これもちょっと職業病入ってます。
ただ、去年の8月にDisk故障で使ってしまって、実はそれ以来補充してなかったり。
いやー、今更160G買うのもなぁと、ちょっと気が引けてしまいまして。
実際壊れれば即座に携帯にもメールが飛んできますから、
それからDiskを確保しても事前に自宅に確保しておいても、ほとんど変わりがないんです。
まぁそんなこともあって、今回も4本しか用意しませんでした。




ブラケット取り付け中。
1本だけならまだしも、4本となると結構面倒でした。
それを考えると、裸のまま取り付けられるタイプは優秀ですね。




うんうん、やはりRAIDは前面から交換、それもホットスワップできて何ぼですよねぇ。
IED時代は普通にネジ止めして〜とか多かったですけれど、そんなんじゃ保守性皆無。
Disk障害の度にシステム止めて中開けてなんてやってられません。




カードからも正常に認識。
一応2Tまでは行ける(1ポート500Gまで)ようなので、後1回は…微妙?
次はもう、新しいカード買うなりして追加しないとダメかなぁ。




まぁ今回も無難にRAID5で。
10とかできればいいですが、そうすると容量不足になっちゃいますからね。




んでイニシャライズに結構時間がかかるのでこの状態まで進めて放置。
最低でも1時間は越えそうなので、この間に食事やら何やら済ませちゃいます。




出来上がったドライブにパーティションを切り、
作業直前に取ったバックアップからネットワーク経由でリストア。
ちょっと不安でしたが、ちゃんと動いてくれました。
そしてデータ領域のフォーマットですが…いや遅い遅い。
1%に5分くらいで、最初動いてるのか不安になるくらい。
これは終わるの明日の朝になりますから、今日はここまでで放置ですね。
クイックフォーマットにすれば早くはなりますが、やはりメディアのチェックも兼ねて、
最初はきちんとフォーマットした方が安全です。
まぁ、実際の現場じゃ時間ないので良品との前提の下クイックでやっちゃうんですが、
今回みたいに時間がある場合は慎重にやるに越したことはありません。
動き始めてからメディア不良発見、Disk交換なんてなったら面倒ですから。




しかし、もうちょっとで1Tですねぇ…
ついに個人でこの容量を持つようになったのかとちょっと感慨深かったり。
いずれば3.5インチ1本で数十Tらしいですから、凄いものです。

2006年10月22日(日)  データ退避にバックアップ、その他もろもろ準備完了
さすがに400Gまとまった容量は確保できないものの、各PCに分散することでバックアップ完了。
システム領域のバックアップも終わったので、後はDiskを交換してRAID5を組み、
そこにバックアップを戻すだけ…ですが、最悪システム領域が戻せない場合、
OS再インストールが発生。
そうなると復旧までちょっと時間かかっちゃいそうですね。
まぁ、既にサーバは落としても問題ない状態にしてあるので、
多少時間がかかろうと運用上の問題は発生しませんが…各種設定戻しが面倒だなぁ。

取り合えず準備はできましたから、後はDiskを買ってこなければ。
今日行こうかとも思ったのですけれど、これだけのために交通時間で1時間少々、
貴重な休日を費やしてしまうのも勿体無いかと思い、止めときました。
通勤経路ですし、仕事さえ早めに終わればついでに買って来れますし…
何より2週連続で休日を潰してしまった後ですからねぇ。
色々と滞ってしまっていましたから、むしろそちら優先と言うことで。

その一環として、こちらもようやく更新再開の目処が立ちました。
今の調子だと来週には更新できそうです。
このところ更新が1ヶ月ペースになっちゃってるので、もうちょっと何とかしたいですねぇ。



2006年10月21日(土)  Disk容量不足
最近ネットワークドライブとしてマウントしているファイルサーバのDiskが遅いのですが…
なんだろうと思ってプロパティ見たら、何と空き容量が10%切ってるじゃないですか。
これはまずいと消せるファイル消しまくって10Gくらい減らして、ようやくこの程度に。




うーむ…全然ダメ。
最適化してみようとしたらこんなですよ。




なんて言うか、もう終わってる?
少し前からそろそろ容量に気をつけないととは思っていたのですが、
ここ最近になって一気に消費が激しくなったような?
まぁ、デジカメも一眼になって随分と容量喰うようになりましたからねぇ…
今やってる作業分、64枚をDPPでTIFFに現像したらそれだけで2.93Gですよ?
4GのCFで撮影可能枚数に問題無くなったと思ったら、今度はPC側の容量が問題になるとは…

ただ、今だと買いの容量はまだ320Gと、現在使用中の160Gの2倍に過ぎないため、
できれば来年1TDiskが登場し、400G以上が値下がりするのを待ちたかったのですが…
これはもう、そんなこと言ってる場合じゃなさそうですねぇ。
次はファイルサーバは止めてNASにするか等も考えたかったのですけれど、
最早そんなこと考えてる時間も無いようですし、次もファイルサーバで行きますか。
やれやれ、Disk買ってこなきゃ…Barracuda 7200.10で良いかなぁ…



2006年10月20日(金)  ふっくらもちもち
先日購入した炊飯器、象印のNP-JA10ですが、これ凄いですね。
圧力のお陰なのかもちもちの炊き上がりで、とても同じ米とは思えません。
食感が明らかに異なり、まるで普通の米からもち米にでもしたのかと思うほど。
米の味が判らない私でも違いがはっきりと判るほどの変化です。
当たり前かもしれませんが、炊飯器でこんなにも変わるものなんですねぇ。
いやはや、予想を遥かに上回る変化でびっくりです。
圧力を変えればしゃっきり系にすることもできるし、この7段圧力は中々便利。
これで3万程度なのですから、中々良い買い物でした。

しかし、以前の釜は3年前の03年製だったので、3年ではそれほど…とも思っていたのですが、
実際は随分と進化しているんですね。
やはり日本人の主食に関わるものだけに、各社研究開発に注力しているのでしょうか?
数年後にはどうなっているのか、ちょっと楽しみになりました。




以下拍手レス

>どう見ても日本一です。本当にありがとうございました
いやいや、世界は狭いようで広いですからね…冗談抜きで、
100本くらい持ってる人っているんじゃないかと思ってますよ。
そうでなくても、50本以上なら既に私以上なのですし、
日本一ってことは多分無いんじゃないでしょうか。

2006年10月19日(木)  サガ箱
サガ箱、rsagaboxと言うとこのコンテンツで使っているファイルネーム、
ロマサガの紙箱を連想される方が多いかと思いますが、
実はうちにはもう1つのサガ箱がありまして。




これがそのサガ箱。
一見何の変哲も無いダンボールの箱ですが…穴から見慣れたイラストが。




蓋を開けるとこの通り。
そう、ロマサガを入れる”箱”なのです。

所有しているロマサガの保管方法について悩んでいた時、
たまに売りに出されているロマサガ3の新品10本セットからヒントを得たもので、
こうすることで、保管時の収納性や傷みに対する耐性がぐっと良くなりました。

SFCの紙箱はVHSのテープを一回り大きくしたサイズのため、
少しだけ余裕のあるビデオテープ用の箱だとこの通りぴったり。
横幅に無駄な遊びが無いため、箱の中で無駄に動いて痛む心配がありません。
1箱10本と区切りも良く、管理する上でも非常に便利。
さすがにSFC専用箱には敵いませんが、汎用の製品としてはまずまずの相性。
ロマサガに限らずSFC標準紙箱全てで利用可能ですから、SFC好きにはお勧めの一品です。




ちなみにこの箱は美品を集めた箱だけあって全体的に綺麗ですが、
他の箱はこれに比べると随分と痛みも目立つものが多いのが実情。
全てこの品質で揃えられたら最高なんですけどねぇ…
さすがに発売から14年も経過しているため、痛みの少ない箱を探すのも一苦労。
ソフト自体は手に入りますが、買う価値有りと思えるものは中々お目にかかれません。

まぁ、多少の傷み程度ならまだ良いのですが、潰れとかはどうしようもないですからね。
撮影時の背景に使うにしても角度があるため変な反射面が出来てしまい、
光の具合がおかしくなるので目立ってしまうのです。
また、ロゴやイラストの上にまでヒビが入っているものも要注意。
補修も難しくなるため、手間や難度を考えると積極的に手を出すべきではないでしょう。
そして微妙に厄介なのが日焼けによる退色。
たまにあるのですが、箱の姿は非常に美しく保たれているのに、
日焼けで肝心のイラストやロゴが色褪せてしまっているものがあるのです。
これもまた使い場所が難しくなり、単体で使う分には然程問題にならないものの、
並べて使うと変色していることが一目瞭然。
統一感を失わせる元凶になりかねません。
そのため姿が美しくても手を出し辛い感があり、買うかどうか悩まされることが何度も。
側面ロゴ面だけ退色とか、ほんと悩みます…




現在手元にあるサガ箱は4箱。
こうして整理されていると一見先日の写真に写っている分の方が多そうに見えますが、
実際はこちらの方がはるかに多い(2倍近く)のだから錯覚と言うものは面白いものです。

ちなみにこの箱は10枚1セットなので、後6箱分残っていたりします。
いずれそれらも埋まるのかどうかは…いや、さすがにそれは無いか。
いくらなんでも100個は無理があるだろうからなぁ…

しかし、現状だとロマサガ個人所有数としてはどれくらいの位置なんでしょうね。
全国ベスト10くらいなら入れそう?

2006年10月18日(水)  Mac Pro
Mac Pro+Boot Campのパフォーマンスをチェックする

ほんの1年前までは夢見たいな話だったことが、今じゃこうして普通に。
うーむ、Macを使い始めてから14年ほど経ちましたが、当時は夢にも…
いやはや、本当に時代は変わりましたよねぇ。

ただ、FB-DIMMはどうなんでしょ。
先日HPのDL380G5をちょっと触ってきたんですが、FB-DIMMの発熱の凄いこと凄いこと。
シャットダウン直後でもCPUのシンクは全然熱くなっていないのに、
FB-DIMMはかなりの熱を持ってました。
しかもこれ、メモリ専用に前面のファンから直接風を流すダクトが付いててですよ?
これだとどう考えてもCPUより発熱大きいような…
以前どこかのWSサンプルでCPUはファンレス、メモリは12cmファンなんてのがありましたが、
本気でそうやらないと発熱凄過ぎてまともに動かなそう。
ほんと、RIMMの悪夢再びなのかと思わずには…

2006年10月17日(火)  新ドライバまで後10日
STAXのESPドライバ、SRM-717の後継機であるSRM-727A発売まで後10日になりましたね。
717からどれだけ改良されているのか、そしてSR-007をどのように鳴らすのか…結構注目してます。
個人的にはより高い駆動力で、007の持つ暗めのキャラクターを払拭してくれると嬉しいです。

2006年10月16日(月)  うーむ、疲れた
さすがに2週連続で休日出勤、しかも片方は作業15時開始25時半終了、
そのまま30時まで仕事とかだとかなり厳しいものが。
内蔵強くない身には堪えます…
お陰でコンテンツ関係の作業も滞りまくりで参ったものですが、
今週末こそちゃんと時間が取れる…はず。
頑張りますかねぇ。

まぁそれはそうと、K10Dのイベントが記事になってました
うーむ、DA 40mmを装着した姿、かなりごっつい感じですねぇ…
K100Dだとそうでもない感じでしたけど、やっぱりボディが大型、鋭角化したからでしょうか?
A/D変換22bit vs 12bitも実物見てみたかったなぁ。
どれだけ違うんだろう。
あぁ、そう言えば明日、丁度作業で新宿のフォーラム近くに行きますから、
展示されてないかついでに見てくることにしましょうか。

2006年10月15日(日)  K10D体感&トークライブ
残念なことに発売日が当初の予定から1ヶ月も延びてしまったK10Dですが、
今日の大阪イベントは結構好評だったようです。
高感度でのノイズも「自然で銀塩っぽい」との話で、
ベタっと塗り潰した感じのあるCanonとはかなり違う模様。
良さそうだなぁ。

しかし、K100Dの1万円キャッシュバックも今日まででしたね。
K10Dが発売延期になっちゃったから、ついつい買っちゃいそうになりましたよ。
でもファインダーも30Dと変わらないし、どうせ買うならK10Dを…となんとか我慢。
私は物を持ち過ぎてしまう傾向があるので、気を付けないとどんどん買っちゃうんです。
K100Dも安いとは言え、またK10Dに買い換えたりしたら無駄な出費になるし…
ただ、サブ扱いなら小型軽量のK100Dも悪くないとは思うんですよね。
持ち歩きには便利だろうし。

…と言うか、既にK10Dを買うこと前提に考えてる辺り、すっかりやられちゃってますねぇ。
でも、手に取った感触だと、道具としてかなり使いやすそうなんですよ。
これで画質も酷いことにはなってなさそうとわかった以上、やはりどうしても欲しく…
うーん、30Dが完璧でもうこれあれば良いや、って思わせてくれれば良かったのに。
30Dはおろか、その後継機でもしばらくは不満たらたらっぽいからなぁ…

2006年10月14日(土)  センサークリーニング
デジタル一眼レフの大きな欠点の1つとして、センサーのゴミ問題があります。
一体型コンパクトは異なりレンズの着脱が発生するため、どうしても内部へのゴミ混入、
そして内部からゴミが発生することを避けられません。
そのため目立つようなゴミが発生した場合、クリーニングをしてやらなければいけません。

まぁその辺りのことはこの記事をお読み頂くとして、私の30Dも例に漏れず、
最近ゴミが気になるようになってきました。



F22まで絞って白いウィンドウを表示したモニタを撮影したもの。
中央付近と右端に目立つゴミがあります。
最近なにかと目に付いていたのはこれのようです。
取り合えずブロアでどうにかならないかとやってみたらこんなことに。



むしろ悪化。
しかも目立つ2箇所に全く動きがないことから、どうやらこれは粘着性の汚れの模様。
ただの埃ならカメラ下に向けてブロアで吹き飛ばせば終わりなんですけどねぇ…
こうなると仕方ありませんから、クリーナーを使って拭きとってやらないといけません。



そんなわけで、我が家の清掃用具のご登場。
HCLのクリーナーにクリーニングペーパー、それに割り箸とどれも定番中の定番ですが、
割り箸にはちょっと独自の工夫がしてあります。



これがその一工夫。
先を薄く平らに削り、ヘラ状に整えてあります。
こうすることで拭き始めにセンサーの置くまで届きやすく、最後も拭き取りやすいのです。
薄いため弾力もあり、センサーに直接触れても余計な力が加わり辛くなっています。
また、この先部分の幅は広めにしてあり、センサーの縦幅の半分程度。
そのため2回でセンサー全体を拭き取り可能で、
横2回、最後に縦1回の計3回拭き取るだけでクリーニング終了。
サッサッサッと拭いて終わりですので、非常に簡単、時間もかかりません。

使い方は上の記事の通り、ペーパーの余り部分を筆先のように用い、
軽く撫でる程度の感覚で拭き取ります。
割り箸自体でセンサーをこするようにすると摩擦が強すぎ、
傷をつけてしまうかもしれないので要注意。
ここは本当に触れるだけ、染み込んだクリーナーに溶けた汚れが吸い取られるのに
任せるだけのつもりで拭き取ります。
実際こびり付くような汚れなど早々出ないでしょうし、
そもそもそこまで来たら素人じゃどうしようもないですからね。
これで十分だと思います。

クリーナーは結構たっぷり付けますが、そのままでは派手に拭き残しが出てしまうので、
十分染み込ませた後、まだ使っていないペーパーの山に押し付けて余計な分を染み込ませ、
適当な量に調整します。
拭き残しを気にする余り、少なすぎて傷でも付けたら大変ですから、
まずは十分な量を使い、その後調整する方が安全でしょう。



とまぁ、そんな感じでクリーニングしたものがこれ。
中央と右端にあった頑固な汚れは綺麗に消え去りました。
ただ、左上に新しい点が…
まぁ、これはブロアで動く辺りから粘着性ではないようですし、
F22でこの薄さ、しかも中央でないのなら普段は問題にならないでしょう。
許容範囲ということで。

デジ一眼は確かにゴミが問題になりますが、クリーニング自体は然程難しくありません。
簡単な埃ならブロアで十分ですし、クリーナーを用いてもこの程度。
さらに最近だと特殊コーティングでゴミを付き辛くしてあったり、
ゴミを振るい落とす機能も付き始めています(30Dはどちらもありませんが)。
ですので「デジ一眼はゴミの処置が大変」「SCに出さないといけないから大変」
なんてたまに聞きますけれど、実際はそうでもない感じですよ。
余程不器用でもなければ、眼鏡を拭く程度の感覚で気軽に出来ちゃうんじゃないかと。
なので「ゴミ取り」と「手ブレ補正」ならば、明らかに後者の方が大事だと思うんですよね。

2006年10月13日(金)  K10D発売延期
ペンタックス、デジタル一眼レフ「K10D」を11月末に発売延期

うーん、もうちょっとで製品版を触れると思ってたのに残念。
でもまぁ、それだけ今回は注目されてるってことなんでしょうねぇ。
元々そんなに生産力があるわけでもないでしょうから、
こうして注文殺到しちゃう厳しいんでしょう。

残念ではありますけど、今現在カメラが無くて困ってるわけじゃないですし、
発売日には十分な数が揃うことを期待して、待つとしましょうか。

2006年10月12日(木)  輪島塗のHHK
PFU、輪島塗キートップの50万円キーボード
〜HHKB 10周年で記念モデル2機種

思わず爆笑。
これ1枚でCG211とK10D一式揃っちゃいそう。
エイプリルフールにはちょっと、いやかなり早いですよPFUさん。
私も結構前からHHK愛用してますが、こういう系はどうなんでしょうねぇ。
正直、かなり勘違い系にしか見えませんけど…
まぁ、あくまで10周年記念モデルと言うことで、これもまたありなのかもしれません。



しかしこのSONYの新型はどうなのか。
「目指したのは史上最高音質のウォークマン」ってことですが、
以前ならともかく、今のSONYだとちょっと鵜呑みにはできませんし。

ただ、あのSONYが音質を前面に出してきた以上、
それなり以上であることは期待したいですね。
来週からのレポートを楽しみに待つとしましょう。

2006年10月11日(水)  CG211
ナナオ、カラーマネージメント対応液晶ディスプレイ「ColorEdge CG211」

これが来たと言う事は、L997の後継機(L998?)も近そうですね。
しかし30万とは価格は据え置きってことですか。
確かに理解できる価格ではありますが、LCD2190UXiの存在を考えるとちょっと割高な印象も。

まぁでも、やっぱり魅力的ですよねぇ。
輝度ムラの低減、より正確になった色演算…うーん、欲しくなっちゃうな。
でも、UXGA→UXGAってのも…これでWUXGAだったら迷うことなく購入しそうなんですが、
K10Dとレンズ一式揃えられちゃう、もしくはDAC64もう1台買えちゃうって考えると、
一気に微妙になってきたり。
うーむ…

まぁ、取り合えず出てから、出てからまた考えましょか。

2006年10月10日(火)  NANAOのTV
ナナオ、地デジ/DVD内蔵の“プレミアム”液晶テレビ
−「背面」にこだわり。32/26/20型の新「FORIS.TV」

まさか、諦めていなかったとは…あれは悪夢として葬り去られると思っていたのに。
これがまた悪影響を及ぼさないと良いのですが…


以下拍手レス

>はじめまして。数年前ロマサガについて調べ物をしているときにたどり着いたサイトさんにオーディオの調べものをしてまたたどり着くとは思いませんでした。
>ELACのスピーカーも良さそうですね。シンバルの鳴り終わりなんかが綺麗に出てくれるような機器は好みのものが多いのでスピーカーを買い換えることがあったら候補に入れたいなと感じました。
それはまた偶然ですね。
ELACは良いスピーカーだと思います。
この静かな秋の夜長、我が家のX-JETはとても美しい余韻を奏でてくれていますよ。
この繊細できらびやかなJETの音、機会があったら是非聴いて見て下さい。

2006年10月09日(月)  プロファイル変換忘れ


左が今日の夕方までカラープロファイルをサポートしていないブラウザ、
要するにMacを除くほとんどの環境で見えていた色。
右がプロファイルをsRGBに変換して差し替えたもの。

…なんか変だと思ったら、先日の4枚目サムネイルのプロファイル変換抜けてました。
やけにこれだけ空の色が違うなぁ、でもちょっと時間違うからかなぁなんて思ってたんですが、
拡大した方は全然色が違って…そりゃ、AdobeRGBのままじゃ色も飛びますよねぇ。

しかし、これが同じRAWを現像したもの、しかも現像ソフトは同じ、
にも関わらず色空間が違うだけでこれだけ違っちゃうって言うんですから、
ほんと、”写真”って嘘つきですねぇ。
まぁそれはオーディオの”原音”もそう。
本当の”真”はその場、その瞬間にしか存在しない。
それだけが唯一の真実。

一昔前はよくメーカーが原音再生を謳って原音”創造”をやってましたが、
最近じゃいい加減ユーザもその嘘に騙されなくなったのか、あんまり聞かなくなったかな?

2006年10月08日(日)  やっと来た35W
Athlon 64 X2 3800+の35W版が発売に、35W版最上位

なんだかここで取り上げたのは随分前だったと思いますが…やっと来ましたね。
しかし高い…2Gで5万弱なんて言われてもなぁ。
まぁ、どの道AM2なのでうちのM/Bでは使えませんが、
こんなに高くて売れるのか凄い疑問を感じずにはいられない。
正直これだけ出すならCore 2 Duo買った方が良いと思うんだけどなぁ。
普通にMerom買えちゃうし…
なんかもー、Core 2 Duo出てからAMDはかなり魅力を失っちゃいましたね。

まぁそれはともかくとして、このTDPは凄いですよねぇ。
最新のCPUが35Wとは…最近のCPUは本当に低発熱になりました。
以前は低発熱=パワーとのトレードオフだったのに、
これなんか全然そんなことないですし。
いやはや、雷鳥時代とか懐かしい。
普通に作って簡単に静かなPCができちゃう。
本当に良い時代になったものです。

2006年10月07日(土)  紺碧の空

Canon EOS 30D / Canon EF-S17-55mm F2.8 IS USM
ISO100, F8.0, 1/250sec, WB:Daylight, CameraRaw 3.5

いやー、今日の空は凄かった。
まさに紺碧、誇張抜きでこんな感じの色でしたよ。
先日までの風と雨で、大気中のゴミが綺麗に洗い流されたんでしょうねぇ。


Canon EOS 30D / Canon EF-S17-55mm F2.8 IS USM
ISO100, F8.0, 1/250sec, WB:Daylight, CameraRaw 3.5

抜けるような青、これだけ美しい空を見たのは久しぶりかもしれません。
都内よりははるかにマシとは言え、やはり相当汚れているんだなと実感させられます。
こういうの見ると、空気の綺麗な地方に住みたくなりますね。
しかし空とは関係ありませんが、この家壁が凄いことなってるなぁ…
まぁ、倉庫なのでどうでもいいみたいですが…


Canon EOS 30D / Canon EF-S17-55mm F2.8 IS USM
ISO100, F8.0, 1/250sec, WB:Daylight, CameraRaw 3.5

良い空です。
見上げているだけで幸せな気分になってくる。
いつもこうなら最高なんですけど。


Canon EOS 30D / Canon EF-S17-55mm F2.8 IS USM
ISO100, F8.0, 1/160sec, WB:Daylight, CameraRaw 3.5

天気も良く、こんなに空が綺麗な日は出かけたくなるものですが、残念ながら風が強く…
何だか吹き飛ばされそうなくらいだったので止めときました。
明日は仕事で出ちゃうし、月曜には普通の空になっちゃいそうだから、
ちょっと勿体無いことしちゃったかもしれません。

しかし今回撮影してて思ったのですが、30DのJPEGって滅茶苦茶汚いような…
買ってすぐにRAW撮りにしてしまったため気付かなかったのですが、
何と言うか、解像度も低いし色もべっとりギトギト?
これがよく言われてるCanonのノイズ塗り潰しの塗り絵写真?なんて思ってしまったり。
あまりに酷いので思わず即削除しちゃいましたが、検証のため取って置けばよかったかも…

と言うか、過去の写真を見ると4月5日、買って11日でRAWでしか撮らなくなってますね。
そしてその後はDPP、CameraRaw、RawShooterを使うようになり、
カメラがデフォルトで出してくるJPEG画像は全然見ていないわけです。
要するに30D自身のDIGIC兇硫菫はろくに見てないってことになりますね…
うーむ、これだと”Canonの絵”って言うのは全然わかってないんだなぁ。
これはしばらくRAW+JPEGで撮影して、比較して検証してみた方が良さそう。

まぁ、取り合えず今日の第一印象を言うのならば、”最悪”でしたけど。
先日のK10D公式サンプルとは雲泥の差。
RAWでしか撮らないとは言え、本当にそれがCanonの色だって言うならちょっと考えちゃいます。
それに比べてPENTAXは…って、まーた気持ちがK10Dに傾いてるし。
30DJPEG撮りオンリー(ただしレタッチ前提)でも凄い上手い人もいるんだから、
腕次第だと思う…んですけどね。

2006年10月06日(金)  K10D公式サンプル
UK、そして日本でも公式サンプル公開。
日本は枚数少ないですけど、撮影条件が細かく書いてありますね。

うーむ、しかし何と言うか…自然な感じ?
フライングで未調整のノイズだらけな画像が出た時はどうなるかと思いましたが、
これなら全然大丈夫どころかかなり良い感じ。
これはやはり欲しい…
K10Dにパンケーキ3種+メディア、30万もあれば揃っちゃうんだよなぁ…
って、新規購入ならばともかく、30Dあるのにさらに30万なんてカメラにお金使い過ぎ。
オーディオやPCならともかく…でもなぁ。
うーん、リモート撮影さえCanon並みにできれば、30Dは手放してってのもできるんだけど…

2006年10月05日(木)  新しい炊飯器
オーディオテクニカ、約2万円のカナル型イヤフォン最上位モデル
−同社初となるバランスド・アーマチュア方式を採用

オーテクから新しいカナルが。
まぁオーテクなので…ですが、一応そんな安物でもないし、ちょっと気になります。
ShureのE500も試すには試したものの、どうもピンと来なかったからなぁ。
悪いってわけじゃないんですが、ERに慣れてるからかどうも高域が今ひとつで…
これで6万なら、もう1個DA-7020iS買った方が良いなーなんて思っちゃったし。
うーむ、イヤホンも中々難しい。

それはそうと、新しい炊飯器買ってみました。
どんな感じに炊けるのかなぁ…早く試してみたいです。


2006年10月04日(水)  ヨーロピアンサウンド
デノン、ヨーロピアンサウンド第2弾 ブックシェルフ「SC-CX303」を発売

DENONなのに音が良いとの話を聞く、ヨーロピアンシリーズに新型が。
昔、ヨーロピアンシリーズにSC-E212と言うのがありまして。
デザインが他のヨーロピアンシリーズと大きく異なったのは、OEMだったからみたいですが、
個人的にはこのいかにも英国調、なのが良い感じで、買うかどうかかなり悩んだものです。
音に関しても、DENONデザインではないためこれだけ異なるキャラだったらしいです。
まぁそれの再来と言うわけではないかもしれませんが、デザイン的にも悪くないし、
意外に好評らしいSC-CX101の上位機種と言うことで、ちょっと聴いてみたくはありますね。

そう言えば、半年くらい前、近くのハードオフにSC-E212があったんですよね…
これ以上スピーカーを増やしても仕方ないので欲しい気持ちをぐっと堪えましたが、
あれ、まだ残ってるのかなぁ。

2006年10月03日(火)  各種レビュー
シグマ Macro 70mm F2.8 EX DG
〜絞り開放からキレキレに写る“カミソリマクロ”

ケンウッドの新HDDプレーヤー「HD30GB9」を使ってみた
−最高レベルの音質。使い勝手も向上した“孤高の1台”


おお、伊達さんにカミソリと言わせるとは…やるもんですねぇ。
先日ここに載せたF2.8のものを見て頂ければご理解頂けると思いますが、
確かにこのレンズ、開放から凄いシャープでカリカリに写るんですよね。
やはり凄いレンズだと思います。
これで実売4万ちょっとって言うんですから驚きです。
後は手ブレ補正さえあれば完璧なわけで…
PENTAX用も出る予定なので、これ+K10Dなんてやれば凄いことになりそう。
ううむ、ますますK10D欲しくなっちゃう…




そしてHD30GB9ですが、こちらもHD20GA7と比べて明らかに良くなってますね。
まだ厳密な比較視聴等は行っていませんが、情報量が上がったのは交換して即気付きました。
記事にもありますが、ノイズの低下でS/Nが上がったことや、電源部の改良で駆動力が上がり、
微細な音の再現性が良くなったのかもしれません。
SupremeEXも良い感じに効果を発揮してくれます。
これなら買い換える価値は十分にあると私は思いますよ。

ただ、ノイズは減少したとは言えまだまだまだ残っていますし、
音質向上したとは言えその差は私のようなオーディオマニアにとっては大きいものの、
普通の人には結構微妙かも。
この程度で5万出して買い換える価値あるの?って人も少なくないんじゃないかなぁ。

でも、そもそもこれは私みたいなオーディオやってる人向けの製品ですからね。
まぁ、この変化量に5万の価値を見出せない程度ならターゲットからは外れるでしょうし、
この路線で行くのは間違いじゃないと思いますよ。
開発側もまだまだ音質を改良したいとの意思を表明しているそうですから、
今後も頑張って欲しいですね。

2006年10月02日(月)  家電Watch
Impress Watch、白物家電専門のニュースサイト「家電Watch」創刊

これは面白い…いや、実は私、白物家電って結構好きなんです。
インプレスフィルターがかかっていることは考慮しないといけませんが、
それでも毎日見ているところで家電情報も得られるなら非常に便利。
今日の分だとこの日立の掃除機とか、かなり欲しいなぁ。
うちのももう買って5年くらいは経ってるだろうし…うーん、買っちゃっても良いかも?
あぁでも、先に炊飯器かなぁ…こっちも新しいの欲しいんですよ。
最近は圧力やら真空やら炭やら、かなり面白そうなの出てるじゃないですか。
私は正直あまり米の味はわからない人なんですが、炊き上がりの違いくらいはわかるので、
最新の炊飯器の炊き上がり具合、見てみたいんですよねぇ。
同時に自分の米研ぎが、どの程度まで行けるのかも見てみたいし…
うーん、悩むなぁ。

しかし、いつになっても物欲が絶えることがありませんねぇ、私は。

2006年10月01日(日)  ピンとボケと

Canon EOS 30D / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
ISO100, F5.6, 4/5sec, WB:4400K, CameraRaw 3.5

これは先週公開したもの。
ピンは大体ホークとグレイの中間に置き、絞り値は5.6
これで大体アイシャのからジャミルまでカバーでき、イラスト部分のピンは大体合ってます。
あくまで大体で、実際はアイシャとジャミルはボケ始めちゃってますけどね。
まぁそれはともかくとして、これならイラスト部分はok、しかし背景の箱がちとうるさい。
ロゴのカタカナ部分も読み取れるくらいで、ぼかしとしては中途半端な印象も。



Canon EOS 30D / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
ISO100, F2.8, 1/5sec, WB:4750K, CameraRaw 3.5

それに対し、こちらはピンをバーバラの顔の辺りに置き、絞り値2.8としたもの。
背景のロゴ部分を見れば、明らかにボケ量が違うのが見て取れます。
ここまでぼかせば背景の主張が弱まり、主題を浮き立たせることができる。
…ものの、これだと既にホークの位置でボケ始めており、アイシャなどボケボケ。
イラスト部分にこんなにムラがあるんじゃダメでしょうねぇ。



Canon EOS 30D / SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG
ISO100, F2.8, 1/5sec, WB:4750K, CameraRaw 3.5

そしてこちらはピン位置をもう少し手前にしようとして失敗したもの。
フォーカスリングはほんの0.5mm程度しか動かしていないのに、既に箱からピンが外れています。
ピントの合う範囲が極めて狭い、被写深度が浅いからこそ起こる現象ですね。
調整は本当に微妙で、リングは回すと言うより、
触れると言った方が正しいくらいの微調整を行います。
これがあるから可能な限りカメラには触れないようにする必要があり、
撮影時のピント確認のためにもリモート撮影は必須。
標準でそれができることはCanonの良いところでもありますね。

まぁリモート撮影のメリット云々はともかくとして、
この失敗写真から他にも読み取れることがあります。
それは背景のボケ具合。
同じF2.8でありながら、明らかにボケ具合が違う。
ピン位置は精々手前に3〜4cm動いた程度でこれだけ変わる。
見方を変えれば、背景をよりぼかしたいのであれば、
より遠ざけてやれば良いと言うことが良くわかる例とも言えるのではないでしょうか。
いやはや、知識としては知っていましたが、こうして実際に検証してみると面白い。
この構成でより背景を遠ざける…となれば、当然背景は小さくなる。
そうなれば同じ面積を埋めるためにはより多くの箱が必要になる。

…てなわけで、それがやりたいなら箱をもっと集めないといけないみたいですねぇ。
いやはや、一体何個箱を持てばいいのやら…

2005年10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 
2016年09月 

  検索キーワード  
top